本サイトは、アフェリエイト広告を利用しています

2023年シーズン シェブロン・チャンピオンシップのテレビ放送予定と試合結果 畑岡奈紗・渋野日向子ら日本人選手の活躍に期待!【LPGA米国女子ツアー】

シェブロン・チャンピオンシップ2023 ゴルフ

2023年4月20日(木)~4月23日(日)にかけてアメリカ・テキサス州ウッドランズにあるザ・クラブ・アット・カールトン・ウッズ(The Club at Carlton Woods)で開催される2023年シーズンの第7戦、メジャー・トーナメント「シェブロン・チャンピオンシップ(The Chevron Championship)」の大会概要、大会日程(スケジュール)、出場選手一覧、テレビ放送予定を紹介します。

日本勢では下記の8名が出場します。

【LPGAツアー】
・畑岡奈紗、古江彩佳、笹生優花、渋野日向子、勝みなみ、西村優菜

【JLPGAツアー】
・西郷真央(ロレックス・ランキング トップ40)

【アマチュア】
・馬場咲希(2022年全米女子アマ・チャンピオン)


※畑岡奈紗:2018年大会の初出場から6大会連続6回目の出場
※古江彩佳:2022年大会の初出場から2大会連続2回目の出場
※笹生優花:2021年大会の初出場から3大会連続3回目の出場
※渋野日向子:2020年大会の初出場から4大会連続4回目の出場
※勝みなみ:初出場
※西村優菜:初出場
※西郷真央:初出場
※馬場咲希(アマチュア):初出場

※笹生優花の国籍は、2022年シーズンから日本に登録が変更となりました。(LPGA公式サイトをもとにしています)

(2023.4.24)
・出場した全選手の最終結果(順位と獲得賞金)をPDFにて掲載しました。
・1位、2位、3位と日本人選手のSTATISTICSを掲載ました。
・リリア・ヴがLPGAツアー2勝目を飾りました。
・最終日の結果(トップ10と日本人選手およびリーダーボード)を掲載しました。

(2023.4.23)
・最終日の全選手と日本人選手を含む注目の組み合わせを掲載しました。
・決勝ラウンド3日目の結果を掲載しました。

(2023.4.22)
・3日目の全選手と日本人選手を含む注目の組み合わせを掲載しました。
・予選ラウンド2日目の結果を掲載しました。

(2023.4.21)
・2日目の全選手と日本人選手を含む注目の組み合わせを掲載しました。
・予選ラウンド1日目の結果を掲載しました。

(2023.4.19)
・1日目の全選手と日本人選手を含む注目の組み合わせを掲載しました。
・最終エントリーが確定した132名の出場選手をPDFにて掲載しました。
 
スポンサーリンク

シェブロン・チャンピオンシップ

1972年に第1回大会「Colgate Dinah Shore」としてスタート、1983年にメジャー・トーナメントに昇格し、52回目を迎える今大会から日程を男子のメジャー初戦となる「マスタ-ズ・トーナメント」の2週間後、場所をテキサス州にある「クラブ・アット・カールトン・ウッズ(The Club at Carlton Woods)」に移すなど、大幅な変更がなされながらも歴史と伝統、そして多くのファンに愛されるトーナメントとなっています。

【これまでの大会名称】
(1972-1981)
・Colgate Dinah Shore
(1982-1999)
・Nabisco Dinah Shore
(2000-2001)
・Nabisco Championship
(2002-2014)
・Kraft Nabisco Championship
(2015-2021)
・ANA Inspiration
(2022-2027)
・The Chevron Championship

※公式ホームページ参照

第1回大会を制したのは、アメリカのジェーン・ブラロック。メジャー・トーナメントに昇格した1983年大会を制したメジャー5勝を含むLPGAツアー29勝のエイミー・オルコットとメジャー6勝を含むLPGAツアー34勝のベッツィ・キング、そしてメジャー10勝を含むLPGAツアー72勝を誇り、2001年から2002年にかけて連覇を達成したスウェーデンのアニカ・ソレンスタムが最多3回の優勝を誇り、2021年には、タイの新星パティ・タヴァタナキットが完全優勝(ワイアー・トゥー・ワイアー)を達成してメジャー初優勝を飾っています。

ミッション・ヒルズ・カントリークラブ(Mission Hills Country Club)のダイナ・ショア・トーナメント・コース(Dinah Shore Tournament Course)での開催が最後となった前回大会を制したのは、ショットからパッティングまで4日間通じて全てに安定したプレーを見せ、恒例となった「Poppie’s Pond(コンクリートで造られた人工の池)」への最後にダイブした選手となった2019年「Augusta National Women’s Amateur」の初代チャンピオンでLPGAツアー初優勝をメジャ-制覇で飾ったジェニファー・クプチョ。

会場となるのは、トム・ファジオとジャック・ニクラスが設計し、初開催となる「クラブ・アット・カールトン・ウッズ(The Club at Carlton Woods)」になります。

【大会記録】
・LOWEST 18 HOLE:62(-10)
 リディア・コ(2021年)
(Mission Hills Country Club)
 ロレーナ・オチョア(2006年)
(Mission Hills Country Club)

・WINNING SCORE:269(-19)
 ドッティ・ペッパー(1999年)
(Mission Hills Country Club)

今大会の賞金総額は$5,100,000、優勝者にはCME POINTS:600ポイントが付与される132名のプレーヤーによって、予選・決勝ラウンドを含む4日間72ホールのストローク・プレーで行われます。

世界ランキング1位のリディア・コを始め、同2位ネリー・コルダや今季すでに1勝を挙げている同3位のコ・ジンヨンと言った実力者を含む世界ランキングトップ20の選手がすべて出場する強力なフィールドとなっています。

日本勢では、ともに最高順位が12位タイの畑岡奈紗と笹生優花および2年目のシーズンを迎える古江彩佳と前回大会で8位タイに入った渋野日向子、ツアールーキーの勝みなみと西村優菜、そして西郷真央とアマチュアの馬場咲希の8名が出場します。

※世界ランキングは2023年4月17日時点

戻る↑

スポンサーリンク

シェブロン・チャンピオンシップ 開催会場

【アメリカ・テキサス州ウッドランズ】
クラブ・アット・カールトン・ウッズ
(The Club at Carlton Woods)


コース Yardage Par
クラブ・アット・カールトン・ウッズ
(The Club at Carlton Woods)
6,824 72

 

アメリカ・テキサス州ヒューストン近郊の高級住宅街であるウッドランズの中に位置する「クラブ・アット・カールトン・ウッズ」は〈ジャック・ニクラス・コース〉と〈トム・ファジオ・コース〉と言う2つの有名な18ホールから成る、美しい森の地形を最大限に活用した高級プライベートクラブです

また、ゴルフ以外にもテニスコートやスイミングプール、フィットネスセンター、レストランと言った設備や森林や湖が点在する豊かで美しい自然に囲まれたロケーションも魅力の一つとなっています。

会場のあるヒューストンは、アメリカで最も人口が多く、活気ある都市の一つであり、アメリカの宇宙開発の歴史が学べ、宇宙船やロケット、そして宇宙飛行士の装備品などが展示されているスペースセンター・ヒューストンを始め、アメリカ南部最大のヒューストン美術館やヒューストン動物園、桜の満開も見られるメモリアル・パークや高層ビルが立ち並び、ビジネス街として知られるダウンタウンと言った多彩な観光スポットが楽しめます。

〈ジャック・ニクラス・コース〉
帝王ジャック・ニクラスが設計し、2001年にオープンした戦略に富んだデザインでありながら、自然と調和した美しい景観が特徴的なコースとなっています。

〈トム・ファジオ・コース〉
トム・ファジオによって設計されたコースは、広いフェアウェイと巧みに配置されたバンカーが特徴となっており、魅力の一つでもある美しい自然に囲まれたロケーションの中、プレイヤーには多彩なショット力が求められます。

また、上記の2つのコースは、PGAツアーの予選会場にもなっています。

〈ジャック・ニクラス・コース〉
左右のドッグレッグに加え、アンジュレーションのあるフェアウェイと大きなグリーン、59個の多様なデザインのバンカーと9ホールで池が絡むコースとなっています。ティーショットを含めた正確なショットとショートゲーム、パッティング、コースマネジメントと言ったすべての能力で高いクオリティが求められます。

【特徴のあるホール】
・3番Par3:池の絡む打ち下ろしのホール。
・5番Par4:左サイドに池が続くフェアウェイの狭いホール。
・10番Par4:ティーショットがカギとなる右の林と左サイドの池。
・15番Par4:フェアウェイを横切るクリーク。
・18番Par5:左サイドの大きな池が絡むフィニッシングホール。

【芝の種類】
・フェアウェイ:419バミューダ
・ラフ:419バミューダ
・グリーン:ティフイーグル・バミューダ
※2023年 HOLE LOCATIONS
 

シェブロン・チャンピオンシップ スケジュール

2023年4月20日(木)~4月23日(日)

4月20日(木) 大会1日目(予選ラウンド)
4月21日(金) 大会2日目(予選ラウンド)
4月22日(土) 大会3日目(決勝ラウンド)
4月23日(日) 大会最終日(決勝ラウンド)

戻る↑

シェブロン・チャンピオンシップ 賞金

【賞金総額】

 $5,100,000

【優勝賞金 】

 $765,000

※全選手の獲得賞金は大会終了後に下記PDF(出場した全選手のリザルトと獲得賞金)に掲載します。

戻る↑

歴代優勝者

シェブロン・チャンピオンシップの過去10大会の優勝者を紹介します。

最多優勝回数は、スウェーデンのアニカ・ソレンスタムで3回となります。

前回大会を制したのは、アメリカのジェニファー・クプチョでした。

優勝者
2022 ジェニファー・クプチョ
2021 パティ・タヴァタナキット
2020 イ・ミリム
2019 コ・ジンヨン
2018 ペルニラ・リンドベリ
2017 ユ・ソヨン
2016 リディア・コ
2015 ブリタニー・リンシコム
2014 レクシー・トンプソン
2013 パク・インビ

戻る↑

出場選手一覧

最終エントリーが確定した132名の出場選手は、PDFをご覧ください。


注目選手

※選手情報及び世界ランキングは2023年4月17日時点

リディア・コ(Lydia Ko)
世界ランキング 1位
国籍:ニュージーランド
生年月日:1997年4月24日(25歳)
身長:165.1cm
体重:非公開

① LPGA米国女子ツアー:19勝

② メジャー・トーナメント:2勝
 ・シェブロン選手権:1勝
 ・全米女子オ-プン:0勝
 ・全米女子プロゴルフ選手権:0勝
 ・エビアン・チャンピオンシップ:1勝
 ・全英女子オープン:0勝

③ LPGA米国女子ツアー賞金女王:2回(2015,2022)

2012年に全米と全豪の女子アマチュアの2冠を達成、2012年から2013年にかけてLPGA米国女子ツアー主催の6つのメジャー・トーナメントでローアマチュアを獲得、更に史上最年少15歳4か月2日で2012年LPGAツアー「CNカナディアン女子オープン」優勝と4つのプロ・トーナメントを制するなど、アマチュア時代から活躍し、2013年10月にプロに転向すると世界最高峰の舞台であるLPGAツアーに戦いの場を移し、11年目のシーズンを迎えます。

ツアー・ルーキーとして臨んだ2014年シーズンには「CME Group Tour Championship」の優勝を含む3勝をマーク、史上最年少での獲得賞金200万ドル超えとともに「Lousie Suggs Rolex Rookie of the Year」を受賞しました。

その後、2015年には史上最年少17歳で世界ランキング1位を獲得、更に史上最年少18歳でメジャー・トーナメント「エビアン・チャンピオンシップ」で優勝を飾るなどシーズン5勝を飾り、賞金女王と「Rolex Player of the Year」を受賞しました。

2016年にもメジャー・トーナメント「ANAインスピレーション」を含むシーズン4勝を飾り、2014年シーズンから2016年シーズンにかけて獲得賞金が3年連続200万ドル超え、2021年には「Founders Award」と「Vare Trophy」を受賞するなど、2022年シーズン3月27日時点でメジャー・トーナメント2勝を含むLPGAツアー通算17勝、オリンピック2大会連続メダリスト(2016年リオ・オリンピックで銀メダル、2020年東京オリンピックでは銅メダル)と数々のタイトルと記録を樹立し、長きにわたり世界のトップで活躍しています。

平均飛距離はツアーの中でも高くはないものの、高低左右と多彩に打ち分けるショット力とショートゲームはクオリティが高く、マネジメント能力とメンタルも強いのであらゆる状況に対応可能なプレーヤーと言って良いでしょう。

2022年シーズンは、平均飛距離90位(255.34y)フェアウェイキープ率140位(66.44%)パーオン率26位(72.88%)に対して、Sand Saves 1位(66.25%)Putts per GIR 1位(1.72)平均パット2位(28.61)とショートゲームとパッティングが素晴しく、1ラウンドあたりの平均スコア1位(68.99)と高いスコアリング・アベレージを誇り、優勝3回を含むトップ10入り14回、賞金ランキング1位($4,364,403)CMEポイントランキング1位(3,572)世界ランキングも1位で終えています。

2023年シーズンは、3試合に出場し、トップ10入り1回と上々の滑り出しを切っています。

11大会連続11回目の出場となる今大会での最高位は2016年大会での優勝であり、その後も2020年大会で6位、2021年大会で2位とコンスタントに良い成績を残しています。新しいコースで2度目の大会制覇なるか注目されます。

ネリー・コルダ(Nelly Korda)
世界ランキング 2位
国籍:アメリカ
生年月日:1998年7月28日(24歳)
身長:177.8cm
体重:非公開

① LPGA米国女子ツアー:8勝

② メジャー・トーナメント:1勝
 ・シェブロン選手権:0勝
 ・全米女子オ-プン:0勝
 ・全米女子プロゴルフ選手権:1勝
 ・エビアン・チャンピオンシップ:0勝
 ・全英女子オープン:0勝

③ LPGA米国女子ツアー賞金女王:0回

2013年に15歳で全米女子オープンに出場、17歳となった2015年には、ハーダー・ホール・ウィメンズ・インビテーショナルを受賞するなど、アマチュア時代から活躍し、プロに転向した2016年からLPGAツアーの下部ツアーに当たるSymetra Tourに参戦、2017年シーズンから世界最高峰の舞台であるLPGAツアーに戦いの場を移し、LPGAツアーで7年目のシーズンを迎えます。

LPGAツアー2年目となる2018年シーズンの「Taiwan Swinging Skirts LPGA presented by CTBC」でツアー初優勝を飾ると、2019年シーズンには「ISPS Handa Women’s Australian Open」と連覇を果たした「Taiwan Swinging Skirts LPGA presented by CTBC」を含む年間2勝をあげ、ソルハイムカップのアメリカ代表にも選ばれました。

その後、2021年シーズンには、6月に行われたメジャー・トーナメント「全米女子プロゴルフ選手権」でメジャー初タイトルを獲得、8月に行われた「東京オリンピック」でもゴールド・メダリストに輝くなど、LPGAツアーで年間4勝をあげ、世界ランキング1位に上り詰めました。

長身を活かしたスウィングから放たれる飛距離とアイアンショットの精度は、ツアー屈指の実力を誇ります。課題とされるアプローチとパッティングも改善されつつあり、全体的にレベルの高いゴルフとなっています。

2022年シーズンは、治療によるツアー離脱を余儀なくされる中、平均パット(30.02)とパッティングに苦労したものの、平均飛距離10位(272.28y)パーオン率9位(75.44%)と抜群のショット力を活かしたプレーで1ラウンドあたりの平均スコア6位(69.66)と高いスコアリング・アベレージを誇り、少ない試合数ながら優勝1回を含むトップ10入り8回、賞金ランキング12位($1,418,725)CMEポイントランキングは16位(1,687)世界ランキングは2位で終えています。

2023年シーズンは、5試合に出場し、2位1回を含むトップ10入り4回と上々の滑り出しを切っています。

2大会ぶり8回目の出場となる今大会での最高位は2020年大会での2位タイとなっています。優勝こそ無いものの、直近の2大会では2位タイと3位タイに入る活躍を見せています。コースが変わった中で優勝争いを演じられるか注目されます。

コ・ジンヨン(Jin Young Ko)
世界ランキング 3位
国籍:韓国
生年月日:1995年7月7日(27歳)
身長:非公開
体重:非公開

① LPGA米国女子ツアー:14勝

② メジャー・トーナメント:2勝
 ・シェブロン選手権:1勝
 ・全米女子オ-プン:0勝
 ・全米女子プロゴルフ選手権:0勝
 ・エビアン・チャンピオンシップ:1勝
 ・全英女子オープン:0勝

③ LPGA米国女子ツアー賞金女王:1回(2019)

LPGA韓国ツアーで通算10勝、2015年には「全英女子オープン」で2位に入る活躍を見せ、非会員ながら2017年「LPGA KEB Hana Bank Championship」でLPGAツアー初勝利を飾り、これを機に、2018年シーズンから世界最高峰の舞台であるLPGAツアーに参戦、6年目のシーズンを迎えます。

ツアー・ルーキーとして臨んだ2018年シーズンのデビュー戦「ISPS Handa Women’s Aus Open」でいきなり優勝を飾ると、25試合で優勝1回を含むトップ10入り13回、トップ25入り18回、予選落ち僅かに1回と抜群の成績を記録し「Lousie Suggs Rolex Rookie of the Year」を受賞しました。

その後も「Rolex Player of the Year」2回(2019、2021)賞金女王2回(2019-2020)「Rolex ANNIKA Major Award」と「Vare Trophy」を1回ずつ受賞するなど、2022年シーズン3月27日時点でメジャー・トーナメント2勝(2019年)を含むLPGAツアー通算13勝という抜群の成績を残し、一気に世界のトップへと駆け上がりました。

あらゆる状況の変化にも柔軟に対応可能なショットのクオリティの高さとコース・マネジメント能力、冷静な判断が可能な強いメンタルを持っていて、総合的に高いレベルのプレーヤーと言えるでしょう。

2022年シーズンは、中盤から終盤にかけて負傷の影響を受けたことにより、平均飛距離125位(249.28y)フェアウェイキープ率25位(79.71%)パーオン率40位(71.52%)平均パット47位(29.78)1ラウンドあたりの平均スコア32位(70.67)と数値的には物足りなさが残り、16試合に出場し、優勝1回を含むトップ10入り5回、予選落ち3回、賞金ランキング17位($1,260,471)CMEポイントランキングは19位(1,477)世界ランキングは5位で終えています。

2023年シーズンは、4試合に出場し、優勝1回を含むトップ10入り3回と最高のスタートを切っています。

3大会連続7回目の出場となる今大会での最高位は2019年大会での優勝ではありますが、50位以下が3回、予選落ち1回と決して相性の良い大会とは言えません。コースが変わった中で優勝争いを演じられるか注目されます。

アタヤ・ティティクル(Atthaya Thitikul)
世界ランキング 5位
国籍:タイ
生年月日:2003年2月20日(20歳)
身長:非公開
体重:非公開

① LPGA米国女子ツアー:2勝

② メジャー・トーナメント:0勝
 ・シェブロン選手権:0勝
 ・全米女子オ-プン:0勝
 ・全米女子プロゴルフ選手権:0勝
 ・エビアン・チャンピオンシップ:0勝
 ・全英女子オープン:0勝

③ LPGA米国女子ツアー賞金女王:0回

2017年7月にタイで行われたLET(レディース・ヨーロピアン・ツアー)「欧州女子タイ選手権」をアマチュアとして史上最年少の14歳4か月19日で制し、アマチュア時代のリディア・コが保持していた最年少記録を更新、世界アマチュア・ランキング1位を獲得し、若くして才能を開花させると「世界ジュニア女子選手権」で連覇達成(2018-2019)、2018年に初開催となった「アジア・パシフィック女子アマチュア選手権」で優勝。更に2018年に行われた「ANAインスピレーション」と「全英リコー女子オープン」でローアマチュアに輝くなど、アマチュア時代から脚光を浴びています。

2020年にプロ転向、同年のタイLPGAツアーで5勝を飾り、賞金女王を獲得すると、2021年にはLET(レディース・ヨーロピアン・ツアー)で2勝を飾り、「Race to Costa Del Sol」を獲得、「Rookie of the Year」と「Player of the Year」を受賞しました。

また、非会員で出場した2021年5月に行われたLPGAツアー「Honda LPGA Thailand」では、終盤まで優勝争いを演じ2位、メジャー・トーナメント「The Amundi Evian Championship」では5位、「ISPS Handa World Invitational」では4位、翌週の「Trust Golf Women’s Scottish Open」では2位タイと素晴らしい成績を残しています。

LPGA最終予選会(Qシリーズ)を3位で通過し、2022年シーズンから世界最高峰の舞台であるLPGAツアーに参戦、2年目のシーズンを迎えます。

ツアー・ルーキーとして臨んだ2022年シーズンには、5戦目の「JTBC Classic presented by Barbasol」でいきなり優勝を飾ると「Walmart NW Arkansas Championship presented by P&G」でツアー2勝目、優勝2回を含むトップ10入り17回と抜群の成績を残し「Lousie Suggs Rolex Rookie of the Year」を受賞しました。

体格は決して大きくないが、キャリーで平均飛距離270.0yを超えるショットを武器にパーオン率も高く、パッテイングの出来次第で上位で戦えると言った状況を常に作ることができるプレーヤーです。

2022年シーズンは、平均飛距離18位(269.01y)フェアウェイキープ率80位(73.89%)パーオン率10位(74.94%)Putts per GIR 17位(1.77)平均パット32位(29.61)と安定感抜群のプレーで1ラウンドあたりの平均スコア3位(69.46)と高いスコアリング・アベレージを誇り、優勝2回を含むトップ10入り17回、賞金ランキング5位($2,193,642)CMEポイントランキングは2位(2,760)世界ランキングは3位で終えています。

2023年シーズンは、4試合に出場し、3位1回を含むトップ10入り2回と好スタートを切っています。

2大会連続3回目の出場となる今大会での最高位は前回大会の17位タイとなっています。メジャー初制覇が期待される注目の選手となります。

畑岡 奈紗(Nasa Hataoka)
世界ランキング 13位
国籍:日本
生年月日:1999年1月13日(24歳)
身長:157.5cm
体重:非公開

① LPGA米国女子ツアー:6勝

② メジャー・トーナメント:0勝
 ・シェブロン選手権:0勝
 ・全米女子オ-プン:0勝
 ・全米女子プロゴルフ選手権:0勝
 ・エビアン・チャンピオンシップ:0勝
 ・全英女子オープン:0勝

③ LPGA米国女子ツアー賞金女王:0回

2015年と2016年のIMGアカデミー・世界ジュニア選手権で日本人初の2連覇を達成し、2016年の日本女子オープンで優勝、JLPGAのメジャー選手権で史上初のアマチュアで最年少18歳のチャンピオンに輝くなど、アマチュア時代から活躍し、2017年シーズンから世界最高峰の舞台であるLPGAツアーに参戦、7年目のシーズンを迎えます。

LPGAツアー2年目となる2018年シーズンの「Walmart NW Arkansas Championship presented by P&G」でトーナメント・レコードの通算21アンダーでツアー初優勝を飾ると、年間2勝をあげる活躍を見せ、獲得賞金も100万ドルを超えました。

その後、2019年シーズンには、「Kia Classic」でツアー3勝目、2021年シーズンも2勝を飾り、LPGAツアー通算5勝をあげるものの、2018年の「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」と2021年の「全米女子オープン」でともにプレーオフで敗れるなど、メジャータイトルには、惜しくも手が届いていません。

ショットの前に小刻みにジャンプする独特のルーティンを持ち、ショートゲームとパッティングのクオリティの高さが持ち味です。一方でショットには課題が残っています。

2022年シーズンは、平均飛距離33位(265.24y)パーオン率28位(72.63%)平均パット12位(29.27)とショット・パッティング共にまずまずの数値を記録、1ラウンドあたりの平均スコア14位(69.94)の優勝1回を含むトップ10入り7回、賞金ランキング13位($1,402,138)CMEポイントランキングは13位(1,787)世界ランキング10位でシーズンを終えています。

2023年シーズンは、5試合に出場し、トップ10入り2回と上々の滑り出しを切っています。

6大会連続6回目の出場となる今大会での最高位は2020年大会の7位タイであるものの、大会との相性が良いとは言えません。コースが変わったことでメジャー初優勝なるか注目されます。

古江 彩佳(Ayaka Furue)
世界ランキング 19位
国籍:日本
生年月日:2000年5月27日(22歳)
身長:非公開
体重:非公開

① LPGA米国女子ツアー:1勝

② メジャー・トーナメント:0勝
 ・シェブロン選手権:0勝
 ・全米女子オ-プン:0勝
 ・全米女子プロゴルフ選手権:0勝
 ・エビアン・チャンピオンシップ:0勝
 ・全英女子オープン:0勝

③ LPGA米国女子ツアー賞金女王:0回

ナショナル・チームで腕を磨き、2019年の富士通レディースで優勝、JLPGAツアー史上7人目のアマチュア・チャンピオンに輝くなど、アマチュア時代から活躍し、プロ転向後も2019年1回、2020年3回、2021年3回とJLPGAツアーで7勝を挙げ、統合された2020-2021シーズンには「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」に輝く活躍を見せ、2022年シーズンから世界最高峰の舞台であるLPGAツアーに参戦し、2年目のシーズンを迎えます。

初出場となった2020年シーズンの「全米女子オープン」では予選落ちを喫したが、2021年シーズンに行われた2つのメジャー・トーナメント「AIG全英女子オープン」と「アムンディ・エビアンチャンピオンシップ」では、それぞれ20位タイとキャリア最高の4位に入っています。

その後、ルーキー・イヤーとなった2022年シーズンにLPGAツアー1勝を飾る活躍を見せています。

フェアウェイを外さない正確なティーショットと安定感のあるショートアイアン、そして最大の持ち味は、パッティングのクオリティの高さと言えるでしょう。

2022年シーズンは、平均飛距離129位(248.65y)フェアウェイキープ率8位(84.04%)パーオン率34位(72.40%)Putts per GIRが26位(1.78)Putting Averageが29位(29.57)と持ち味を活かした数値でSCORING AVERAGEは21位(70.34)を記録、優勝1回を含むトップ10入り4回、賞金ランキングは29位($957,831)CMEポイントランキングは17位(1,568)でした。

2023年シーズンは、6試合に出場し、3位2回を含むトップ10入り2回と調子を上げています。

2大会連続2回目の出場となる今大会での最高位は前回大会の44位タイとなっています。メジャー初優勝に期待が懸ります。

笹生 優花(Yuka Saso)
世界ランキング 31位
国籍:日本
生年月日:2001年6月20日(21歳)
身長:166.0cm
体重:非公開

① LPGA米国女子ツアー:1勝

② メジャー・トーナメント:1勝
 ・シェブロン選手権:0勝
 ・全米女子オ-プン:1勝
 ・全米女子プロゴルフ選手権:0勝
 ・エビアン・チャンピオンシップ:0勝
 ・全英女子オープン:0勝

③ LPGA米国女子ツアー賞金女王:0回

2018年のアジアン・ゲームズ(アジア大会)にフィリピン代表の一員として出場し、ゴールド・メダルを獲得。翌年の2019年には、オーガスタ・ナショナル女子アマチュア・ゴルフ選手権で3位タイに入り、ガールズ・ジュニアPGAチャンピオンシップでは優勝を飾るなど、アマチュア時代から活躍し、プロ転向後の2020年には、JLPGAツアーで2勝を挙げる活躍を見せています。

その後、キム・アリム(2020年 全米女子オープン)、ソフィア・ポポフ(2020年 AIG全英女子オープン)、渋野日向子(2019年 AIG全英女子オープン)に続き、3年ぶりに非会員として、2021年の「全米女子オープン」でメジャー・トーナメント優勝という快挙を達成、LPGAツアー初勝利を飾り、これを機に、2021年シーズン途中から世界最高峰の舞台であるLPGAツアーに参戦、3年目のシーズンを迎えます。

LPGAツアーに本格参戦してからは、4回のトップ10フィニッシュを飾るなど、安定した成績を残しています。

身長は決して大きくないが、平均飛距離270ヤードを超える力強いティーショットと深いラフからでも方向性を出せる正確なアイアンショット、ショートゲームの多彩さなど高いレベルのゴルフを見せています。

2022年シーズンは、平均飛距離3位(275.61y)ながら、フェアウェイキープ率132位(67.80%)パーオン率86位(68.58%)平均パット13位(29.28)とショットに苦労し、SCORING AVERAGEも34位(70.73)優勝はなく、トップ10入り4回、賞金ランキングは36位($773,294)CMEポイントランキングは28位(1,182)でした。

2023年シーズンは、5試合に出場し、トップ10入り2回と上々の滑り出しを切っています。

3大会連続3回目の出場となる今大会は、2022大会での17位タイが最高位となります。メジャー2勝目なるか注目されます。

渋野 日向子(Hinako Shibuno)
世界ランキング 39位
国籍:日本
生年月日:1998年11月15日(24歳)
身長:167.0cm
体重:62.0kg

① LPGA米国女子ツアー:1勝

② メジャー・トーナメント:1勝
 ・シェブロン選手権:0勝
 ・全米女子オ-プン:0勝
 ・全米女子プロゴルフ選手権:0勝
 ・エビアン・チャンピオンシップ:0勝
 ・全英女子オープン:1勝

③ LPGA米国女子ツアー賞金女王:0回

2018年にプロ転向、翌年(2019年)には、LPGA日本ツアーで「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」に輝き、2021年シーズンを終えてLPGA日本ツアーで6勝を挙げる活躍を見せ、2022年シーズンから世界最高峰の舞台であるLPGAツアーに参戦し、2年目のシーズンを迎えます。

ハイライトとなったのは、2019年の「AIG Women’s British Open」で海外メジャー・トーナメント初優勝。これは1977年の「KPMG Women’s PGA Championship」で優勝した樋口久子に次いで日本人2人目の快挙であり、2014年の「Amundi Evian Championship」で優勝したキム・ヒョージュに次いで、この10年でメジャー・デビューで優勝した2人目のプレーヤーです。

直後にLPGAツアーメンバーには加わらず、その後はスポット参戦を繰り返しながら、2021年12月に行われたLPGA最終予選会(Qシリーズ)を20位で通過し、2022年シーズンのLPGAツアー・メンバーシップを獲得しました。

ルーキー・イヤーとなった2022年シーズンは、2位1回と3位1回を含むトップ10入り5回がありながらも予選落ちが9回と苦労したシーズンでもありました。

トップの位置が低いコンパクトなテイクバックから安定感のあるショットと強気なパッティングが持ち味と言えるでしょう。

2022年シーズンは、平均飛距離76位(257.65y)フェアウェイキープ率41位(77.26%)パーオン率71位(69.37%)Putts per GIRが88位(1.82)Putting Averageが77位(30.00)と数値は低く、SCORING AVERAGEも72位(71.37)のトップ10入り5回、賞金ランキングは27位($1,011,830)CMEポイントランキングは36位(998)でした。

2023年シーズンは、5試合に出場し、トップ10入り1回という成績を残しています。

4
大会連続4回目の出場となる今大会での最高位は前回大会での4位タイとなります。メジャー2勝目なるか注目されます。


最新の世界ランキングはこちらをご覧ください!

シェブロン・チャンピオンシップのテレビ放送

【BS放送】WOWOWが全ラウンド生中継放送!!
【動画配信】WOWOWオンデマンドで全ラウンドLIVE配信!!

【BS放送】WOWOW 

全ラウンド生中継!!  ※日本時間

WOWOWプライム:191ch
WOWOWライブ:192ch
:生中継

4月21日() 第1日

 00:00~04:15(前半)無料放送
 07:00~09:15(後半)無料放送
 WOWOWライブ  

4月22日(土) 第2日

 00:00~04:15(前半)無料放送
 07:00~09:15(後半)無料放送
 WOWOWライブ  

4月23日(日) 第3日

 04:00~07:30
 WOWOWライブ 

4月24日(月) 第4日 (最終日)

 03:00~08:00
 WOWOWライブ  

 

【動画配信】WOWOWオンデマンド 

WOWOWオンデマンド:ライブ配信

・4月21日(金) 00:00~ 同時配信(前半)
・4月21日(金) 07:00~ 同時配信(後半)
・4月20日(木) 22:05~ 専用カメラ(日本選手8名)

・4月22日(土) 00:00~ 同時配信(前半)
・4月22日(土) 07:00~ 同時配信(後半)
・4月22日(土) 21:55~ 専用カメラ(日本選手8名)

・4月23日(日) 04:00~ 同時配信
・4月23日(日) 01:00~ 専用カメラ(西郷真央を除く日本選手4名)

・4月24日(月) 03:00~ 同時配信
・4月24日(月) 00:05~ 専用カメラ(古江彩佳、畑岡奈紗、渋野日向子)

※日本人選手の専用カメラによる配信、見逃し配信についてはWOWOW公式サイトをご覧ください。

戻る↑

シェブロン・チャンピオンシップ 組み合わせ(全選手)

最終日スタート(1Way)
現地時間
4月23日(日)

日本時間
4月23日(日)
4月24日(月)
組み合わせ
TEE #1
7:00 21:00 S.シュメルツェル
L.スティーブンソン
7:10 21:10 ミンジー・リー
西村 優奈
7:20 21:20 B.アルトマーレ
ヤン・ジン
7:30 21:30 C.トーマス
ユ・ヘラン
7:40 21:40 西郷 真央
チェン・ペイユン
7:50 21:50 ウェイリン・スー
S.キリアコウ
8:00 22:00 古江 彩佳
And.リー
8:10 22:10 Luc.リー
アン・ナリン
8:20 22:20 畑岡 奈紗
E.ガリツキー(アマ)
8:30 22:30 G.ドライバーグ
キム・セヨン
8:40 22:40 K.デイビッドソン
D.ウェーバー
8:50 22:50 D.カン
J.コルダ
9:00 23:00 P.アナナルカルン
J.E.シャドフ
9:10 23:10 チェラ・チョイ
D.フォール
9:20 23:20 M.カストレン
L.ストロム
9:30 23:30 P.ヨクトゥアン
R.オトゥール
9:40 23:40 P.タヴァタナキット
A.ドハーティ
9:50 23:50 A.エイブリー(アマ)
N.K.マドセン
10:00 0:00 G.ロペス
G.ホール
10:10 0:10 L.マグワイア
渋野 日向子
10:20 0:20 L.ウィーバー
B.ヘンダーソン
10:30 0:30 M.スターク
B.リンシコム
10:40 0:40 イン・ルオニン
M.シェリク
10:50 0:50 M.アレックス
C.ナイト
11:00 1:00 コ・ジンヨン
A.ジュタヌガーン
11:10 1:10 C.ブティエ
チョン・インジ
11:20 1:20 リン・シユ
A.ユーイング
11:30 1:30 C.シガンダ
ジ・ウンヒ
11:40 1:40 A.ブハイ
L.ヴ
11:50 1:50 キム・アリム
A.ティティクル
12:00 2:00 キム・ヒョージュ
N.コルダ
12:10 2:10 M.カン
チェ・ヘジン
12:20 2:20 エイミー・ヤン
A.ヴァレンズエラ
12:30 2:30 A.コープス
A.イン
3日目スタート(2Way)
現地時間
4月22日(土)

日本時間
4月22日(土)
4月23日(日)
組み合わせ
TEE #1
9:55 23:55 A.エイブリー(アマ)
A.ジュタヌガーン
C.シガンダ
10:06 0:06 エイミー・ヤン
And.リー
L.ストロム
10:17 0:17 西郷 真央
D.カン
J.コルダ
10:28 0:28 M.アレックス
チェラ・チョイ
チェン・ペイユン
10:39 0:39 チェ・ヘジン
A.ティティクル
ジ・ウンヒ
10:50 0:50 D.ウェーバー
G.ドライバーグ
L.ウィーバー
11:01 1:01 C.ナイト
A.ユーイング
キム・ヒョージュ
11:12 1:12 C.ブティエ
N.K.マドセン
リン・シユ
11:23 1:23 A.コープス
A.ヴァレンズエラ
A.イン
11:34 1:34 B.ヘンダーソン
P.タヴァタナキット
N.コルダ
11:45 1:45 キム・アリム
M.カン
L.ヴ

 

TEE #10
9:55 23:55 畑岡 奈紗
K.デイビッドソン
キム・セヨン
10:06 0:06 G.ロペス
P.ヨクトゥアン
Luc.リー
10:17 0:17 M.スターク
R.オトゥール
アン・ナリン
10:28 0:28 コ・ジンヨン
B.アルトマーレ
M.カストレン
10:39 0:39 G.ホール
B.リンシコム
古江 彩佳
10:50 0:50 チョン・インジ
P.アナナルカルン
西村 優奈
11:01 1:01 J.E.シャドフ
イン・ルオニン
渋野 日向子
11:12 1:12 ユ・ヘラン
M.シェリク
A.ブハイ
11:23 1:23 S.キリアコウ
L.マグワイア
A.ドハーティ
11:34 1:34 C.トーマス
S.シュメルツェル
D.フォール
11:45 1:45 L.スティーブンソン
E.ガリツキー(アマ)
ヤン・ジン
11:56 1:56 ウェイリン・スー
ミンジー・リー
 
2日目スタート(2Way)
現地時間
4月21日(金)

日本時間
4月21日(金)
4月22日(土)
組み合わせ
TEE #1
7:15 21:15 G.ゼン
ウェイリン・スー
E.ヘンセライト
7:26 21:26 E.K.ペダーセン
C.ナイト
L.コフリン
7:37 21:37 M.シェリク
E.ゾコル
S.ケンプ
7:48 21:48 キム・セヨン
G.ドライバーグ
古江 彩佳
7:59 21:59 L.ヴ
ユ・ソヨン
畑岡 奈紗
8:10 22:10 J.クプチョ
P.タヴァタナキット
コ・ジンヨン
8:21 22:21 N.コルダ
ミンジー・リー
チョン・インジ
8:32 22:32 Luc.リー
J.ベイカー(アマ)
M.ファッシ
8:43 22:43 リウ・ユ
P.マック
W.ミーチャイ
8:54 22:54 K.デイビッドソン
C.イングリス
M.ジュタヌガーン
9:05 23:05 I.フィエロ
C.ボーエ
チェラ・チョイ
12:15 2:15 L.ハートレッジ
A.クラウター
L.スティーブンソン
12:26 2:26 Gin.キム
ユ・ヘラン
N.ウォンタウィラップ
12:37 2:37 D.ダルケア
J.E.シャドフ
V.ロッシ(アマ)
12:48 2:48 L.サラス
Gra.キム
C.ブティエ
12:59 2:59 D.カン
G.ホール
イン・ルオニン
13:10 3:10 J.コルダ
B.ヘンダーソン
A.ティティクル
13:21 3:21 L.トンプソン
リディア・コ
C.ハル
13:32 3:32 馬場 咲希(アマ)
B.アルトマーレ
P.R.ブシャール
13:43 3:43 チェン・ペイユン
R.オトゥール
A.イン
13:54 3:54 ファン・ティンシュアン(アマ)
イン・シャオウェン
F.キンハルト
14:05 4:05 P.デラクール
西村 優奈
A.パーク

 

TEE #10
7:15 21:15 M.カストレン
P.バブニック
S.キリアコウ
7:26 21:26 P.リンドベリ
B.ターディ
イ・ジョンウン6
7:37 21:37 勝 みなみ
S.シューベルト
P.アナナルカルン
7:48 21:48 チェ・ヘジン
A.ブハイ
エイミー・ヤン
7:59 21:59 M.スターク
And.リー
A.スタンフォード
8:10 22:10 ジ・ウンヒ
渋野 日向子
アン・ナリン
8:21 22:21 L.マグワイア
P.レト
キム・ヒョージュ
8:32 22:32 J.ソング
L.ストロム
J.スワンナプラ
8:43 22:43 パク・ソンヒョン
P.パットラム
M.リード
8:54 22:54 A.ユボル
Ali.リー
A.エイブリー(アマ)
9:05 23:05 A.ドハーティ
D.フォール
Z.A.カンポス(アマ)
12:15 2:15 M.A.ルブラン
L.ウィーバー
キム・アリム
12:26 2:26 Y.ノー
E.ガリツキー(アマ)
K.タン
12:37 2:37 ジェニー・シン
D.ウェーバー
M.ハリガエ
12:48 2:48 M.サグストロム
H.グリーン
A.ユーイング
12:59 2:59 リン・シユ
M.カン
A.コープス
13:10 3:10 笹生 優花
N.K.マドセン
M.アレックス
13:21 3:21 A.ジュタヌガーン
S.ルイス
G.ロペス
13:32 3:32 S.シュメルツェル
B.リンシコム
ヤン・ジン
13:43 3:43 西郷 真央
イ・ミヒャン
S.メドウ
13:54 3:54 Chr.キム
C.トーマス
C.シガンダ
14:05 4:05 E.タリー
A.ヴァレンズエラ
P.ヨクトゥアン
1日目スタート(2Way)
現地時間
4月20日(木)

日本時間
4月20日(木)
4月21日(金)
組み合わせ
TEE #1
7:15 21:15 M.A.ルブラン
L.ウィーバー
キム・アリム
7:26 21:26 Y.ノー
E.ガリツキー(アマ)
K.タン
7:37 21:37 ジェニー・シン
D.ウェーバー
M.ハリガエ
7:48 21:48 M.サグストロム
H.グリーン
A.ユーイング
7:59 21:59 リン・シユ
M.カン
A.コープス
8:10 22:10 笹生 優花
N.K.マドセン
M.アレックス
8:21 22:21 A.ジュタヌガーン
S.ルイス
G.ロペス
8:32 22:32 S.シュメルツェル
B.リンシコム
ヤン・ジン
8:43 22:43 西郷 真央
イ・ミヒャン
S.メドウ
8:54 22:54 Chr.キム
C.トーマス
C.シガンダ
9:05 23:05 E.タリー
A.ヴァレンズエラ
P.ヨクトゥアン
12:15 2:15 M.カストレン
P.バブニック
S.キリアコウ
12:26 2:26 P.リンドベリ
B.ターディ
イ・ジョンウン6
12:37 2:37 勝 みなみ
S.シューベルト
P.アナナルカルン
12:48 2:48 チェ・ヘジン
A.ブハイ
エイミー・ヤン
12:59 2:59 M.スターク
And.リー
A.スタンフォード
13:10 3:10 ジ・ウンヒ
渋野 日向子
アン・ナリン
13:21 3:21 L.マグワイア
P.レト
キム・ヒョージュ
13:32 3:32 J.ソング
L.ストローム
J.スワンナプラ
13:43 3:43 パク・ソンヒョン
P.パットラム
M.リード
13:54 3:54 A.ユボル
Ali.リー
A.エイブリー(アマ)
14:05 4:05 A.ドハーティ
D.フォール
Z.A.カンポス(アマ)

 

TEE #10
7:15 21:15 L.ハートレッジ
A.クラウター
L.スティーブンソン
7:26 21:26 Gin.キム
ユ・ヘラン
N.ウォンタウィラップ
7:37 21:37 D.ダルケア
J.E.シャドフ
V.ロッシ(アマ)
7:48 21:48 L.サラス
Gra.キム
C.ブティエ
7:59 21:59 D.カン
G.ホール
イン・ルオニン
8:10 22:10 J.コルダ
B.M.ヘンダーソン
A.ティティクル
8:21 22:21 L.トンプソン
リディア・コ
C.ハル
8:32 22:32 馬場 咲希(アマ)
B.アルトマーレ
P.R.ブシャール
8:43 22:43 チェン・ペイユン
R.オトゥール
A.イン
8:54 22:54 ファン・ティンシュアン(アマ)
イン・シャオウェン
F.キンハルト
9:05 23:05 P.デラクール
西村 優奈
A.パーク
12:15 2:15 G.ゼン
ウェイリン・スー
E.ヘンセライト
12:26 2:26 E.K.ペダーセン
C.ナイト
L.コフリン
12:37 2:37 M.シェリク
E.ゾコル
S.ケンプ
12:48 2:48 キム・セヨン
G.ドライバーグ
古江 彩佳
12:59 2:59 L.ヴ
ユ・ソヨン
畑岡 奈紗
13:10 3:10 J.クプチョ
P.タヴァタナキット
コ・ジンヨン
13:21 3:21 N.コルダ
ミンジー・リー
チョン・インジ
13:32 3:32 Luc.リー
J.ベイカー(アマ)
M.ファッシ
13:43 3:43 リウ・ユ
P.マック
W.ミーチャイ
13:54 3:54 K.デイビッドソン
C.イングリス
M.ジュタヌガーン
14:05 4:05 I.フィエロ
C.ボーエ
チェラ・チョイ

戻る↑

シェブロン・チャンピオンシップ 試合結果(詳細)

コース Yardage Par
クラブ・アット・カールトン・ウッズ
(The Club at Carlton Woods)
6,824 72

 

最終日(決勝ラウンド)

最終日
天候:くもり
注目の組み合わせ ※()内は日本時間
1番ホールスタート
 07:10(21:10)
 ミンジー・リー/西村優菜
 07:40(21:40)
 西郷真央/チェン・ペイユン
 08:00(22:00)
 古江彩佳/And.リー
 08:20(22:20)
 畑岡奈紗/E.ガリツキー(アマ)
 10:10(00:10)
 L.マグワイア/渋野日向子
 11:50(01:50)
 キム・アリム/A.ティティクル
 12:00(02:00)
 キム・ヒョージュ/N.コルダ
 12:10(02:10)
 M.カン/チェ・ヘジン
 12:20(02:20)
 エイミー・ヤン/A.ヴァレンズエラ
 12:30(02:30)
 A.コープス/A.イン

※時差:日本は14時間(サマータイム)進んでいます
・スタートは現地時間(()内は日本時間)を記載しています。
・現地時間4月23日(日)の07:00だと日本時間4月23日(日)の21:00、現地時間4月23日(日)の12:30だと日本時間4月24日(月)の02:30になります。
・詳しくは公式ホームページでご確認下さい。
最終日(トップ10と日本人選手)
優勝 リリア・ヴ -10 68
2 エンジェル・イン -10 72
3 ネリー・コルダ -9 71
T4 アタヤ・ティティクル -8 71
  キム・アリム -8 72
  エイミー・ヤン -8 73
  アルバン・ヴァレンズエラ -8 73
  アリセン・コープス -8 74
T9 コ・ジンヨン -7 68
  メーガン・カン -7 74
T28 渋野 日向子 +1 74
T37 畑岡 奈紗 +2 72
T52 古江 彩佳 +6 75
T56 西村 優菜 +8 74
65 西郷 真央 +11 79
順位 選手名 通算 R1 R2 R3 R4
1 L.ヴ -10 68 69 73 68
2 A.イン -10 69 70 67 72
3 N.コルダ -9 68 70 70 71
T4 A.ティティクル -8 70 71 68 71
T4 キム・アリム -8 71 65 72 72
T4 エイミー・ヤン -8 73 69 65 73
T4 A.ヴァレンズエラ -8 72 67 68 73
T4 A.コープス -8 72 67 67 74
T9 コ・ジンヨン -7 72 71 70 68
T9 M.カン -7 70 67 70 74
11 キム・ヒョージュ -6 70 70 68 74
T12 G.ホール -5 70 73 72 68
T12 C.シガンダ -5 70 72 69 72
T14 A.ジュタヌガーン -4 71 71 71 71
T14 C.ブティエ -4 73 67 72 72
T14 リン・シユ -4 71 69 71 73
17 チェ・ヘジン -3 71 70 67 77
T18 M.シェリク -2 71 73 70 72
T18 チョン・インジ -2 78 66 69 73
T18 C.ナイト -2 71 69 73 73
T18 A.ブハイ -2 71 73 66 76
22 A.ドハーティ -1 76 69 71 71
T23 L.マグワイア E 76 69 70 73
T23 B.リンシコム E 70 73 71 74
T23 B.M.ヘンダーソン E 71 67 76 74
T23 ジ・ウンヒ E 70 71 70 77
T23 A.ユーイング E 70 70 71 77
T28 E.ガリツキー(アマ) +1 70 75 74 70
T28 D.カン +1 73 69 75 72
T28 J.コルダ +1 73 69 75 72
T28 M.カストレン +1 71 72 73 73
T28 渋野 日向子 +1 72 72 71 74
T28 G.ロペス +1 75 68 72 74
T28 N.K.マドセン +1 72 68 75 74
T28 L.ウィーバー +1 72 69 73 75
T28 M.アレックス +1 68 73 72 76
T37 畑岡 奈紗 +2 70 72 76 72
T37 P.アナナルカルン +2 77 67 73 73
T37 J.E.シャドフ +2 73 71 73 73
T37 M.スターク +2 73 70 71 76
T41 ミンジー・リー +3 70 75 77 69
T41 アン・ナリン +3 72 71 76 72
T41 P.タヴァタナキット +3 71 67 77 76
T41 イン・ルオニン +3 73 71 70 77
T45 D.フォール +4 72 73 72 75
T45 G.ドライバーグ +4 73 68 76 75
T45 P.ヨクトゥアン +4 75 68 73 76
T45 A.エイブリー(アマ) +4 73 69 73 77
T49 S.キリアコウ +5 68 76 76 73
T49 チェン・ペイユン +5 67 74 79 73
T49 チェラ・チョイ +5 68 73 75 77
T52 古江 彩佳 +6 68 75 76 75
T52 キム・セヨン +6 76 67 75 76
T54 Luc.リー +7 74 69 76 76
T54 R.オトゥール +7 72 71 73 79
T56 西村 優奈 +8 75 69 78 74
T56 ユ・ヘラン +8 71 73 77 75
T56 And.リー +8 73 69 77 77
T56 K.デイビッドソン +8 70 72 75 79
T56 L.ストローム +8 73 69 74 80
T61 ヤン・ジン +9 70 75 77 75
T61 D.ウェーバー +9 73 68 76 80
T63 B.アルトマーレ +10 71 72 78 77
T63 ウェイリン・スー +10 70 75 75 78
65 西郷 真央 +11 74 68 78 79
66 S.シュメルツェル +12 72 73 78 77
T67 L.スティーブンソン +13 71 74 80 76
T67 C.トーマス +13 73 72 76 80
予選CUTライン:+1
CUT S.メドウ +2 77 69 0 0
CUT P.R.ブシャール +2 77 69 0 0
CUT C.イングリス +2 76 70 0 0
CUT L.ハートレッジ +2 75 71 0 0
CUT M.ジュタヌガーン +2 75 71 0 0
CUT 勝 みなみ +2 75 71 0 0
CUT L.トンプソン +2 74 72 0 0
CUT E.K.ペダーセン +2 73 73 0 0
CUT J.スワンナプラ +2 73 73 0 0
CUT N.ウォンタウィラップ +2 73 73 0 0
CUT Gin.キム +2 72 74 0 0
CUT S.ケンプ +3 76 71 0 0
CUT イ・ミヒャン +3 76 71 0 0
CUT M.リード +3 76 71 0 0
CUT K.タン +3 76 71 0 0
CUT A.クラウター +3 75 72 0 0
CUT M.Aルブラン +3 75 72 0 0
CUT P.リンドベリ +3 75 72 0 0
CUT 馬場 咲希(アマ) +3 74 73 0 0
CUT S.ルイス +3 73 74 0 0
CUT ジェニー・シン +3 73 74 0 0
CUT M.ハリガエ +3 72 75 0 0
CUT リディア・コ +3 71 76 0 0
CUT リウ・ユ +4 78 70 0 0
CUT Z.A.カンポス(アマ) +4 77 71 0 0
CUT G.ゼン +4 77 71 0 0
CUT F.キンハルト +4 76 72 0 0
CUT Y.ノー +4 76 72 0 0
CUT Gra.キム +4 75 73 0 0
CUT J.ソング +4 75 73 0 0
CUT D.ダルケア +4 74 74 0 0
CUT L.コフリン +4 73 75 0 0
CUT ユ・ソヨン +4 73 75 0 0
CUT イ・ジョンウン6 +5 76 73 0 0
CUT P.デラクール +5 75 74 0 0
CUT H.グリーン +5 75 74 0 0
CUT 笹生 優花 +5 74 75 0 0
CUT L.サラス +5 73 76 0 0
CUT B.ターディ +5 72 77 0 0
CUT C.ハル +6 79 71 0 0
CUT M.ファッシ +6 77 73 0 0
CUT W.ミーチャイ +6 76 74 0 0
CUT M.サグストロム +6 76 74 0 0
CUT P.マック +6 74 76 0 0
CUT Ali.リー +6 73 77 0 0
CUT J.クプチョ +6 72 78 0 0
CUT パク・ソンヒョン +7 79 72 0 0
CUT E.ヘンセライト +7 78 73 0 0
CUT イン・シャオウェン +7 76 75 0 0
CUT C.ボーエ +7 75 76 0 0
CUT A.ユボル +7 75 76 0 0
CUT ファン・ティンシュアン(アマ) +8 77 75 0 0
CUT A.スタンフォード +8 77 75 0 0
CUT Chr.キム +8 75 77 0 0
CUT E.ゾコル +9 79 74 0 0
CUT S.シューベルト +9 76 77 0 0
CUT A.パーク +10 74 80 0 0
CUT J.ベイカー(アマ) +11 82 73 0 0
CUT P.パットラム +11 80 75 0 0
CUT I.フィエロ +11 79 76 0 0
CUT P.バブニック +11 78 77 0 0
CUT E.タリー +12 75 81 0 0
CUT V.ロッシ(アマ) +13 76 81 0 0
CUT P.レト +16 82 78 0 0

13時00分時点での天候はくもり、気温15.0℃、湿度77%、風速4.9m/s(北北東)というコース・コンディションの中、68名による決勝ラウンド最終日が行われた。

最終18番Par5まで縺れた展開となった最終日、リリア・ヴとエンジェル・インによるプレーオフでの優勝争いを制したのは、今季LPGAツアー初優勝を飾っているリリア・ヴ。

2番Par4とミドルパットを決めた3番Par3で連続バーディの好スタートを切ったリリア・ヴは、3打目をピンそばにつけた8番Par5でバーディを奪うと、9番Par4でボギーを叩いたものの、折り返してからの7ホールをパーで通過し、迎えた距離のある大きく右に曲がるラインを読み切った17番Par3とグリーン奥からの3打目のアプローチを確実によせた最終18番Par5で連続バーディを奪うなど、フェアウェイキープ率85.71% (12/14)、パーオン率61.11% (11/18)ながら、平均パット(25)と持ち味のパッティングに冴えを見せ、5バーディ、1ボギー(68)でラウンド、通算10アンダーでフィニッシュし、クラブハウスリーダーとして後続を待つ展開の中、エンジェル・インとのプレーオフに持ち込んだ。

18番Par5で行われたプレーオフ1ホール目、2打目をグリーン手前の池に打ち込み、4オンとなったエンジェル・インに対して、グリーン奥からパターでの3打目のアプローチをよせきれなかったものの、ミドルパットを決めてバーディを奪ったリリア・ヴが、LPGAツアー初優勝を飾った「Honda LPGA Thailand」に次ぐ、LPGAツアー2勝目をメジャー・トーナメントで飾った。

LPGAツアー初優勝に向け、トップタイでスタートしたエンジェル・インは、出だしの1番Par4でグリーン手前からのアプローチを大きくショート、長めのパーパットも決めきれずボギーが先行したものの、4番Par5でグリーン左サイドバンカーからの3打目をピンそばによせたバーディでスタート時のスコアに戻すと、その後のピンチとチャンスが入り乱れた8ホールをパーで通過し、迎えた13番Par5の3打目をピン奥につけたバーディで1歩抜け出す。しかし、ティーショットを右サイドのバンカーに打ち込むミスから出すだけとなった16番Par4とティーショットを右サイドのバンカーに入れ、2打目もグリーンを捉えられず、連続ボギーを叩き、トップを明け渡したものの、最終18番Par5で2オンからバーディを奪うなど、フェアウェイキープ率71.43% (10/14)、パーオン率61.11% (11/18)、平均パット(29)と最後まで粘りを見せ、3バーディ、3ボギー(72)でラウンド、通算10アンダーでフィニッシュし、リリア・ヴとのプレーオフに持ち込んだものの、LPGAツアー初優勝には届かなかった。

トップと1打差の単独3位には、終始パットが決まらず苦しい展開を強いられながらも、最終18番Par5で距離のあるパットを決めてイーグルフィニッシュとなった世界ランキング2位のネリー・コルダが、通算9アンダーで続いた。

トップと2打差の4位タイには、好調なプレーを続けながらも、ティーショットを右の木に当て、3打目も池に打ち込むミスから最終18番Par5でダブルボギーを叩いたアタヤ・ティティクルとイーグルが欲しい状況の中、最終18番Par5の2打目をシャンクしたキム・アリム、エイミー・ヤン、アルバン・ヴァレンズエラ、トップタイからスタートしたアリセン・コープスの5名が、通算8アンダーで並んだ。

日本人選手の結果

渋野 日向子

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 6 4 3 5 4 4 3 5 3 37 4 5 3 5 4 3 5 3 5 37 74

フェアウェイキープ率85.71% (12/14)、パーオン率61.11% (11/18)、パット数(31)
出だしの1番で3打目のアプローチをよせきれず、3パットのダブルボギーとつまずくと、9番でバーディ後の11番でボギー。更に15番のバーディ直後の16番でボギーと最後までスコアに結び付かず、通算1オーバー・28位タイでメジャー初戦を終えた。

畑岡 奈紗

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 5 4 3 6 4 5 3 4 3 37 5 5 3 4 4 4 3 2 5 35 72

フェアウェイキープ率78.57% (11/14)、パーオン率55.56% (10/18)、パット数(27)
出だしからボギーが先行する中、8番と9番で連続バーディを奪うものの、折り返した10番と11番で連続ボギー。その後、3つのバーディでこの日イーブンパーでフィニッシュしたものの、通算2オーバー・37位タイでメジャー初戦を終えた。

古江 彩佳

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 4 4 3 5 4 5 3 5 4 37 4 4 3 5 4 5 4 3 6 38 75

フェアウェイキープ率85.71% (12/14)、パーオン率27.78% (5/18)、パット数(26)
パーオン率が低く、チャンスが少ない中、粘りのプレーを見せたものの、バーディなしの通算6オーバー・52位タイでメジャー初戦を終えた。

西村 優菜

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 4 3 3 4 5 5 2 5 4 35 4 5 3 6 4 4 5 3 5 39 74

フェアウェイキープ率92.86% (13/14)、パーオン率72.22% (13/18)、パット数(31)
出だしからバーディを先行させ、前半スコアを1つ伸ばして折り返したものの、後半は一転、スコアを3つ落とし、通算8オーバー・56位タイでメジャー初戦を終えた。

西郷 真央

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 4 5 3 6 4 6 3 5 5 41 4 4 2 5 5 5 4 3 6 38 79

フェアウェイキープ率57.14% (8/14)、パーオン率27.78% (5/18)、パット数(25)
序盤からボギーが先行する展開を強いられる中、パーオン率も低く、後半もスコアを落とすなど、最終日も大きくスコアを崩し、通算11オーバー・65位でメジャー初戦を終えた。

:エース
:イーグル
:バーディ
黒:パー
:ボギー
:ダブルボギー以上

戻る↑

3日目(決勝ラウンド)

3日目
天候:晴れ
注目の組み合わせ ※()内は日本時間
1番ホールスタート
 10:17(00:17)
 西郷真央/D.カン/J.コルダ
 10:39(00:39)
 チェ・ヘジン/A.ティティクル/ジ・ウンヒ
 11:34(01:34)
 B.M.ヘンダーソン/P.タヴァタナキット/N.コルダ
 11:45(01:45)
 キム・アリム/M.カン/L.ヴ

10番ホールスタート
 09:55(23:55)
 畑岡奈紗/K.デビッドソン/キム・セヨン
 10:39(00:39)
 G.ホール/B.リンシコム/古江彩佳
 10:50(00:50)
 チョン・インジ/P.アナナルカルン/西村優菜
 11:01(01:01)
 J.E.シャドフ/イン・ルオニン/渋野日向子

※時差:日本は14時間(サマータイム)進んでいます
・スタートは現地時間(()内は日本時間)を記載しています。
・現地時間4月22日(土)の09:55だと日本時間4月22日(土)の23:55、現地時間4月22日(土)の11:56だと日本時間4月23日(日)の01:56になります。
・詳しくは公式ホームページでご確認下さい。
3日目(トップ10と日本人選手)
首位 アリセン・コープス -10 67
  エンジェル・イン -10 67
T3 エイミー・ヤン -9 65
  アルバン・ヴァレンズエラ -9 68
  メーガン・カン -9 70
T6 チェ・ヘジン -8 67
  キム・ヒョージュ -8 68
  ネリー・コルダ -8 70
  キム・アリム -8 72
10 アタヤ・ティティクル -7 68
T29 渋野 日向子 -1 71
T50 畑岡 奈紗 +2 76
T52 古江 彩佳 +3 76
T57 西郷 真央 +4 78
T64 西村 優菜 +6 78
順位 選手名 通算 R1 R2 R3 R4
T1 A.コープス -10 72 67 67 0
T1 A.イン -10 69 70 67 0
T3 エイミー・ヤン -9 73 69 65 0
T3 A.ヴァレンズエラ -9 72 67 68 0
T3 M.カン -9 70 67 70 0
T6 チェ・ヘジン -8 71 70 67 0
T6 キム・ヒョージュ -8 70 70 68 0
T6 N.コルダ -8 68 70 70 0
T6 キム・アリム -8 71 65 72 0
10 A.ティティクル -7 70 71 68 0
T11 A.ブハイ -6 71 73 66 0
T11 L.ヴ -6 68 69 73 0
T13 C.シガンダ -5 70 72 69 0
T13 ジ・ウンヒ -5 70 71 70 0
T13 リン・シユ -5 71 69 71 0
T13 A.ユーイング -5 70 70 71 0
17 C.ブティエ -4 73 67 72 0
T18 チョン・インジ -3 78 66 69 0
T18 コ・ジンヨン -3 72 71 70 0
T18 A.ジュタヌガーン -3 71 71 71 0
T18 M.アレックス -3 68 73 72 0
T18 C.ナイト -3 71 69 73 0
T23 イン・ルオニン -2 73 71 70 0
T23 M.シェリク -2 71 73 70 0
T23 M.スターク -2 73 70 71 0
T23 B.リンシコム -2 70 73 71 0
T23 L.ウィーバー -2 72 69 73 0
T23 B.M.ヘンダーソン -2 71 67 76 0
T29 L.マグワイア -1 76 69 70 0
T29 渋野 日向子 -1 72 72 71 0
T29 G.ロペス -1 75 68 72 0
T29 G.ホール -1 70 73 72 0
T29 A.エイブリー(アマ) -1 73 69 73 0
T29 N.K.マドセン -1 72 68 75 0
T29 P.タヴァタナキット -1 71 67 77 0
T36 A.ドハーティ E 76 69 71 0
T36 P.ヨクトゥアン E 75 68 73 0
T36 R.オトゥール E 72 71 73 0
T36 M.カストレン E 71 72 73 0
T36 L.ストローム E 73 69 74 0
T36 チェラ・チョイ E 68 73 75 0
T42 D.フォール +1 72 73 72 0
T42 P.アナナルカルン +1 77 67 73 0
T42 J.E.シャドフ +1 73 71 73 0
T42 D.カン +1 73 69 75 0
T42 J.コルダ +1 73 69 75 0
T42 K.デイビッドソン +1 70 72 75 0
T42 G.ドライバーグ +1 73 68 76 0
T42 D.ウェーバー +1 73 68 76 0
T50 キム・セヨン +2 76 67 75 0
T50 畑岡 奈紗 +2 70 72 76 0
T52 E.ガリツキー(アマ) +3 70 75 74 0
T52 Luc.リー +3 74 69 76 0
T52 アン・ナリン +3 72 71 76 0
T52 古江 彩佳 +3 68 75 76 0
T52 And.リー +3 73 69 77 0
T57 ウェイリン・スー +4 70 75 75 0
T57 S.キリアコウ +4 68 76 76 0
T57 西郷 真央 +4 74 68 78 0
T57 チェン・ペイユン +4 67 74 79 0
T61 C.トーマス +5 73 72 76 0
T61 ユ・ヘラン +5 71 73 77 0
T61 B.アルトマーレ +5 71 72 78 0
T64 ミンジー・リー +6 70 75 77 0
T64 ヤン・ジン +6 70 75 77 0
T64 西村 優奈 +6 75 69 78 0
67 S.シュメルツェル +7 72 73 78 0
68 L.スティーブンソン +9 71 74 80 0
予選CUTライン:+1
CUT S.メドウ +2 77 69 0 0
CUT P.R.ブシャール +2 77 69 0 0
CUT C.イングリス +2 76 70 0 0
CUT L.ハートレッジ +2 75 71 0 0
CUT M.ジュタヌガーン +2 75 71 0 0
CUT 勝 みなみ +2 75 71 0 0
CUT L.トンプソン +2 74 72 0 0
CUT E.K.ペダーセン +2 73 73 0 0
CUT J.スワンナプラ +2 73 73 0 0
CUT N.ウォンタウィラップ +2 73 73 0 0
CUT Gin.キム +2 72 74 0 0
CUT S.ケンプ +3 76 71 0 0
CUT イ・ミヒャン +3 76 71 0 0
CUT M.リード +3 76 71 0 0
CUT K.タン +3 76 71 0 0
CUT A.クラウター +3 75 72 0 0
CUT M.Aルブラン +3 75 72 0 0
CUT P.リンドベリ +3 75 72 0 0
CUT 馬場 咲希(アマ) +3 74 73 0 0
CUT S.ルイス +3 73 74 0 0
CUT ジェニー・シン +3 73 74 0 0
CUT M.ハリガエ +3 72 75 0 0
CUT リディア・コ +3 71 76 0 0
CUT リウ・ユ +4 78 70 0 0
CUT Z.A.カンポス(アマ) +4 77 71 0 0
CUT G.ゼン +4 77 71 0 0
CUT F.キンハルト +4 76 72 0 0
CUT Y.ノー +4 76 72 0 0
CUT Gra.キム +4 75 73 0 0
CUT J.ソング +4 75 73 0 0
CUT D.ダルケア +4 74 74 0 0
CUT L.コフリン +4 73 75 0 0
CUT ユ・ソヨン +4 73 75 0 0
CUT イ・ジョンウン6 +5 76 73 0 0
CUT P.デラクール +5 75 74 0 0
CUT H.グリーン +5 75 74 0 0
CUT 笹生 優花 +5 74 75 0 0
CUT L.サラス +5 73 76 0 0
CUT B.ターディ +5 72 77 0 0
CUT C.ハル +6 79 71 0 0
CUT M.ファッシ +6 77 73 0 0
CUT W.ミーチャイ +6 76 74 0 0
CUT M.サグストロム +6 76 74 0 0
CUT P.マック +6 74 76 0 0
CUT Ali.リー +6 73 77 0 0
CUT J.クプチョ +6 72 78 0 0
CUT パク・ソンヒョン +7 79 72 0 0
CUT E.ヘンセライト +7 78 73 0 0
CUT イン・シャオウェン +7 76 75 0 0
CUT C.ボーエ +7 75 76 0 0
CUT A.ユボル +7 75 76 0 0
CUT ファン・ティンシュアン(アマ) +8 77 75 0 0
CUT A.スタンフォード +8 77 75 0 0
CUT Chr.キム +8 75 77 0 0
CUT E.ゾコル +9 79 74 0 0
CUT S.シューベルト +9 76 77 0 0
CUT A.パーク +10 74 80 0 0
CUT J.ベイカー(アマ) +11 82 73 0 0
CUT P.パットラム +11 80 75 0 0
CUT I.フィエロ +11 79 76 0 0
CUT P.バブニック +11 78 77 0 0
CUT E.タリー +12 75 81 0 0
CUT V.ロッシ(アマ) +13 76 81 0 0
CUT P.レト +16 82 78 0 0

14時00分時点での天候は晴れ、気温26.0℃、湿度36%、風速4.5m/s(南東)というコース・コンディションの中、68名による決勝ラウンド3日目が行われた。

難しいセッティングの中で行われた決勝ラウンド3日目を終えてトップタイに並んだのは、ともにLPGAツアー初優勝を目指すアリセン・コープスとエンジェル・イン。

出だしの1番と2番のPar4、そして3番Par3で3連続バーディを奪う最高のスタートを切ったアリセン・コープスは、5番Par4でもバーディを奪うと、スコアを伸ばせない展開が続いたものの、13番Par5でミドルパットを決めてバーディ。その後は3日目の唯一のピンチとなった16番Par4を含む上り5ホールをパーでホールアウトするなど、フェアウェイキープ率100.00% (14/14)、パーオン率72.22% (13/18)、平均パット(26)と難しいセッティングの中、安定感抜群のプレーでボギーフリーとなる
5バーディ(67)でラウンド、通算10アンダー・トップタイで3日目を終えた。

出だしの1番Par4でバーディを先行させたエンジェル・インは、4番Par5でボギーを叩いたものの、続く5番Par4でバウンスバックに成功すると、折り返した11番Par4ではミドルパットを決めてバーディ。更に2打目をピンそばにつけた15番と距離のある大きく右に曲がるラインを読み切った16番のPar4で連続バーディを奪うと、最終18番Par5でも3打目をピンそばにつけてバーディを奪うなど、フェアウェイキープ率92.86% (13/14)、パーオン率72.22% (13/18)、平均パット(26)と安定したプレーで6バーディ、1ボギー(67)でラウンド、通算10アンダー・トップタイで3日目を終えた。

トップと1打差の3位タイには、難しいセッティングの中で8バーディ、1ボギーと3日目のベストスコア(65)をマークしたLPGAツアー4勝を誇る韓国のエイミー・ヤン、ともにLPGAツアー初優勝を目指すメーガン・カンとアルバン・ヴァレンズエラの3名が通算9アンダーで続いた。

トップと2打差の6位タイには、期待される注目の若手であるチェ・ヘジンに加え、メジャー覇者のキム・ヒョージュとキム・アリムの韓国勢および世界ランキング2位のネリー・コルダの4名が通算8アンダーで並び、通算7アンダー・単独10位には、世界ランキング5位のアタヤ・ティティクルと言った実力者が続いた。

また、17番Par3でチョン・インジがエース(ホールインワン)を達成した。

3日間を終えてもトップと5打差の中に16名がひしめく大混戦となった今大会、最終日の終盤まで目の離せない展開が予想されます。

日本人選手の結果

渋野 日向子

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 4 3 3 6 4 4 2 5 4 35 4 5 2 4 4 4 5 3 5 36 71

フェアウェイキープ率64.29% (9/14)、パーオン率61.11% (11/18)、パット数(28)
10番スタートでショートゲームが良くなく、ボギーを叩く場面が多かったものの、7番Par3でロングパットを決めるなど、粘りを見せて通算1アンダー・29位タイで3日目を終えた。

畑岡 奈紗

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 5 5 3 4 4 4 3 4 4 36 4 5 4 4 4 5 5 4 5 40 76

フェアウェイキープ率78.57% (11/14)、パーオン率66.67% (12/18)、パット数(34)
10番スタートで序盤からボギーが先行したうえに15番から3連続ボギー、更に折り返した1番と2番で連続ボギー、その後2つのバーディを奪ったものの、ショットからショートゲーム、そしてパッティングと良いところが少なく、通算2オーバー・50位タイに後退した。

古江 彩佳

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 5 3 3 6 4 4 4 5 4 38 4 3 4 5 5 5 4 3 5 38 76

フェアウェイキープ率92.86% (13/14)、パーオン率50.00% (9/18)、パット数(30)
10番スタートでバーデを先行させたものの、その後はボギーが続くなど、風の変化に対応できず、通算3オーバー・52位タイで3日目を終えた。

西郷 真央

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 6 4 4 5 5 4 3 4 4 39 4 4 4 5 4 5 5 3 5 39 78

フェアウェイキープ率50.00% (7/14)、パーオン率66.67% (12/18)、パット数(35)
出だしの1番からダブルボギーを叩くなど、序盤から大きくスコアを落とす展開となる中、後半もスコアを3つ落とすなど、通算4オーバー・57位タイで3日目を終えた。

西村 優菜

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 4 4 4 6 3 5 4 5 5 40 6 4 3 5 3 4 4 3 6 38 78

フェアウェイキープ率100.00% (14/14)、パーオン率50.00% (9/18)、パット数(32)
出だしの10番で2打目を池に打ち込みダブルボギーを叩くと、後半もボギーが先行する苦しい展開を強いられ、通算6オーバー・64位タイで3日目を終えた。

:エース
:イーグル
:バーディ
黒:パー
:ボギー
:ダブルボギー以上

戻る↑

2日目(予選ラウンド)

2日目
天候:くもり時々晴れ
注目の組み合わせ ※()内は日本時間
1番ホールスタート
 07:48(21:48)
 キム・セヨン/G.ドライバーグ/古江彩佳
 07:59(21:59)
 L.ヴ/ユ・ソヨン/畑岡奈紗
 08:10(22:10)
 J.クプチョ/P.タヴァタナキット/コ・ジンヨン
 08:21(22:21)
 N.コルダ/ミンジー・リー/チョン・インジ
 12:26(02:26)
 Gin.キム/ユ・ヘラン/N.ウォンタウィラップ
 12:48(02:48)
 L.サラス/Gra.キム/C.ブティエ
 12:59(02:59)
 D.カン/G.ホール/イン・ルオニン
 13:10(03:10)
 J.コルダ/B.M.ヘンダーソン/A.ティティクル
 13:21(03:21)
 L.トンプソン/リディア・コ/C.ハル
 13:32(03:32)
 馬場咲希(アマ)/B.アルトマーレ/P.R.ブシャール
 14:05(04:05)
 P.デラクール/西村優菜/A.パーク

10番ホールスタート
 07:37(21:37)
 勝みなみ/S.シューベルト/P.アナナルカルン
 08:10(22:10)
 ジ・ウンヒ/渋野日向子/アン・ナリン
 13:10(03:10)
 笹生優花/N.K.マドセン/M.アレックス
 13:43(03:43)
 西郷真央/イ・ミヒャン/S.メドウ

※時差:日本は14時間(サマータイム)進んでいます
・スタートは現地時間(()内は日本時間)を記載しています。
・現地時間4月21日(金)の07:15だと日本時間4月21日(金)の21:15、現地時間4月21日(金)の14:05だと日本時間4月22日(土)の04:05になります。
・詳しくは公式ホームページでご確認下さい。
 
2日目(トップ10と日本人選手)
首位 キム・アリム -8 65
T2 メーガン・カン -7 67
  リリア・ヴ -7 69
T4 ブルック・ヘンダーソン -6 67
  パティ・タヴァタナキット -6 67
  ネリー・コルダ -6 70
T7 アルバン・ヴァレンズエラ -5 67
  アリセン・コープス -5 67
  エンジェル・イン -5 70
T10 セリーヌ・ブティエ -4 67
  ナンナ・コルツ・マドセン -4 68
  リン・シユ -4 69
  シャイアン・ナイト -4 69
  アリー・ユーイング -4 70
  キム・ヒョージュ -4 70
T25 西郷 真央 -2 68
  畑岡 奈紗 -2 72
T36 古江 彩佳 -1 75
T49 西村 優菜 E 69
  渋野 日向子 E 72
T69 勝 みなみ +2 71
T80 馬場 咲希(アマ) +3 73
T102 笹生 優花 +5 75
順位 選手名 通算 R1 R2 R3 R4
1 キム・アリム -8 71 65 0 0
T2 M.カン -7 70 67 0 0
T2 L.ヴ -7 68 69 0 0
T4 B.M.ヘンダーソン -6 71 67 0 0
T4 P.タヴァタナキット -6 71 67 0 0
T4 N.コルダ -6 68 70 0 0
T7 A.ヴァレンズエラ -5 72 67 0 0
T7 A.コープス -5 72 67 0 0
T7 A.イン -5 69 70 0 0
T10 C.ブティエ -4 73 67 0 0
T10 N.K.マドセン -4 72 68 0 0
T10 リン・シユ -4 71 69 0 0
T10 C.ナイト -4 71 69 0 0
T10 A.ユーイング -4 70 70 0 0
T10 キム・ヒョージュ -4 70 70 0 0
T16 D.ウェーバー -3 73 68 0 0
T16 G.ドライバーグ -3 73 68 0 0
T16 L.ウィーバー -3 72 69 0 0
T16 チェ・ヘジン -3 71 70 0 0
T16 A.ティティクル -3 70 71 0 0
T16 ジ・ウンヒ -3 70 71 0 0
T16 M.アレックス -3 68 73 0 0
T16 チェラ・チョイ -3 68 73 0 0
T16 チェン・ペイユン -3 67 74 0 0
T25 西郷 真央 -2 74 68 0 0
T25 J.コルダ -2 73 69 0 0
T25 D.カン -2 73 69 0 0
T25 A.エイブリー(アマ) -2 73 69 0 0
T25 L.ストローム -2 73 69 0 0
T25 And.リー -2 73 69 0 0
T25 エイミー・ヤン -2 73 69 0 0
T25 A.ジュタヌガーン -2 71 71 0 0
T25 C.シガンダ -2 70 72 0 0
T25 K.デイビッドソン -2 70 72 0 0
T25 畑岡 奈紗 -2 70 72 0 0
T36 キム・セヨン -1 76 67 0 0
T36 P.ヨクトゥアン -1 75 68 0 0
T36 G.ロペス -1 75 68 0 0
T36 Luc.リー -1 74 69 0 0
T36 M.スターク -1 73 70 0 0
T36 R.オトゥール -1 72 71 0 0
T36 アン・ナリン -1 72 71 0 0
T36 コ・ジンヨン -1 72 71 0 0
T36 B.アルトマーレ -1 71 72 0 0
T36 M.カストレン -1 71 72 0 0
T36 B.リンシコム -1 70 73 0 0
T36 G.ホール -1 70 73 0 0
T36 古江 彩佳 -1 68 75 0 0
T49 チョン・インジ E 78 66 0 0
T49 P.アナナルカルン E 77 67 0 0
T49 西村 優奈 E 75 69 0 0
T49 イン・ルオニン E 73 71 0 0
T49 J.E.シャドフ E 73 71 0 0
T49 渋野 日向子 E 72 72 0 0
T49 ユ・ヘラン E 71 73 0 0
T49 A.ブハイ E 71 73 0 0
T49 M.シェリク E 71 73 0 0
T49 S.キリアコウ E 68 76 0 0
T59 A.ドハーティ +1 76 69 0 0
T59 L.マグワイア +1 76 69 0 0
T59 C.トーマス +1 73 72 0 0
T59 S.シュメルツェル +1 72 73 0 0
T59 D.フォール +1 72 73 0 0
T59 L.スティーブンソン +1 71 74 0 0
T59 ヤン・ジン +1 70 75 0 0
T59 E.ガリツキー(アマ) +1 70 75 0 0
T59 ミンジー・リー +1 70 75 0 0
T59 ウェイリン・スー +1 70 75 0 0
予選CUTライン:+1
T69 S.メドウ +2 77 69 0 0
T69 P.R.ブシャール +2 77 69 0 0
T69 C.イングリス +2 76 70 0 0
T69 L.ハートレッジ +2 75 71 0 0
T69 M.ジュタヌガーン +2 75 71 0 0
T69 勝 みなみ +2 75 71 0 0
T69 L.トンプソン +2 74 72 0 0
T69 N.ウォンタウィラップ +2 73 73 0 0
T69 J.スワンナプラ +2 73 73 0 0
T69 E.K.ペダーセン +2 73 73 0 0
T69 Gin.キム +2 72 74 0 0
T80 イ・ミヒャン +3 76 71 0 0
T80 K.タン +3 76 71 0 0
T80 M.リード +3 76 71 0 0
T80 S.ケンプ +3 76 71 0 0
T80 A.クラウター +3 75 72 0 0
T80 M.Aルブラン +3 75 72 0 0
T80 P.リンドベリ +3 75 72 0 0
T80 馬場 咲希(アマ) +3 74 73 0 0
T80 S.ルイス +3 73 74 0 0
T80 ジェニー・シン +3 73 74 0 0
T80 M.ハリガエ +3 72 75 0 0
T80 リディア・コ +3 71 76 0 0
T92 リウ・ユ +4 78 70 0 0
T92 Z.A.カンポス(アマ) +4 77 71 0 0
T92 G.ゼン +4 77 71 0 0
T92 F.キンハルト +4 76 72 0 0
T92 Y.ノー +4 76 72 0 0
T92 Gra.キム +4 75 73 0 0
T92 J.ソング +4 75 73 0 0
T92 D.ダルケア +4 74 74 0 0
T92 ユ・ソヨン +4 73 75 0 0
T92 L.コフリン +4 73 75 0 0
T102 イ・ジョンウン6 +5 76 73 0 0
T102 P.デラクール +5 75 74 0 0
T102 H.グリーン +5 75 74 0 0
T102 笹生 優花 +5 74 75 0 0
T102 L.サラス +5 73 76 0 0
T102 B.ターディ +5 72 77 0 0
T108 C.ハル +6 79 71 0 0
T108 M.ファッシ +6 77 73 0 0
T108 M.サグストロム +6 76 74 0 0
T108 W.ミーチャイ +6 76 74 0 0
T108 P.マック +6 74 76 0 0
T108 Ali.リー +6 73 77 0 0
T108 J.クプチョ +6 72 78 0 0
T115 パク・ソンヒョン +7 79 72 0 0
T115 E.ヘンセライト +7 78 73 0 0
T115 イン・シャオウェン +7 76 75 0 0
T115 C.ボーエ +7 75 76 0 0
T115 A.ユボル +7 75 76 0 0
T120 ファン・ティンシュアン(アマ) +8 77 75 0 0
T120 A.スタンフォード +8 77 75 0 0
T120 Chr.キム +8 75 77 0 0
T123 E.ゾコル +9 79 74 0 0
T123 S.シューベルト +9 76 77 0 0
125 A.パーク +10 74 80 0 0
T126 J.ベイカー(アマ) +11 82 73 0 0
T126 P.パットラム +11 80 75 0 0
T126 I.フィエロ +11 79 76 0 0
T126 P.バブニック +11 78 77 0 0
130 E.タリー +12 75 81 0 0
131 V.ロッシ(アマ) +13 76 81 0 0
132 P.レト +16 82 78 0 0

予選CUTライン:+1
勝みなみ、馬場咲希(アマ)、笹生優花、L.トンプソン、L.コ、J.クプチョらが予選落ちとなりました。


10時00分時点での天候はくもり、気温19.0℃、湿度97%、風速1.3m/s(西南西)というコース・コンディションの中、132
名による予選ラウンド2日目が行われた。

昨夜から続いた雷雨の影響による2時間遅れでのスタートによって日没サスペンデッドとなった予選ラウンド2日目を終えて単独トップに立ったのは、2020年「全米女子オープン」覇者でLPGAツアー2勝目を目指す韓国のキム・アリム。

出だしの10番Par4でボギーとつまずいたキム・アリムだったが、続く11番Par4でバウンスバックに成功すると、13番Par5と14番Par4で連続バーディ。その後も17番Par3と折り返した2番Par4、4番Par5で着実にスコアを伸ばす中、グリーン外からパターで直接決めた8番Par5と2打目をピンの根元につけるスーパーショットを放った9番Par4の上り2ホールを連続バーディで終えるなど、フェアウェイキープ率78.57% (11/14)、パーオン率83.33% (15/18)、平均パット(26)と安定したプレーを見せ、8バーディ、1ボギー(65)でラウンド、通算8アンダー・単独トップで決勝ラウンドに進んだ。

トップと1打差の2位タイには、タフなコンディションの中でボギーフリーとなる5バーディ(67)でラウンドした悲願のLPGAツアー初優勝を目指すメーガン・カンと今季初優勝を含む4試合すべてトップ15入りと好調を維持している世界ランキング12位のリリア・ヴが通算7アンダーで続いた。

トップと2打差の4位タイには、歴代優勝者でもあり、復調の兆しが見えてきているパティ・タヴァタナキットとメジャー2勝を含むLPGAツアー13勝のブルック・ヘンダーソン、世界ランキング2位のネリー・コルダというメジャー覇者の3名が通算6アンダーで並んだ。

予選ラウンド2日間を終えて、トップと5打差の中に24名がひしめく大混戦となる中、世界ランキング1位のリディア・コと前回大会覇者のジェニファー・クプチョが予選落ちを喫した。

日本人選手の結果

西郷 真央

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 4 4 3 5 3 4 4 5 4 36 4 3 2 5 3 4 4 2 5 32 68

フェアウェイキープ率92.86% (13/14)、パーオン率77.78% (14/18)、パット数(28)
10番スタートで11番と12番で連続バーディを奪うなど、序盤から順調にスコアを伸ばし、通算2アンダー・25位タイで決勝ラウンドに進んだ。

畑岡 奈紗

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 4 4 3 6 3 4 3 4 4 35 4 4 5 4 5 4 3 3 5 37 72

フェアウェイキープ率92.86% (13/14)、パーオン率61.11% (11/18)、パット数(27)
1番スタートの5番Par4でロングパットを決めるなど、序盤を良い展開で終えたものの、12番Par3でティーショットを池に打ち込みダブルボギーを叩くなど、後半は出入りの激しいプレーでスコアを1つ落とし、通算2アンダー・25位タイで決勝ラウンドに進んだ。

古江 彩佳

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 4 5 3 5 4 4 3 4 4 36 5 4 3 6 4 3 4 3 7 39 75

フェアウェイキープ率92.86% (13/14)、パーオン率66.67% (12/18)、パット数(32)
1番スタートで前半をパープレーで折り返したものの、最終18番Par5で2打目を池に打ち込むミスからダブルボギーと2つのPar5でスコアを3つ落とすなど、ショットからパッティングに至るまで良くなく、通算1アンダー・36位タイに後退した。

西村 優菜

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 4 3 4 5 3 4 3 6 4 36 3 4 3 5 5 3 2 3 5 33 69

フェアウェイキープ率92.86% (13/14)、パーオン率72.22% (13/18)、パット数(28)
序盤からバーディの後ボギーという展開が続く中、翌日に持ち越された16番Par4でイーグルを奪うなど、終盤スコアを伸ばし、通算イーブンパー・49位タイで予選を通過した。

渋野 日向子

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 5 4 3 4 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 3 5 4 3 5 36 72

フェアウェイキープ率64.29% (9/14)、パーオン率55.56% (10/18)、パット数(27)
チャンスを活かせない展開が続く中、粘りのプレーで2日目も(72)でラウンド、通算イーブンパー・49位タイで予選を通過した。

勝 みなみ

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 4 4 3 5 4 4 3 4 4 35 4 4 3 4 4 4 5 3 5 36 71

フェアウェイキープ率64.29% (9/14)、パーオン率55.56% (10/18)、パット数(28)
10番スタートで2つのPar5で確実にスコアを伸ばし、粘りのプレーでスコアを1つ伸ばしてフィニッシュしたものの、カットラインに1打及ばず、通算2オーバー・69位タイで予選落ちとなった。

馬場 咲希(アマ)

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 4 4 3 5 5 4 3 5 3 36 4 4 4 5 4 4 4 4 4 37 73

フェアウェイキープ率71.43% (10/14)、パーオン率66.67% (12/18)、パット数(31)
1番スタートでボギーが先行する展開を強いられる中、粘りのプレーを続けたものの、カットラインに1打及ばず、通算3オーバー・80位タイで予選落ちとなった。

笹生 優花

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 4 4 4 5 6 4 3 4 3 37 3 4 3 6 5 5 5 3 4 38 75

フェアウェイキープ率71.43% (10/14)、パーオン率55.56% (10/18)、パット数(30)
1番からのスタートで序盤から大きくスコアを崩し、中盤スタート時のスコアに戻したものの、13番から4連続ボギーを叩くなど、2日目もスコアを崩し、通算5オーバー・102位タイで予選落ちとなった。

:エース
:イーグル
:バーディ
黒:パー
:ボギー
:ダブルボギー以上

戻る↑

1日目(予選ラウンド)

1日目
天候:くもり時々雨
注目の組み合わせ ※()内は日本時間
1番ホールスタート
 08:10(22:10)
 笹生優花/N.K.マドセン/M.アレックス
 08:43(22:43)
 西郷真央/イ・ミヒャン/S.メドウ
 12:37(02:37)
 勝みなみ/S.シューベルト/P.アナナルカルン
 13:10(03:10)
 ジ・ウンヒ/渋野日向子/アン・ナリン

10番ホールスタート
 07:26(21:26)
 Gin.キム/ユ・ヘラン/N.ウォンタウィラップ
 07:48(21:48)
 L.サラス/Gra.キム/C.ブティエ
 07:59(21:59)
 D.カン/G.ホール/イン・ルオニン
 08:10(22:10)
 J.コルダ/B.M.ヘンダーソン/A.ティティクル
 08:21(22:21)
 L.トンプソン/リディア・コ/C.ハル
 08:32(22:32)
 馬場咲希(アマ)/B.アルトマーレ/P.R.ブシャール
 09:05(23:05)
 P.デラクール/西村優菜/A.パーク
 12:48(02:48)
 キム・セヨン/G.ドライバーグ/古江彩佳
 12:59(02:59)
 L.ヴ/ユ・ソヨン/畑岡奈紗
 13:10(03:10)
 J.クプチョ/P.タヴァタナキット/コ・ジンヨン
 13:21(03:21)
 N.コルダ/ミンジー・リー/チョン・インジ

※時差:日本は14時間(サマータイム)進んでいます
・スタートは現地時間(()内は日本時間)を記載しています。
・現地時間4月20日(木)の07:15だと日本時間4月20日(木)の21:15、現地時間4月20日(木)の14:05だと日本時間4月21日(金)の04:05になります。
・詳しくは公式ホームページでご確認下さい。
1日目(トップ10と日本人選手)
首位 チェン・ペイユン -5 67
T2 チェラ・チョイ -4 68
  ネリー・コルダ -4 68
  リリア・ヴ -4 68
  古江 彩佳 -4 68
  ステファニー・キリアコウ -4 68
  マリナ・アレックス -4 68
8 エンジェル・イン -3 69
T9 カリス・デイビッドソン -2 70
  キム・ヒョージュ -2 70
  ミンジー・リー -2 70
  ジ・ウンヒ -2 70
  畑岡 奈紗 -2 70
  ウェイリン・スー -2 70
  カルロタ・シガンダ -2 70
  ブリタニー・リンシコム -2 70
  ヤン・ジン -2 70
  アタヤ・ティティクル -2 70
  ジョージア・ホール -2 70
  メーガン・カン -2 70
  アリー・ユーイング -2 70
  エイラ・ガリツキー(アマ) -2 70
T37 渋野 日向子 E 72
T73 西郷 真央 +2 74
  馬場 咲希(アマ) +2 74
  笹生 優花 +2 74
T81 勝 みなみ +3 75
  西村 優菜 +3 75
順位 選手名 通算 R1 R2 R3 R4
1 チェン・ペイユン -5 67 0 0 0
T2 チェラ・チョイ -4 68 0 0 0
T2 N.コルダ -4 68 0 0 0
T2 L.ヴ -4 68 0 0 0
T2 古江 彩佳 -4 68 0 0 0
T2 S.キリアコウ -4 68 0 0 0
T2 M.アレックス -4 68 0 0 0
8 A.イン -3 69 0 0 0
T9 K.デイビッドソン -2 70 0 0 0
T9 キム・ヒョージュ -2 70 0 0 0
T9 ミンジー・リー -2 70 0 0 0
T9 ジ・ウンヒ -2 70 0 0 0
T9 畑岡 奈紗 -2 70 0 0 0
T9 ウェイリン・スー -2 70 0 0 0
T9 C.シガンダ -2 70 0 0 0
T9 B.リンシコム -2 70 0 0 0
T9 ヤン・ジン -2 70 0 0 0
T9 A.ティティクル -2 70 0 0 0
T9 G.ホール -2 70 0 0 0
T9 M.カン -2 70 0 0 0
T9 A.ユーイング -2 70 0 0 0
T9 E.ガリツキー(アマ) -2 70 0 0 0
T23 P.タヴァタナキット -1 71 0 0 0
T23 A.ブハイ -1 71 0 0 0
T23 チェ・ヘジン -1 71 0 0 0
T23 M.シェリク -1 71 0 0 0
T23 C.ナイト -1 71 0 0 0
T23 M.カストレン -1 71 0 0 0
T23 B.アルトマーレ -1 71 0 0 0
T23 A.ジュタヌガーン -1 71 0 0 0
T23 リディア・コ -1 71 0 0 0
T23 B.M.ヘンダーソン -1 71 0 0 0
T23 リン・シユ -1 71 0 0 0
T23 ユ・ヘラン -1 71 0 0 0
T23 キム・アリム -1 71 0 0 0
T23 L.スティーブンソン -1 71 0 0 0
T37 D.フォール E 72 0 0 0
T37 アン・ナリン E 72 0 0 0
T37 コ・ジンヨン E 72 0 0 0
T37 J.クプチョ E 72 0 0 0
T37 渋野 日向子 E 72 0 0 0
T37 B.ターディ E 72 0 0 0
T37 A.ヴァレンズエラ E 72 0 0 0
T37 R.オトゥール E 72 0 0 0
T37 S.シュメルツェル E 72 0 0 0
T37 N.K.マドセン E 72 0 0 0
T37 A.コープス E 72 0 0 0
T37 M.ハリガエ E 72 0 0 0
T37 Gin.キム E 72 0 0 0
T37 L.ウィーバー E 72 0 0 0
T51 A.エイブリー(アマ) +1 73 0 0 0
T51 Ali.リー +1 73 0 0 0
T51 L.ストローム +1 73 0 0 0
T51 J.スワンナプラ +1 73 0 0 0
T51 And.リー +1 73 0 0 0
T51 ユ・ソヨン +1 73 0 0 0
T51 M.スターク +1 73 0 0 0
T51 G.ドライバーグ +1 73 0 0 0
T51 エイミー・ヤン +1 73 0 0 0
T51 L.コフリン +1 73 0 0 0
T51 E.K.ペダーセン +1 73 0 0 0
T51 C.トーマス +1 73 0 0 0
T51 S.ルイス +1 73 0 0 0
T51 J.コルダ +1 73 0 0 0
T51 D.カン +1 73 0 0 0
T51 イン・ルオニン +1 73 0 0 0
T51 C.ブティエ +1 73 0 0 0
T51 L.サラス +1 73 0 0 0
T51 J.E.シャドフ +1 73 0 0 0
T51 ジェニー・シン +1 73 0 0 0
T51 D.ウェーバー +1 73 0 0 0
T51 N.ウォンタウィラップ +1 73 0 0 0
T73 P.マック +2 74 0 0 0
T73 Luc.リー +2 74 0 0 0
T73 A.パーク +2 74 0 0 0
T73 西郷 真央 +2 74 0 0 0
T73 馬場 咲希(アマ) +2 74 0 0 0
T73 L.トンプソン +2 74 0 0 0
T73 笹生 優花 +2 74 0 0 0
T73 D.ダルケア +2 74 0 0 0
T81 C.ボーエ +3 75 0 0 0
T81 M.ジュタヌガーン +3 75 0 0 0
T81 A.ユボル +3 75 0 0 0
T81 J.ソング +3 75 0 0 0
T81 勝 みなみ +3 75 0 0 0
T81 P.リンドベリ +3 75 0 0 0
T81 P.デラクール +3 75 0 0 0
T81 西村 優奈 +3 75 0 0 0
T81 E.タリー +3 75 0 0 0
T81 P.ヨクトゥアン +3 75 0 0 0
T81 Chr.キム +3 75 0 0 0
T81 G.ロペス +3 75 0 0 0
T81 H.グリーン +3 75 0 0 0
T81 Gra.キム +3 75 0 0 0
T81 L.ハートレッジ +3 75 0 0 0
T81 A.クラウター +3 75 0 0 0
T81 M.Aルブラン +3 75 0 0 0
T98 A.ドハーティ +4 76 0 0 0
T98 C.イングリス +4 76 0 0 0
T98 W.ミーチャイ +4 76 0 0 0
T98 M.リード +4 76 0 0 0
T98 L.マグワイア +4 76 0 0 0
T98 キム・セヨン +4 76 0 0 0
T98 S.ケンプ +4 76 0 0 0
T98 S.シューベルト +4 76 0 0 0
T98 イ・ジョンウン6 +4 76 0 0 0
T98 F.キンハルト +4 76 0 0 0
T98 イン・シャオウェン +4 76 0 0 0
T98 イ・ミヒャン +4 76 0 0 0
T98 M.サグストロム +4 76 0 0 0
T98 V.ロッシ(アマ) +4 76 0 0 0
T98 Y.ノー +4 76 0 0 0
T98 K.タン +4 76 0 0 0
T114 Z.A.カンポス(アマ) +5 77 0 0 0
T114 M.ファッシ +5 77 0 0 0
T114 A.スタンフォード +5 77 0 0 0
T114 P.アナナルカルン +5 77 0 0 0
T114 G.ゼン +5 77 0 0 0
T114 ファン・ティンシュアン(アマ) +5 77 0 0 0
T114 S.メドウ +5 77 0 0 0
T114 P.R.ブシャール +5 77 0 0 0
T122 リウ・ユ +6 78 0 0 0
T122 チョン・インジ +6 78 0 0 0
T122 P.バブニック +6 78 0 0 0
T122 E.ヘンセライト +6 78 0 0 0
T126 I.フィエロ +7 79 0 0 0
T126 パク・ソンヒョン +7 79 0 0 0
T126 E.ゾコル +7 79 0 0 0
T126 C.ハル +7 79 0 0 0
130 P.パットラム +8 80 0 0 0
T131 J.ベイカー(アマ) +10 82 0 0 0
T131 P.レト +10 82 0 0 0

10時00分時点での天候はくもり、気温24.0℃、湿度80%、風速4.5m/s(南南東)というコース・コンディションの中、132名による予選ラウンド1日目が行われた。

雷雨による約1時間の中断があった予選ラウンド1日目を終えて単独トップに立ったのは、LPGAツアー初優勝を目指す台湾の32歳チェン・ペイユン。

10番Par4からスタートしたチェン・ペイユンは、出だしの7ホールをパーで通過し、迎えた17番Par3と3打目をピンの根元につけた18番Par5で連続バーディを奪うと、折り返した1番Par4でボギーを叩いたものの、4番Par5および距離のある右に曲がるラインを読み切った5番と2打目をピンそばにつけた6番のPar4で3連続バーディ。更に8番Par5では深いラフに入ったショートサイドからの3打目のアプローチを直接決めてバーディを奪うなど、フェアウェイキープ率92.86% (13/14)、パーオン率83.33% (15/18)、平均パット(28)と素晴らしいプレーを見せ、6バーディ、1ボギー(68)でラウンド、5アンダー・単独トップの好スタートを切った。

トップと1打差の2位タイには、優勝こそ無いものの、ここまで好成績を収めている世界ランキング2位のネリー・コルダと今季3位2回の古江彩佳、今季初優勝を含む4試合すべてトップ15入りと好調を維持している世界ランキング12位のリリア・ヴら6名が4アンダーで続いた。

トップと3打差の中に22名がひしめく大混戦となった初日、世界ランキング4位のミンジー・リーと同5位のアタヤ・ティティクル、キム・ヒョージュや畑岡奈紗、今季ここまで2位2回を含むトップ10入り4回と好調を維持しているジョージア・ホールら実力者に加え、美人アマチュアの16歳エイラ・ガリツキーも2アンダーと好位置をキープした。

更に1アンダーには、歴代優勝者のパティ・タヴァタナキットや世界ランキング1位のリディア・コ、チェ・ヘジン、ブルック・ヘンダーソンらが続いた。

日本人選手の結果

古江 彩佳

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 4 4 3 4 4 3 2 5 4 33 4 3 2 5 4 4 4 4 5 35 68

フェアウェイキープ率78.57% (11/14)、パーオン率77.78% (14/18)、パット数(28)
10番スタートで序盤から連続バーディを奪うと、後半も安定したプレーでトップと1打差の2位タイと好位置で初日を終えた。

畑岡 奈紗

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 4 4 3 4 4 4 4 5 4 36 5 3 3 4 4 4 3 3 5 34 70

フェアウェイキープ率85.71% (12/14)、パーオン率72.22% (13/18)、パット数(28)
出だしでボギーを叩いたものの、その後は安定したプレーでスコアを伸ばした。

渋野 日向子

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 5 4 3 5 5 3 3 4 3 35 4 5 3 4 4 4 5 3 5 37 72

フェアウェイキープ率71.43% (10/14)、パーオン率72.22% (13/18)、パット数(31)
アプローチよよせられない場面があったものの、ミドルパットを決めたバーディが多かった。

西郷 真央

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 3 6 2 5 4 4 4 4 4 36 4 5 2 5 5 4 5 2 6 38 74

フェアウェイキープ率64.29% (9/14)、パーオン率33.33% (6/18)、パット数(25)
出入りの激しいプレーでショットをパッティングでカバーする展開となった。

馬場 咲希(アマ)

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 4 5 3 5 5 4 3 4 4 37 5 3 3 5 4 3 6 3 5 37 74

フェアウェイキープ率64.29% (9/14)、パーオン率44.44% (8/18)、パット数(27)
10番スタートの16番でティーショットを左に曲げてダブルボギーを叩くなど、終始ボギーが先行する展開となった。

笹生 優花

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 4 4 3 5 4 5 4 6 4 39 4 4 3 4 3 5 4 4 4 35 74

フェアウェイキープ率64.29% (9/14)、パーオン率55.56% (10/18)、パット数(28)
1番スタートで6番からの3連続ボギーと序盤からつまずいたものの、後半盛り返しを見せた。

勝 みなみ

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 4 4 3 7 5 4 3 4 4 38 5 4 3 5 5 4 4 2 5 37 75

フェアウェイキープ率78.57% (11/14)、パーオン率50.00% (9/18)、パット数(28)
1番スタートで序盤から大きくスコアを落としたものの、その後は粘りのプレーでスコアをまとめた。

西村 優菜

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 4 3 5 4 4 3 5 4 36 4 4 3 5 4 4 4 3 5 36 72
Round 5 6 3 5 4 5 4 4 4 40 5 4 3 4 4 4 4 2 5 35 75

フェアウェイキープ率85.71% (12/14)、パーオン率55.56% (10/18)、パット数(29)
10番からスタートし、上々の滑り出しを見せたものの、後半大きくスコアを崩す結果となった。

:エース
:イーグル
:バーディ
黒:パー
:ボギー
:ダブルボギー以上

戻る↑

STATISTICS

FH:FAIRWAYS HIT
  (フェアウェイキープ率)
GIR:GREEN IN REG
  (パーオン率)
DD:DRIVING DISTANCE
  (平均飛距離)
PPR:PUTTS PER ROUND
  (ラウンドあたりのパット数)


1位
リリア・ヴLilia Vu

  FH GIR DD PPR
ROUND1 71.43%
(10/14)
83.33%
(15/18)
256.0y 29
ROUND2 71.43%
(10/14)
72.22%
(13/18)
261.0y 27
ROUND3 92.86%
(13/14)
77.78%
(14/18)
277.0y 32
ROUND4 85.71%
(12/14)
61.11%
(11/18)
261.0y 25
TOTAL 80.36%
(45/56)
73.61%
(53/72)
264.0y 28

 

2位
エンジェル・インAngel Yin

  FH GIR DD PPR
ROUND1 85.71%
(12/14)
77.78%
(14/18)
288.0y 30
ROUND2 71.43%
(10/14)
72.22%
(13/18)
272.0y 29
ROUND3 92.86%
(13/14)
72.22%
(13/18)
269.0y 26
ROUND4 71.43%
(10/14)
61.11%
(11/18)
251.0y 29
TOTAL 80.36%
(45/56)
70.83%
(51/72)
270.0y 28

 

3位
ネリー・コルダ(Nelly Korda

  FH GIR DD PPR
ROUND1 92.86%
(13/14)
72.22%
(13/18)
259.0y 28
ROUND2 64.29%
(9/14)
77.78%
(14/18)
260.0y 30
ROUND3 71.43%
(10/14)
77.78%
(14/18)
261.0y 31
ROUND4 85.71%
(12/14)
77.78%
(14/18)
268.0y 31
TOTAL 78.57%
(44/56)
76.39%
(55/72)
262.0y 30

 

28位タイ
渋野 日向子(Hinako Shibuno

  FH GIR DD PPR
ROUND1 71.43%
(10/14)
72.22%
(13/18)
269.0y 31
ROUND2 64.29%
(9/14)
55.56%
(10/18)
259.0y 27
ROUND3 64.29%
(9/14)
61.11%
(11/18)
241.0y 28
ROUND4 85.71%
(12/14)
61.11%
(11/18)
254.0y 31
TOTAL 71.43%
(40/56)
62.50%
(45/72)
255.0y 29

 

37位タイ
畑岡 奈紗(Nasa Hataoka

  FH GIR DD PPR
ROUND1 85.71%
(12/14)
72.22%
(13/18)
265.0y 28
ROUND2 92.86%
(13/14)
61.11%
(11/18)
252.0y 27
ROUND3 78.57%
(11/14)
66.67%
(12/18)
254.0y 34
ROUND4 78.57%
(11/14)
55.56%
(10/18)
255.0y 27
TOTAL 83.93%
(47/56)
63.89%
(46/72)
256.0y 29

 

52位タイ
古江 彩佳(Ayaka Furue

  FH GIR DD PPR
ROUND1 78.57%
(11/14)
77.78%
(14/18)
236.0y 28
ROUND2 92.86%
(13/14)
66.67%
(12/18)
244.0y 32
ROUND3 92.86%
(13/14)
50.00%
(9/18)
259.0y 30
ROUND4 85.71%
(12/14)
27.78%
(5/18)
246.0y 26
TOTAL 87.50%
(49/56)
55.56%
(40/72)
246.0y 29

 

56位タイ
西村 優菜(Yuna Nishimura

  FH GIR DD PPR
ROUND1 85.71%
(12/14)
55.56%
(10/18)
239.0y 29
ROUND2 92.86%
(13/14)
72.22%
(13/18)
222.0y 28
ROUND3 100.00%
(14/14)
50.00%
(9/18)
248.0y 32
ROUND4 92.86%
(13/14)
72.22%
(13/18)
218.0y 31
TOTAL 92.86%
(52/56)
62.50%
(45/72)
232.0y 30

 

65位
西郷 真央(Mao Saigo

  FH GIR DD PPR
ROUND1 64.29%
(9/14)
33.33%
(6/18)
256.0y 25
ROUND2 92.86%
(13/14)
77.78%
(14/18)
249.0y 28
ROUND3 50.00%
(7/14)
66.67%
(12/18)
262.0y 35
ROUND4 57.14%
(8/14)
27.78%
(5/18)
225.0y 25
TOTAL 66.07%
(37/56)
51.39%
(37/72)
248.0y 28

 

69位タイ
勝 みなみ(Minami Katsu

  FH GIR DD PPR
ROUND1 78.57%
(11/14)
50.00%
(9/18)
274.0y 28
ROUND2 64.29%
(9/14)
55.56%
(10/18)
257.0y 28
ROUND3
ROUND4
TOTAL 71.43%
(20/28)
52.78%
(19/36)
265.0y 28

 

80位タイ
馬場 咲希(Saki Baba)*

  FH GIR DD PPR
ROUND1 64.29%
(9/14)
44.44%
(8/18)
265.0y 27
ROUND2 71.43%
(10/14)
66.67%
(12/18)
267.0y 31
ROUND3
ROUND4
TOTAL 67.86%
(19/28)
55.56%
(20/36)
266.0y 29

 

102位タイ
笹生 優花(Yuka Saso

  FH GIR DD PPR
ROUND1 64.29%
(9/14)
55.56%
(10/18)
276.0y 28
ROUND2 71.43%
(10/14)
55.56%
(10/18)
259.0y 30
ROUND3
ROUND4
TOTAL 67.86%
(19/28)
55.56%
(20/36)
267.0y 29

*:アマチュア

優勝したリリア・ヴは、ショット・パッティングの数値が良く、2位のエンジェル・インもショットからパッティングまで良い数値であり、3位のネリー・コルダは、パッティングの数値が良くなかった。日本勢はティーショット以外の数値が低かった。

全選手の結果

出場した全選手のリザルトと獲得賞金はPDFをご覧ください。
 
※LPGA公式サイト参照
※2023年大会(2023年シーズン)