本サイトは、アフェリエイト広告を利用しています

2023年シーズン JMイーグル・LA選手権のテレビ放送予定と試合結果【LPGA米国女子ツアー】

ゴルフ

2023年4月27日(木)~4月30日(日)にかけて、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスにあるウィルシャー・カントリークラブ(Wilshire Country Club)で開催される2023年シーズンの第8戦「JMイーグル・LA選手権(JM Eagle LA Championship presented by Plastpro)」の大会概要、大会日程(スケジュール)、出場選手一覧、テレビ放送予定を紹介します。

日本勢は下記の6名が出場します。

【LPGAツアー】
・畑岡奈紗、古江彩佳、笹生優花、渋野日向子、勝みなみ、西村優菜

※畑岡奈紗:初出場
※古江彩佳:初出場
※笹生優花:初出場
※渋野日向子:初出場
※勝みなみ:初出場
※西村優菜:初出場

※笹生優花の国籍は、2022年シーズンから日本に登録が変更となりました。(LPGA公式サイトをもとにしています)

(2023.5.2)
・出場した全選手の最終結果(順位と獲得賞金)をPDFにて掲載しました。

(2023.5.1)
・1位、2位タイと日本人選手のSTATISTICSを掲載ました。
・ハナ・グリーンがLPGAツアー3勝目を飾りました。
・最終日の結果(トップ10と日本人選手およびリーダーボード)を掲載しました。

(2023.4.30)
・最終日の全選手と日本人選手を含む注目の組み合わせを掲載しました。
・3日目の結果(トップ10と日本人選手およびリーダーボード)を掲載しました。

(2023.4.29)
・3日目の全選手と日本人選手を含む注目の組み合わせを掲載しました。
・2日目の結果(トップ10と日本人選手およびリーダーボード)を掲載しました。

(2023.4.28)
・2日目の日本人選手を含む注目の組み合わせを掲載しました。
・1日目の結果(トップ10と日本人選手およびリーダーボード)を掲載しました。

(2023.4.27)
・1日目の日本人選手を含む注目の組み合わせを掲載しました。
・最終エントリーが確定した144名の出場選手をPDFにて掲載しました。
 
スポンサーリンク

JMイーグル・LA選手権

2023年シーズンから新設された今大会は、2週連続でカリフォルニア州での開催となります。世界トップランカーの多くが集まる中、記念すべき第1回大会を制するのは一体誰なのか、注目される大会となるでしょう。

会場となるのは、2022年の「DIOインプラント・LAオープン」を開催した「ウィルシャー・カントリークラブ(Wilshire Country Club)」になります。

今大会の賞金総額は$3,000,000、優勝者にはCME POINTS:500ポイントが付与される144名のプレーヤーによって、予選・決勝ラウンドを含む4日間72ホールのストローク・プレーで行われます。

メジャー・トーナメントの翌週に行われる大会ではあるものの、世界ランキング1位のネリー・コルダを始め、同3位のコ・ジンヨンなど、世界ランキングトップ10から8名(同2位のリディア・コと同7位のレクシー・トンプソンを除く)が出場するフィールドとなっています。

日本勢では、畑岡奈紗と今季好調の笹生優花、古江彩佳と渋野日向子、ツアールーキーの勝みなみと西村優菜の6名が出場します。

※世界ランキングは2023年4月24日時点

スポンサーリンク

JMイーグル・LA選手権 開催会場

【アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス】
ウィルシャー・カントリークラブ(Wilshire Country Club)

コース Yardage Par
ウィルシャー・カントリークラブ
(Wilshire Country Club)
6,447 71

 

アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスにある「ウィルシャー・カントリークラブ」は、ハリウッド近郊の高級住宅街に囲まれており、ロサンゼルスの歴史的なハンコック・パーク・エリアに1919年に設立され、今年で創立105周年を迎えます。

会場の近くには、ロサンゼルスを代表するハリウッドもあり、観光にも適した場所と言えます。

1919年にノーマン・マクベスによって設計され、カイル・フィリップスが改修したコースは、自然の小川が流れるリンクスのゴルフコースとして個性あるチャレンジングな素晴しいコースデザインとなっており、長年にわたり、PGAツアーとLPGAツアーで多くの素晴らしいトーナメントを主催しています。

距離は短いながらも自然の起伏を活かした広いフェアウェイと小さくアンジュレーションのあるユニークなグリーン、125個を数えるエッジの効いたバンカーとアクセントとなる小川が絡むチャレンジングなコースレイアウトとなっている林間コース。飛距離より精度の高い正確なショットとパッティングが求められます。

【特徴のあるホール】
・7番Par3:左右に細長いグリーンと中央のバンカー。
・18番Par3:縦に細長く狭いグリーン。

【芝の種類】
・フェアウェイ:ハイブリッド・バミューダ
・ラフ:ハイブリッド・バミューダ
・グリーン:ポアナ
Hole Yardage Par
1 378 4
2 532 5
3 347 4
4 170 3
5 387 4
6 427 4
7 141 3
8 384 4
9 428 4
10 370 4
11 394 4
12 180 3
13 503 5
14 319 4
15 528 5
16 367 4
17 436 4
18 156 3
OUT 3,194 35
IN 3,253 36
Total 6,447 71
※2023年 HOLE LOCATIONS

JMイーグル・LA選手権 スケジュール

2023年4月27日(木)~4月30日(日)

4月27日(木) 大会1日目(予選ラウンド)
4月28日(金) 大会2日目(予選ラウンド)
4月29日(土) 大会3日目(決勝ラウンド)
4月30日(日) 大会最終日(決勝ラウンド)

JMイーグル・LA選手権 賞金

【賞金総額】

 $3,000,000

【優勝賞金 】

 $450,000

※全選手の獲得賞金は大会終了後に下記PDF(出場した全選手のリザルトと獲得賞金)に掲載します。

歴代優勝者

初開催のため、歴代優勝者はいません。

出場選手一覧

最終エントリーが確定した144名の出場選手は、PDFをご覧ください。


注目選手

※選手情報及び世界ランキングは2023年4月24日時点

ネリー・コルダ(Nelly Korda)
世界ランキング 2位
国籍:アメリカ
生年月日:1998年7月28日(24歳)
身長:177.8cm
体重:非公開

① LPGA米国女子ツアー:8勝

② メジャー・トーナメント:1勝
 ・シェブロン選手権:0勝
 ・全米女子オ-プン:0勝
 ・全米女子プロゴルフ選手権:1勝
 ・エビアン・チャンピオンシップ:0勝
 ・全英女子オープン:0勝

③ LPGA米国女子ツアー賞金女王:0回

2013年に15歳で全米女子オープンに出場、17歳となった2015年には、ハーダー・ホール・ウィメンズ・インビテーショナルを受賞するなど、アマチュア時代から活躍し、プロに転向した2016年からLPGAツアーの下部ツアーに当たるSymetra Tourに参戦、2017年シーズンから世界最高峰の舞台であるLPGAツアーに戦いの場を移し、LPGAツアーで7年目のシーズンを迎えます。

LPGAツアー2年目となる2018年シーズンの「Taiwan Swinging Skirts LPGA presented by CTBC」でツアー初優勝を飾ると、2019年シーズンには「ISPS Handa Women’s Australian Open」と連覇を果たした「Taiwan Swinging Skirts LPGA presented by CTBC」を含む年間2勝をあげ、ソルハイムカップのアメリカ代表にも選ばれました。

その後、2021年シーズンには、6月に行われたメジャー・トーナメント「全米女子プロゴルフ選手権」でメジャー初タイトルを獲得、8月に行われた「東京オリンピック」でもゴールド・メダリストに輝くなど、LPGAツアーで年間4勝をあげ、世界ランキング1位に上り詰めました。

長身を活かしたスウィングから放たれる飛距離とアイアンショットの精度は、ツアー屈指の実力を誇ります。課題とされるアプローチとパッティングも改善されつつあり、全体的にレベルの高いゴルフとなっています。

2022年シーズンは、治療によるツアー離脱を余儀なくされる中、平均パット(30.02)とパッティングに苦労したものの、平均飛距離10位(272.28y)パーオン率9位(75.44%)と抜群のショット力を活かしたプレーで1ラウンドあたりの平均スコア6位(69.66)と高いスコアリング・アベレージを誇り、少ない試合数ながら優勝1回を含むトップ10入り8回、賞金ランキング12位($1,418,725)CMEポイントランキングは16位(1,687)世界ランキングは2位で終えています。

2023年シーズンは、6試合に出場し、2位1回と3位1回を含むトップ10入り5回と上々の滑り出しを切っています。

初開催となる今大会で使用されるコースとの相性を見ると、10位タイと予選落ち2回という結果となっています。

コ・ジンヨン(Jin Young Ko)
世界ランキング 3位
国籍:韓国
生年月日:1995年7月7日(27歳)
身長:非公開
体重:非公開

① LPGA米国女子ツアー:14勝

② メジャー・トーナメント:2勝
 ・シェブロン選手権:1勝
 ・全米女子オ-プン:0勝
 ・全米女子プロゴルフ選手権:0勝
 ・エビアン・チャンピオンシップ:1勝
 ・全英女子オープン:0勝

③ LPGA米国女子ツアー賞金女王:1回(2019)

LPGA韓国ツアーで通算10勝、2015年には「全英女子オープン」で2位に入る活躍を見せ、非会員ながら2017年「LPGA KEB Hana Bank Championship」でLPGAツアー初勝利を飾り、これを機に、2018年シーズンから世界最高峰の舞台であるLPGAツアーに参戦、6年目のシーズンを迎えます。

ツアー・ルーキーとして臨んだ2018年シーズンのデビュー戦「ISPS Handa Women’s Aus Open」でいきなり優勝を飾ると、25試合で優勝1回を含むトップ10入り13回、トップ25入り18回、予選落ち僅かに1回と抜群の成績を記録し「Lousie Suggs Rolex Rookie of the Year」を受賞しました。

その後も「Rolex Player of the Year」2回(2019、2021)賞金女王2回(2019-2020)「Rolex ANNIKA Major Award」と「Vare Trophy」を1回ずつ受賞するなど、2022年シーズン3月27日時点でメジャー・トーナメント2勝(2019年)を含むLPGAツアー通算13勝という抜群の成績を残し、一気に世界のトップへと駆け上がりました。

あらゆる状況の変化にも柔軟に対応可能なショットのクオリティの高さとコース・マネジメント能力、冷静な判断が可能な強いメンタルを持っていて、総合的に高いレベルのプレーヤーと言えるでしょう。

2022年シーズンは、中盤から終盤にかけて負傷の影響を受けたことにより、平均飛距離125位(249.28y)フェアウェイキープ率25位(79.71%)パーオン率40位(71.52%)平均パット47位(29.78)1ラウンドあたりの平均スコア32位(70.67)と数値的には物足りなさが残り、16試合に出場し、優勝1回を含むトップ10入り5回、予選落ち3回、賞金ランキング17位($1,260,471)CMEポイントランキングは19位(1,477)世界ランキングは5位で終えています。

2023年シーズンは、5試合に出場し、優勝1回を含むトップ10入り4回と最高のスタートを切っています。

初開催となる今大会で使用されるコースとの相性を見ると、2位タイを含むトップ5入り3回と素晴らしい成績を残しています。

アタヤ・ティティクル(Atthaya Thitikul)
世界ランキング 5位
国籍:タイ
生年月日:2003年2月20日(20歳)
身長:非公開
体重:非公開

① LPGA米国女子ツアー:2勝

② メジャー・トーナメント:0勝
 ・シェブロン選手権:0勝
 ・全米女子オ-プン:0勝
 ・全米女子プロゴルフ選手権:0勝
 ・エビアン・チャンピオンシップ:0勝
 ・全英女子オープン:0勝

③ LPGA米国女子ツアー賞金女王:0回

2017年7月にタイで行われたLET(レディース・ヨーロピアン・ツアー)「欧州女子タイ選手権」をアマチュアとして史上最年少の14歳4か月19日で制し、アマチュア時代のリディア・コが保持していた最年少記録を更新、世界アマチュア・ランキング1位を獲得し、若くして才能を開花させると「世界ジュニア女子選手権」で連覇達成(2018-2019)、2018年に初開催となった「アジア・パシフィック女子アマチュア選手権」で優勝。更に2018年に行われた「ANAインスピレーション」と「全英リコー女子オープン」でローアマチュアに輝くなど、アマチュア時代から脚光を浴びています。

2020年にプロ転向、同年のタイLPGAツアーで5勝を飾り、賞金女王を獲得すると、2021年にはLET(レディース・ヨーロピアン・ツアー)で2勝を飾り、「Race to Costa Del Sol」を獲得、「Rookie of the Year」と「Player of the Year」を受賞しました。

また、非会員で出場した2021年5月に行われたLPGAツアー「Honda LPGA Thailand」では、終盤まで優勝争いを演じ2位、メジャー・トーナメント「The Amundi Evian Championship」では5位、「ISPS Handa World Invitational」では4位、翌週の「Trust Golf Women’s Scottish Open」では2位タイと素晴らしい成績を残しています。

LPGA最終予選会(Qシリーズ)を3位で通過し、2022年シーズンから世界最高峰の舞台であるLPGAツアーに参戦、2年目のシーズンを迎えます。

ツアー・ルーキーとして臨んだ2022年シーズンには、5戦目の「JTBC Classic presented by Barbasol」でいきなり優勝を飾ると「Walmart NW Arkansas Championship presented by P&G」でツアー2勝目、優勝2回を含むトップ10入り17回と抜群の成績を残し「Lousie Suggs Rolex Rookie of the Year」を受賞しました。

体格は決して大きくないが、キャリーで平均飛距離270.0yを超えるショットを武器にパーオン率も高く、パッテイングの出来次第で上位で戦えると言った状況を常に作ることができるプレーヤーです。

2022年シーズンは、平均飛距離18位(269.01y)フェアウェイキープ率80位(73.89%)パーオン率10位(74.94%)Putts per GIR 17位(1.77)平均パット32位(29.61)と安定感抜群のプレーで1ラウンドあたりの平均スコア3位(69.46)と高いスコアリング・アベレージを誇り、優勝2回を含むトップ10入り17回、賞金ランキング5位($2,193,642)CMEポイントランキングは2位(2,760)世界ランキングは3位で終えています。

2023年シーズンは、5試合に出場し、3位1回を含むトップ10入り4回と好スタートを切っています。

初開催となる今大会で使用されるコースとの相性を見ると、48位タイが最高成績となっています。

畑岡 奈紗(Nasa Hataoka)
世界ランキング 13位
国籍:日本
生年月日:1999年1月13日(24歳)
身長:157.5cm
体重:非公開

① LPGA米国女子ツアー:6勝

② メジャー・トーナメント:0勝
 ・シェブロン選手権:0勝
 ・全米女子オ-プン:0勝
 ・全米女子プロゴルフ選手権:0勝
 ・エビアン・チャンピオンシップ:0勝
 ・全英女子オープン:0勝

③ LPGA米国女子ツアー賞金女王:0回

2015年と2016年のIMGアカデミー・世界ジュニア選手権で日本人初の2連覇を達成し、2016年の日本女子オープンで優勝、JLPGAのメジャー選手権で史上初のアマチュアで最年少18歳のチャンピオンに輝くなど、アマチュア時代から活躍し、2017年シーズンから世界最高峰の舞台であるLPGAツアーに参戦、7年目のシーズンを迎えます。

LPGAツアー2年目となる2018年シーズンの「Walmart NW Arkansas Championship presented by P&G」でトーナメント・レコードの通算21アンダーでツアー初優勝を飾ると、年間2勝をあげる活躍を見せ、獲得賞金も100万ドルを超えました。

その後、2019年シーズンには、「Kia Classic」でツアー3勝目、2021年シーズンも2勝を飾り、LPGAツアー通算5勝をあげるものの、2018年の「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」と2021年の「全米女子オープン」でともにプレーオフで敗れるなど、メジャータイトルには、惜しくも手が届いていません。

ショットの前に小刻みにジャンプする独特のルーティンを持ち、ショートゲームとパッティングのクオリティの高さが持ち味です。一方でショットには課題が残っています。

2022年シーズンは、平均飛距離33位(265.24y)パーオン率28位(72.63%)平均パット12位(29.27)とショット・パッティング共にまずまずの数値を記録、1ラウンドあたりの平均スコア14位(69.94)の優勝1回を含むトップ10入り7回、賞金ランキング13位($1,402,138)CMEポイントランキングは13位(1,787)世界ランキング10位でシーズンを終えています。

2023年シーズンは、6試合に出場し、トップ10入り2回とまずまずの滑り出しを切っています。

初開催となる今大会で使用されるコースとの相性を見ると、優勝を飾っています。

古江 彩佳(Ayaka Furue)
世界ランキング 19位
国籍:日本
生年月日:2000年5月27日(22歳)
身長:非公開
体重:非公開

① LPGA米国女子ツアー:1勝

② メジャー・トーナメント:0勝
 ・シェブロン選手権:0勝
 ・全米女子オ-プン:0勝
 ・全米女子プロゴルフ選手権:0勝
 ・エビアン・チャンピオンシップ:0勝
 ・全英女子オープン:0勝

③ LPGA米国女子ツアー賞金女王:0回

ナショナル・チームで腕を磨き、2019年の富士通レディースで優勝、JLPGAツアー史上7人目のアマチュア・チャンピオンに輝くなど、アマチュア時代から活躍し、プロ転向後も2019年1回、2020年3回、2021年3回とJLPGAツアーで7勝を挙げ、統合された2020-2021シーズンには「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」に輝く活躍を見せ、2022年シーズンから世界最高峰の舞台であるLPGAツアーに参戦し、2年目のシーズンを迎えます。

初出場となった2020年シーズンの「全米女子オープン」では予選落ちを喫したが、2021年シーズンに行われた2つのメジャー・トーナメント「AIG全英女子オープン」と「アムンディ・エビアンチャンピオンシップ」では、それぞれ20位タイとキャリア最高の4位に入っています。

その後、ルーキー・イヤーとなった2022年シーズンにLPGAツアー1勝を飾る活躍を見せています。

フェアウェイを外さない正確なティーショットと安定感のあるショートアイアン、そして最大の持ち味は、パッティングのクオリティの高さと言えるでしょう。

2022年シーズンは、平均飛距離129位(248.65y)フェアウェイキープ率8位(84.04%)パーオン率34位(72.40%)Putts per GIRが26位(1.78)Putting Averageが29位(29.57)と持ち味を活かした数値でSCORING AVERAGEは21位(70.34)を記録、優勝1回を含むトップ10入り4回、賞金ランキングは29位($957,831)CMEポイントランキングは17位(1,568)でした。

2023年シーズンは、7試合に出場し、3位2回を含むトップ10入り2回と調子を上げています。

初開催となる今大会で使用されるコースとの相性を見ると、43位タイが最高となっています。

笹生 優花(Yuka Saso)
世界ランキング 35位
国籍:日本
生年月日:2001年6月20日(21歳)
身長:166.0cm
体重:非公開

① LPGA米国女子ツアー:1勝

② メジャー・トーナメント:1勝
 ・シェブロン選手権:0勝
 ・全米女子オ-プン:1勝
 ・全米女子プロゴルフ選手権:0勝
 ・エビアン・チャンピオンシップ:0勝
 ・全英女子オープン:0勝

③ LPGA米国女子ツアー賞金女王:0回

2018年のアジアン・ゲームズ(アジア大会)にフィリピン代表の一員として出場し、ゴールド・メダルを獲得。翌年の2019年には、オーガスタ・ナショナル女子アマチュア・ゴルフ選手権で3位タイに入り、ガールズ・ジュニアPGAチャンピオンシップでは優勝を飾るなど、アマチュア時代から活躍し、プロ転向後の2020年には、JLPGAツアーで2勝を挙げる活躍を見せています。

その後、キム・アリム(2020年 全米女子オープン)、ソフィア・ポポフ(2020年 AIG全英女子オープン)、渋野日向子(2019年 AIG全英女子オープン)に続き、3年ぶりに非会員として、2021年の「全米女子オープン」でメジャー・トーナメント優勝という快挙を達成、LPGAツアー初勝利を飾り、これを機に、2021年シーズン途中から世界最高峰の舞台であるLPGAツアーに参戦、3年目のシーズンを迎えます。

LPGAツアーに本格参戦してからは、4回のトップ10フィニッシュを飾るなど、安定した成績を残しています。

身長は決して大きくないが、平均飛距離270ヤードを超える力強いティーショットと深いラフからでも方向性を出せる正確なアイアンショット、ショートゲームの多彩さなど高いレベルのゴルフを見せています。

2022年シーズンは、平均飛距離3位(275.61y)ながら、フェアウェイキープ率132位(67.80%)パーオン率86位(68.58%)平均パット13位(29.28)とショットに苦労し、SCORING AVERAGEも34位(70.73)優勝はなく、トップ10入り4回、賞金ランキングは36位($773,294)CMEポイントランキングは28位(1,182)でした。

2023年シーズンは、6試合に出場し、トップ10入り2回と上々の滑り出しを切ったものの、直近の2試合で連続予選落ちと結果が出ていません。

初開催となる今大会で使用されるコースとの相性を見ると、17位タイが最高となっています。

渋野 日向子(Hinako Shibuno)
世界ランキング 40位
国籍:日本
生年月日:1998年11月15日(24歳)
身長:167.0cm
体重:62.0kg

① LPGA米国女子ツアー:1勝

② メジャー・トーナメント:1勝
 ・シェブロン選手権:0勝
 ・全米女子オ-プン:0勝
 ・全米女子プロゴルフ選手権:0勝
 ・エビアン・チャンピオンシップ:0勝
 ・全英女子オープン:1勝

③ LPGA米国女子ツアー賞金女王:0回

2018年にプロ転向、翌年(2019年)には、LPGA日本ツアーで「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」に輝き、2021年シーズンを終えてLPGA日本ツアーで6勝を挙げる活躍を見せ、2022年シーズンから世界最高峰の舞台であるLPGAツアーに参戦し、2年目のシーズンを迎えます。

ハイライトとなったのは、2019年の「AIG Women’s British Open」で海外メジャー・トーナメント初優勝。これは1977年の「KPMG Women’s PGA Championship」で優勝した樋口久子に次いで日本人2人目の快挙であり、2014年の「Amundi Evian Championship」で優勝したキム・ヒョージュに次いで、この10年でメジャー・デビューで優勝した2人目のプレーヤーです。

直後にLPGAツアーメンバーには加わらず、その後はスポット参戦を繰り返しながら、2021年12月に行われたLPGA最終予選会(Qシリーズ)を20位で通過し、2022年シーズンのLPGAツアー・メンバーシップを獲得しました。

ルーキー・イヤーとなった2022年シーズンは、2位1回と3位1回を含むトップ10入り5回がありながらも予選落ちが9回と苦労したシーズンでもありました。

トップの位置が低いコンパクトなテイクバックから安定感のあるショットと強気なパッティングが持ち味と言えるでしょう。

2022年シーズンは、平均飛距離76位(257.65y)フェアウェイキープ率41位(77.26%)パーオン率71位(69.37%)Putts per GIRが88位(1.82)Putting Averageが77位(30.00)と数値は低く、SCORING AVERAGEも72位(71.37)のトップ10入り5回、賞金ランキングは27位($1,011,830)CMEポイントランキングは36位(998)でした。

2023年シーズンは、6試合に出場し、トップ10入り1回という成績を残しています。

初開催となる今大会で使用されるコースとの相性を見ると、63位タイが最高となっています。


最新の世界ランキングはこちらをご覧ください!

 

JMイーグル・LA選手権のテレビ放送

【BS放送】WOWOWが全ラウンド生中継放送!!
【動画配信】WOWOWオンデマンドで全ラウンドLIVE配信!!

【BS放送】WOWOW 

全ラウンド生中継!!  ※日本時間

WOWOWプライム:191ch
WOWOWライブ:192ch
:生中継

4月28日() 第1日

 07:30~10:45
 WOWOWライブ  

4月29日(土) 第2日

 07:30~10:45
 WOWOWライブ  

4月30日(日) 第3日

 07:00~10:30
 WOWOWライブ 

5月1日(月) 第4日 (最終日)

 07:00~11:00
 WOWOWライブ  

 

【動画配信】WOWOWオンデマンド 

WOWOWオンデマンド:ライブ配信

・4月28日(金) 07:30~ 同時配信
・4月28日(金) 04:55~ 専用カメラ(渋野日向子、畑岡奈紗)

・4月29日(土) 07:30~ 同時配信
・4月28日(金) 23:55~ 専用カメラ(渋野日向子、畑岡奈紗、西村優菜)

・4月30日(日) 07:00~ 同時配信
・4月30日(日) 02:30~ 専用カメラ(渋野日向子、古江彩佳)

・5月1日(月) 07:00~ 同時配信
・5月1日(月) 03:55~ 専用カメラ(渋野日向子、畑岡奈紗)

※日本人選手の専用カメラによる配信、見逃し配信についてはWOWOW公式サイトをご覧ください。

 

JMイーグル・LA選手権 試合結果

コース Yardage Par
ウィルシャー・カントリークラブ
(Wilshire Country Club)
6,447 71
 

最終日(決勝ラウンド)

最終日
天候:晴れ
注目の組み合わせ ※()内は日本時間
1番ホールスタート
 09:00(01:00)
 勝みなみ/C.ボーエ
 09:20(01:20)
 N.ウォンタウィラップ/P.タヴァタナキット
 10:00(02:00)
 チェラ・チョイ/西村優菜
 12:00(04:00)
 渋野日向子/キム・ヒョージュ
 12:30(04:30)
 J.ブンチャン/古江彩佳
 13:00(05:00)
 N.コルダ/A.ティティクル
 13:10(05:10)
 畑岡奈紗/I.ラクラレック
 14:00(06:00)
 H.グリーン/G.ドライバーグ
 14:10(06:10)
 C.ナイト/ユ・ヘラン

※時差:日本は16時間(サマータイム)進んでいます
・スタートは現地時間(()内は日本時間)を記載しています。
・現地時間4月30日(日)の08:45だと日本時間5月1日(月)の00:45、現地時間4月30日(日)の14:10だと日本時間5月1日(月)の06:10になります。
・詳しくは公式ホームページでご確認下さい。
※全選手のスタート時間は下記をご覧ください
JMイーグル・LA選手権2023 組み合わせ4
最終日(トップ10と日本人選手)
優勝 ハナ・グリーン -9 69
T2 リン・シユ -9 67
  アディティ・アショク -9 67
T4 古江 彩佳 -8 65
  イン・ルオニン -8 67
T6 ネリー・コルダ -7 67
  ユ・ヘラン -7 71
  シャイアン・ナイト -7 73
T9 ジャラビー・ブンチャン -6 67
  アリソン・リー -6 69
T11 畑岡 奈紗 -5 69
T17 西村 優菜 -3 67
T33 渋野 日向子 E 72
T53 勝 みなみ +2 69
順位 選手名 通算 R1 R2 R3 R4
1 H.グリーン -9 68 69 69 69
T2 リン・シユ -9 68 74 66 67
T2 A.アショク -9 66 70 72 67
T4 古江 彩佳 -8 69 70 72 65
T4 イン・ルオニン -8 68 73 68 67
T6 N.コルダ -7 69 71 70 67
T6 ユ・ヘラン -7 67 72 67 71
T6 C.ナイト -7 68 69 67 73
T9 J.ブンチャン -6 69 72 70 67
T9 Ali.リー -6 67 71 71 69
T11 チェラ・チョイ -5 69 71 74 65
T11 畑岡 奈紗 -5 70 71 69 69
T13 S.ルイス -4 72 71 70 67
T13 アン・ナリン -4 71 70 68 71
T13 S.ケンプ -4 70 68 71 71
T13 G.ドライバーグ -4 65 76 66 73
T17 M.サグストロム -3 73 69 73 66
T17 チェ・ヘジン -3 69 74 71 67
T17 Gin.キム -3 71 70 73 67
T17 西村 優奈 -3 68 71 75 67
T17 キム・ヒョージュ -3 70 70 72 69
T17 C.ハル -3 72 70 69 70
T17 P.デラクール -3 69 72 70 70
T24 N.ウォンタウィラップ -2 72 69 75 66
T24 L.ウィーバー -2 72 71 67 72
T24 A.ユーイング -2 71 71 67 73
T27 P.ヨクトゥアン -1 69 73 72 69
T27 ホウ・ユーサン -1 69 74 69 71
T27 E.タリー -1 70 72 70 71
T27 C.イングリス -1 66 74 72 71
T27 R.オトゥール -1 68 75 68 72
T27 L.コフリン -1 70 71 70 72
T33 Luc.リー E 71 71 75 67
T33 A.ブハイ E 76 67 73 68
T33 エイミー・ヤン E 67 73 76 68
T33 J.チャン E 70 73 72 69
T33 リウ・ユ E 74 67 74 69
T33 キム・インキョン E 73 69 71 71
T33 W.ミーチャイ E 71 71 71 71
T33 ミン・リー E 71 69 73 71
T33 渋野 日向子 E 70 72 70 72
T33 A.ティティクル E 70 73 68 73
T33 I.ラクラレック E 70 70 70 74
T44 コ・ジンヨン +1 72 68 75 70
T44 A.イン +1 74 69 71 71
T44 G.ホール +1 72 71 71 71
T44 L.サラス +1 70 73 71 71
T44 A.ムニョス +1 71 72 70 72
T44 ジ・ウンヒ +1 71 72 70 72
T44 ミンジー・リー +1 65 76 72 72
T44 B.リンシコム +1 72 68 73 72
T44 L.ストローム +1 68 70 74 73
T53 勝 みなみ +2 70 73 74 69
T53 M.スターク +2 71 71 72 72
T53 S.キリアコウ +2 71 72 69 74
T53 P.リンドベリ +2 67 70 74 75
T57 P.パットラム +3 74 69 77 67
T57 L.ハートレッジ +3 74 69 71 73
T57 M.アレックス +3 71 72 71 73
T57 D.カン +3 66 77 71 73
T61 L.ヨハンソン +4 64 75 77 72
T61 ジャン・ヒョジュン +4 76 67 72 73
T61 D.ダルケア +4 72 71 71 74
64 P.タヴァタナキット +5 70 70 76 73
65 M.Aルブラン +7 72 71 71 77
T66 A.エムリー +9 68 75 78 72
T66 C.ボーエ +9 69 74 74 76

15時00分時点での天候は晴れ、気温19.0℃、湿度64%、風速2.2m/s(南南西)というコース・コンディションの中、67名による決勝ラウンド最終日が行われた。

最終18番Par3まで縺れた展開となった最終日、3名によるプレーオフでの優勝争いを制したのは、メジャー覇者で2019年「Cambia Portland Classic」以来、約3年8か月ぶりのLPGAツアー3勝目を目指したハナ・グリーン。

トップと2打差の2位タイからスタートしたハナ・グリーンは、出だしから14ホール連続パーとスコアを伸ばせない展開が続く中、15番Par5でミドルパットを決めて、この日最初のバーディを奪うと、最終18番Par3で距離のあるパットを決めたバーディでトップに追いつきホールアウト。フェアウェイキープ率100.00% (14/14)、パーオン率83.33% (15/18)、平均パット(32
)のボギーフリーとなる2バーディ(69)でラウンド、スコアを2つ伸ばし、通算9アンダーでフィニッシュ、3名によるプレーオフに進んだ。

18番Par3で行われたプレーオフ1ホール目、確実にバーディパットを決めたハナ・グリーンとリン・シユに対して、バーディパットがカップに蹴られたアディティ・アショクが脱落、同じく18番Par3で行われたプレーオフ2ホール目、バンカーからの2打目をよせきれずパーパットを外したリン・シユに対して、1オン2パットのパーで終えたハナ・グリーンが、LPGAツアー3勝目を飾った。

トップと4打差の5位タイからスタートしたリン・シユは、出だしの6ホールをパーで通過し、迎えた7番Par3と2打目をピンそばにつけた8番Par4で連続バーディを奪うと、3打目のアプローチを確実によせた15番Par5でのバーディ直後の16番Par4でボギーを叩いたものの、17番Par4と最終18番Par3でともに2打目とティーショットをピンそばにつけ連続バーディでフィニッシュするなど、フェアウェイキープ率71.43% (10/14)、パーオン率83.33% (15/18)、平均パット(29)の5バーディ、2ボギー(68)とスコアを3つ伸ばし、通算9アンダー・クラブハウスリーダー・タイとして後続を待つ展開の中、3名によるプレーオフに挑んだものの、初優勝には届かなかった。

リン・シユと同じく5位タイからスタートしたアディティ・アショクは、2番Par5でバーディを先行させると、5番Par4とミドルパットを決めた7番Par3でもバーディ。その後の7ホールをパーで通過し、迎えた15番Par5で2オン2パットのバーディを奪うと、17番Par4でショートサイドからのアプローチをよせきれずボギーを叩いたものの、最終18番Par3でティーショットをピンそばにつけバーディでホールアウト。フェアウェイキープ率85.71% (12/14)、パーオン率72.22% (13/18)、平均パット(28)の5バーディ、1ボギー(67)とスコアを4つ伸ばし、通算9アンダー・クラブハウスリーダー・タイとして後続を待つ展開の中、3名によるプレーオフに挑んだものの、初優勝には届かなかった。

日本人選手の結果

古江 彩佳

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 3 4 4 3 3 4 3 4 4 32 4 4 3 6 3 5 3 3 2 33 65

フェアウェイキープ率92.86% (13/14)、パーオン率83.33% (15/18)、パット数(27)
・出だしから連続バーディの好スタートを切ると、折り返した13番でボギーを叩いた直後の14番でバウンスバックに成功。更に上り3ホールを3連続バーディで終えるなど、スコアを6つ伸ばし、4位タイでトーナメントを終えた。

畑岡 奈紗

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 4 5 4 3 4 3 3 4 5 35 3 5 3 4 4 5 3 4 3 34 69

フェアウェイキープ率85.71% (12/14)、パーオン率66.67% (12/18)、パット数(28)
序盤からスコアを伸ばせない展開が続く中、13番と16番でスコアを伸ばすことに成功し、通算5アンダー・11位タイでトーナメントを終えた。

西村 優菜

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 3 5 4 3 3 4 2 4 3 31 4 3 3 5 3 5 5 5 3 36 67

フェアウェイキープ率100.00% (14/14)、パーオン率83.33% (15/18)、パット数(29)
出だしの1番からバーディ先行のスタートを切ると、14番までは順調にスコアを伸ばす展開となる中、16番と17番でともにグリーン外から3パットの連続ボギーを叩いたものの、スコアを3つ伸ばし、通算3アンダー・17位タイでトーナメントを終えた。

渋野 日向子

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 4 5 4 4 4 4 2 3 4 34 4 6 3 6 3 6 3 4 3 38 72

フェアウェイキープ率78.57% (11/14)、パーオン率61.11% (11/18)、パット数(28)
4番でボギーが先行しながら、7番と8番の連続バーディで盛り返したものの、ショットが乱れた11番でダブルボギーを叩くと、その後はボギーの後バーディという展開を繰り返すなど、スコアを伸ばせず、トータルでもスコアを1つ落とし、通算イーブンパー・33位タイでトーナメントを終えた。

勝 みなみ

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 3 5 4 3 3 4 2 4 5 33 4 5 4 5 3 4 4 4 3 36 69

フェアウェイキープ率85.71% (12/14)、パーオン率61.11% (11/18)、パット数(28)
出だしの1番からバーディと好スタートを切り、順調にスコアを伸ばす中、中盤でスコアを落とし、終盤盛り返すなど、スコアを2つ伸ばし、通算2オーバー・53位タイでトーナメントを終えた。

:エース
:イーグル
:バーディ
黒:パー
:ボギー
:ダブルボギー以上

戻る↑

3日目(決勝ラウンド)

3日目
天候:晴れ
注目の組み合わせ ※()内は日本時間
1番ホールスタート
 09:15(01:15)
 M.アレックス/勝みなみ
 10:35(02:35)
 渋野日向子/P.ヨクタン
 11:45(03:45)
 畑岡奈紗/P.デラクール
 12:05(04:05)
 N.ウォンタウィラップ/Gin.キム
 12:25(04:25)
 N.コルダ/エイミー・ヤン
 12:55(04:55)
 コ・ジンヨン/ミン・リー
 13:15(05:15)
 西村優菜/ユ・ヘラン
 13:25(05:25)
 Ali.リー/古江彩佳

※時差:日本は16時間(サマータイム)進んでいます
・スタートは現地時間(()内は日本時間)を記載しています。
・現地時間4月29日(土)の08:30だと日本時間4月30日(日)の00:30、現地時間4月29日(土)の13:55だと日本時間4月30日(日)の05:55になります。
・詳しくは公式ホームページでご確認下さい。
※全選手のスタート時間は下記をご覧ください
JMイーグル・LA選手権2023 組み合わせ3
3日目(トップ10と日本人選手)
首位 シャイアン・ナイト -9 67
T2 ユ・ヘラン -7 67
  ハナ・グリーン -7 69
4 ジェンマ・ドライバーグ -6 66
T5 リン・シユ -5 66
  アディティ・アショク -5 72
T7 アリー・ユーイング -4 67
  アン・ナリン -4 68
  イン・ルオニン -4 68
  サラ・ケンプ -4 71
  アリソン・リー -4 71
T12 畑岡 奈紗 -3 69
T16 古江 彩佳 -2 72
T24 渋野 日向子 -1 70
T39 西村 優菜 +1 75
T63 勝 みなみ +4 74
順位 選手名 通算 R1 R2 R3 R4
1 C.ナイト -9 68 69 67 0
T2 ユ・ヘラン -7 67 72 67 0
T2 H.グリーン -7 68 69 69 0
4 G.ドライバーグ -6 65 76 66 0
T5 リン・シユ -5 68 74 66 0
T5 A.アショク -5 66 70 72 0
T7 A.ユーイング -4 71 71 67 0
T7 アン・ナリン -4 71 70 68 0
T7 イン・ルオニン -4 68 73 68 0
T7 S.ケンプ -4 70 68 71 0
T7 Ali.リー -4 67 71 71 0
T12 L.ウィーバー -3 72 71 67 0
T12 畑岡 奈紗 -3 70 71 69 0
T12 I.ラクラレック -3 70 70 70 0
T12 N.コルダ -3 69 71 70 0
T16 A.ティティクル -2 70 73 68 0
T16 R.オトゥール -2 68 75 68 0
T16 C.ハル -2 72 70 69 0
T16 L.コフリン -2 70 71 70 0
T16 P.デラクール -2 69 72 70 0
T16 J.ブンチャン -2 69 72 70 0
T16 古江 彩佳 -2 69 70 72 0
T16 P.リンドベリ -2 67 70 74 0
T24 S.キリアコウ -1 71 72 69 0
T24 ホウ・ユーサン -1 69 74 69 0
T24 E.タリー -1 70 72 70 0
T24 渋野 日向子 -1 70 72 70 0
T24 キム・ヒョージュ -1 70 70 72 0
T24 C.イングリス -1 66 74 72 0
T24 L.ストローム -1 68 70 74 0
T31 S.ルイス E 72 71 70 0
T31 ジ・ウンヒ E 71 72 70 0
T31 A.ムニョス E 71 72 70 0
T31 キム・インキョン E 73 69 71 0
T31 W.ミーチャイ E 71 71 71 0
T31 ミンジー・リー E 65 76 72 0
T31 B.リンシコム E 72 68 73 0
T31 ミン・リー E 71 69 73 0
T39 L.ハートレッジ +1 74 69 71 0
T39 A.イン +1 74 69 71 0
T39 M.Aルブラン +1 72 71 71 0
T39 G.ホール +1 72 71 71 0
T39 D.ダルケア +1 72 71 71 0
T39 M.アレックス +1 71 72 71 0
T39 L.サラス +1 70 73 71 0
T39 チェ・ヘジン +1 69 74 71 0
T39 D.カン +1 66 77 71 0
T39 M.スターク +1 71 71 72 0
T39 P.ヨクトゥアン +1 69 73 72 0
T39 Gin.キム +1 71 70 73 0
T39 チェラ・チョイ +1 69 71 74 0
T39 西村 優奈 +1 68 71 75 0
T53 ジャン・ヒョジュン +2 76 67 72 0
T53 J.チャン +2 70 73 72 0
T53 M.サグストロム +2 73 69 73 0
T53 リウ・ユ +2 74 67 74 0
T53 コ・ジンヨン +2 72 68 75 0
T58 A.ブハイ +3 76 67 73 0
T58 N.ウォンタウィラップ +3 72 69 75 0
T58 P.タヴァタナキット +3 70 70 76 0
T58 エイミー・ヤン +3 67 73 76 0
T58 L.ヨハンソン +3 64 75 77 0
T63 勝 みなみ +4 70 73 74 0
T63 C.ボーエ +4 69 74 74 0
T63 Luc.リー +4 71 71 75 0
66 P.パットラム +7 74 69 77 0
67 A.エムリー +8 68 75 78 0

15時00分時点での天候は晴れ、気温22.0℃、湿度56%、風速2.7m/s(南西)というコース・コンディションの中、67名による決勝ラウンド3日目が行われた。

決勝ラウンド3日目を終えて単独トップに立ったのは、2019年「Volunteers of America Classic」以来、約3年7か月ぶりとなるLPGAツアー2勝目を目指すシャイアン・ナイト。

トップと1打差の2位タイからスタートしたシャイアン・ナイトは、出だしからパープレーを続ける中、迎えた9番Par4で2打目をピンそばにつけバーディを奪うと、折り返した13番Par5では距離のある下りの大きく右に曲がるラインを読み切りイーグル。更に17番Par4でも2打目をピン手前につけバーディを奪うなど、フェアウェイキープ率100.00% (14/14)、パーオン率72.22% (13/18)、平均パット(28)と安定したプレーを見せ、ボギーフリーとなる1イーグル、2バーディ(67)でラウンド、通算9アンダー・単独トップで3日目を終えた。

トップと2打差の2位タイには、ツアールーキーでLPGAツアー初優勝を目指すユ・ヘランと今季ここまで結果を残せていないPGAツアー3勝目を目指すハナ・グリーンの2名が、通算7アンダーで続いた。

トップと5打差のトップ10には、LPGAツアー初優勝を目指す選手が数多くおり、最終日も終盤まで縺れる展開が予想されます。

日本人選手の結果

畑岡 奈紗

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 5 5 4 3 4 4 3 4 4 36 3 4 3 4 4 4 4 3 4 33 69

フェアウェイキープ率85.71% (12/14)、パーオン率88.89% (16/18)、パット数(32)
出だしの1番でボギーが先行したものの、その後は粘りのプレーを続ける中、折り返した10番でスコアをスタート時に戻すと、13番と15番のPar5でバーディ。17番でバーディを奪った直後の最終18番で3パットのボギーを叩いたものの、スコアを2つ伸ばして3日目を終えた。

古江 彩佳

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 4 5 4 3 3 5 2 3 5 34 5 4 3 4 4 5 5 4 4 38 72

フェアウェイキープ率92.86% (13/14)、パーオン率55.56% (10/18)、パット数(29)
5番と7番、8番で持ち味のパッティングを活かし、バーディを奪った一方で、6番と9番では3パットのボギーを叩くなど、バタついた展開となった前半に加え、後半も10番と最終18番でアプローチをよせきれずボギーを叩くなど、スコアを1つ落として3日目を終えた。

渋野 日向子

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 4 5 4 3 3 4 3 5 5 36 3 4 2 5 4 5 3 4 4 34 70

フェアウェイキープ率85.71% (12/14)、パーオン率77.78% (14/18)、パット数(30)
5番でバーディを先行させたものの、ショットが乱れた8番とバンカーからよせきれなかった9番で連続ボギー。その後、3つのバーディを奪うなど、スコアを1つ伸ばして3日目を終えた。

西村 優菜

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 4 5 4 5 4 5 3 5 4 39 4 5 3 5 4 4 4 4 3 36 75

フェアウェイキープ率85.71% (12/14)、パーオン率50.00% (9/18)、パット数(30)
4番でティーショットを左サイドの池に打ち込むミスからダブルボギーを叩くと、6番と8番、折り返した11番でボギーを叩くなど、序盤からスコアを落とす展開を強いられたものの、3打目をピンそばにつけた15番でバーディを奪い、何とかスコアを4つ落とすに留めて3日目を終えた。

勝 みなみ

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 4 5 4 3 4 4 4 4 4 36 5 6 4 4 3 5 4 4 3 38 74

フェアウェイキープ率78.57% (11/14)、パーオン率50.00% (9/18)、パット数(30)
7番でボギーが先行すると、折り返した10番からの3ホールでスコアを4つ落とす展開の中、13番と14番で連続バーディを奪ったものの、スコアを3つ落として3日目を終えた。

:エース
:イーグル
:バーディ
黒:パー
:ボギー
:ダブルボギー以上

戻る↑

2日目(予選ラウンド)

2日目
天候:晴れ
注目の組み合わせ ※()内は日本時間
1番ホールスタート
 07:15(23:15)
 西村優菜/イン・シャオウェン/P.ヨクタン
 07:59(23:59)
 渋野日向子/エイミー・ヤン/A.ブハイ
 08:10(00:10)
 笹生優花/M.ジュタヌガーン/ユ・ソヨン
 12:26(04:26)
 A.ドハーティ/勝みなみ/C.ボーゲ
 12:59(04:59)
 チェ・ヘジン/Gra.キム/P.クリーマー
 13:10(05:10)
 G.ロペス/古江彩佳/A.コープス
 13:21(05:21)
 A.ジュタヌガーン/A.ティティクル/L.ヴ
 13:32(05:32)
 B.M.ヘンダーソン/D.カン/ミンジー・リー

10番ホールスタート
 07:37(23:37)
 N.ウォンタウィラップ/L.ウェーバー・ライト/W.ミーチャイ
 07:59(23:59)
 And.リー/G.ホール/L.マグワイア
 08:10(00:10)
 A.ユーイング/コ・ジンヨン/J.E.シャドフ
 08:21(00:21)
 N.コルダ/C.ブティエ/畑岡奈紗
 13:32(05:32)
 M.スターク/N.K.マドセン/P.タヴァタナキット

※時差:日本は16時間(サマータイム)進んでいます
・スタートは現地時間(()内は日本時間)を記載しています。
・現地時間4月28日(金)の07:15だと日本時間4月28日(金)の23:15、現地時間4月28日(金)の14:16だと日本時間4月29日(土)の06:16になります。
・詳しくは公式ホームページでご確認下さい。
2日目(トップ10と日本人選手)
首位 アディティ・アショク -6 70
T2 シャイアン・ナイト -5 69
  ハナ・グリーン -5 69
  ペルニラ・リンドベリ -5 70
T5 サラ・ケンプ -4 68
  リネア・ストローム -4 70
  アリソン・リー -4 71
T8 古江 彩佳 -3 70
  西村 優菜 -3 71
  ユ・ヘラン -3 72
  リネア・ヨハンソン -3 75
T22 畑岡 奈紗 -1 71
T33 渋野 日向子 E 72
T44 勝 みなみ +1 73
T103 笹生 優花 +5 76
順位 選手名 通算 R1 R2 R3 R4
1 A.アショク -6 66 70 0 0
T2 C.ナイト -5 68 69 0 0
T2 H.グリーン -5 68 69 0 0
T2 P.リンドベリ -5 67 70 0 0
T5 S.ケンプ -4 70 68 0 0
T5 L.ストローム -4 68 70 0 0
T5 Ali.リー -4 67 71 0 0
T8 古江 彩佳 -3 69 70 0 0
T8 西村 優奈 -3 68 71 0 0
T8 ユ・ヘラン -3 67 72 0 0
T8 L.ヨハンソン -3 64 75 0 0
T12 コ・ジンヨン -2 72 68 0 0
T12 B.リンシコム -2 72 68 0 0
T12 ミン・リー -2 71 69 0 0
T12 P.タヴァタナキット -2 70 70 0 0
T12 キム・ヒョージュ -2 70 70 0 0
T12 I.ラクラレック -2 70 70 0 0
T12 チェラ・チョイ -2 69 71 0 0
T12 N.コルダ -2 69 71 0 0
T12 エイミー・ヤン -2 67 73 0 0
T12 C.イングリス -2 66 74 0 0
T22 リウ・ユ -1 74 67 0 0
T22 N.ウォンタウィラップ -1 72 69 0 0
T22 アン・ナリン -1 71 70 0 0
T22 Gin.キム -1 71 70 0 0
T22 畑岡 奈紗 -1 70 71 0 0
T22 L.コフリン -1 70 71 0 0
T22 J.ブンチャン -1 69 72 0 0
T22 P.デラクール -1 69 72 0 0
T22 イン・ルオニン -1 68 73 0 0
T22 ミンジー・リー -1 65 76 0 0
T22 G.ドライバーグ -1 65 76 0 0
T33 キム・インキョン E 73 69 0 0
T33 M.サグストロム E 73 69 0 0
T33 C.ハル E 72 70 0 0
T33 Luc.リー E 71 71 0 0
T33 M.スターク E 71 71 0 0
T33 A.ユーイング E 71 71 0 0
T33 W.ミーチャイ E 71 71 0 0
T33 E.タリー E 70 72 0 0
T33 渋野 日向子 E 70 72 0 0
T33 P.ヨクトゥアン E 69 73 0 0
T33 リン・シユ E 68 74 0 0
T44 ジャン・ヒョジュン +1 76 67 0 0
T44 A.ブハイ +1 76 67 0 0
T44 P.パットラム +1 74 69 0 0
T44 L.ハートレッジ +1 74 69 0 0
T44 A.イン +1 74 69 0 0
T44 M.Aルブラン +1 72 71 0 0
T44 D.ダルケア +1 72 71 0 0
T44 S.ルイス +1 72 71 0 0
T44 G.ホール +1 72 71 0 0
T44 L.ウィーバー +1 72 71 0 0
T44 ジ・ウンヒ +1 71 72 0 0
T44 A.ムニョス +1 71 72 0 0
T44 S.キリアコウ +1 71 72 0 0
T44 M.アレックス +1 71 72 0 0
T44 A.ティティクル +1 70 73 0 0
T44 勝 みなみ +1 70 73 0 0
T44 J.チャン +1 70 73 0 0
T44 L.サラス +1 70 73 0 0
T44 ホウ・ユーサン +1 69 74 0 0
T44 チェ・ヘジン +1 69 74 0 0
T44 C.ボーエ +1 69 74 0 0
T44 A.エムリー +1 68 75 0 0
T44 R.オトゥール +1 68 75 0 0
T44 D.カン +1 66 77 0 0
予選CUTライン:+1
T68 M.メトロー +2 77 67 0 0
T68 A.コープス +2 74 70 0 0
T68 G.ロペス +2 73 71 0 0
T68 F.キンハルト +2 73 71 0 0
T68 E.ヘンセライト +2 73 71 0 0
T68 リュー・ヤン +2 72 72 0 0
T68 A.ジュタヌガーン +2 71 73 0 0
T68 M.カストレン +2 71 73 0 0
T68 チェン・ペイユン +2 71 73 0 0
T68 J.E.シャドフ +2 71 73 0 0
T68 B.M.ヘンダーソン +2 70 74 0 0
T68 C.シガンダ +2 70 74 0 0
T68 M.ファッシ +2 70 74 0 0
T68 J.クプチョ +2 70 74 0 0
T68 L.ヴ +2 69 75 0 0
T83 J.ソング +3 75 70 0 0
T83 A.ドハーティ +3 75 70 0 0
T83 C.ブティエ +3 75 70 0 0
T83 J.コルダ +3 74 71 0 0
T83 M.ハリガエ +3 74 71 0 0
T83 S.シュメルツェル +3 74 71 0 0
T83 N.K.マドセン +3 73 72 0 0
T83 P.クリーマー +3 73 72 0 0
T83 B.ロー +3 73 72 0 0
T83 A.パノ +3 72 73 0 0
T83 ヘ・ムニ +3 71 74 0 0
T83 B.アルトマーレ +3 71 74 0 0
T83 D.ホルムクビスト +3 69 76 0 0
T83 J.スワンナプラ +3 69 76 0 0
T83 C.カー +3 67 78 0 0
T98 E.K.ペダーセン +4 72 74 0 0
T98 ユ・ソヨン +4 72 74 0 0
T98 And.リー +4 72 74 0 0
T98 ジェニー・シン +4 71 75 0 0
T98 カン・ヘジ +4 69 77 0 0
T103 イ・ミヒャン +5 75 72 0 0
T103 M.ウリベ +5 75 72 0 0
T103 J.グラナダ +5 75 72 0 0
T103 パク・クムカン +5 74 73 0 0
T103 M.カン +5 74 73 0 0
T103 S.ワグナー +5 74 73 0 0
T103 M.リード +5 72 75 0 0
T103 S.シューベルト +5 72 75 0 0
T103 Gra.キム +5 71 76 0 0
T103 笹生 優花 +5 71 76 0 0
T103 S.メドウ +5 70 77 0 0
T114 L.S.ガルメス +6 77 71 0 0
T114 イン・シャオウェン +6 76 72 0 0
T114 ウェイリン・スー +6 75 73 0 0
T114 D.フォール +6 75 73 0 0
T114 M.スティーン +6 74 74 0 0
T114 A.クラウター +6 72 76 0 0
T114 L.スティーブンソン +6 70 78 0 0
T121 K.タン +7 76 73 0 0
T121 P.レト +7 75 74 0 0
T121 リュウ・ルイシン +7 74 75 0 0
T121 R.レネル +7 74 75 0 0
T121 C.ワンナセン +7 73 76 0 0
T121 G.ゼン +7 73 76 0 0
T127 P.マック +8 78 72 0 0
T127 Y.ノー +8 74 76 0 0
T127 L.マグワイア +8 74 76 0 0
T127 M.シェリク +8 70 80 0 0
T131 リュー・シユン +9 78 73 0 0
T131 A.ヴァレンズエラ +9 77 74 0 0
T131 V.プラタ +9 76 75 0 0
T131 K.リーヒヤルヴィ +9 74 77 0 0
T135 E.スドウ +10 79 73 0 0
T135 I.ガブサ +10 74 78 0 0
T135 P.アナナルカルン +10 73 79 0 0
T138 M.ジュタヌガーン +11 79 74 0 0
T138 A.パーク +11 76 77 0 0
T140 パク・ソンヒョン +12 74 80 0 0
T140 P.R.ブシャール +12 72 82 0 0
T142 ヘザー・リン +18 78 82 0 0
T142 N.ガルビス +18 75 85 0 0
WD B.ターディ 0 85 0 0 0

予選CUTライン:+1
笹生優花、A.コープス、B.M.ヘンダーソン、J.クプチョ、L.ヴらが予選落ちとなりました。


15時00分時点での天候は晴れ、気温21.0℃、湿度55%、風速2.2m/s(南西)というコース・コンディションの中、143名(1名棄権)による予選ラウンド2日目が行われた。

予選ラウンド2日目を終えて単独トップに立ったのは、LPGAツアー初優勝を目指すインドの25歳アディティ・アショク。

連続バーディを奪った13番Par5と14番Par4、そして3打目がキャリーで直接カップに吸い込まれた15番Par5でイーグルと3ホールでスコアを4つ伸ばす好スタートを切ったアディティ・アショクだったが、アプローチをよせきれなかった17番Par4とティーショットのミスから3オン1パットとなった18番Par3で連続バーディを叩くと、ティーショットのミスから3オン1パットとなった4番Par3でボギー。続く5番で3打目のアプローチを直接決めたチップインと6番のPar4で連続バーディを奪ったものの、7番Par3と上りの9番Par4でボギーを叩くなど、フェアウェイキープ率100.00% (14/14)、パーオン率66.67% (12/18)、平均パット(27)の1イーグル、4バーディ、5ボギー(70)と序盤以降はスコアを落としたものの、通算6アンダー・単独トップで2日目を終えた。

トップと1打差の2位タイには、ここまで結果を残せていないPGAツアー3勝目を目指すハナ・グリーンと共にLPGAツアー2勝目を目指すシャイアン・ナイトとペルニラ・リンドベリの3名が、通算5アンダーで続いた。

トップと5打差の中に32名がひしめく大混戦となった2日目、古江彩佳と西村優菜が日本人選手最高位となる通算3アンダー・8位タイと好位置につける中、世界ランキング1位のネリー・コルダと同3位のコ・ジンヨン、キム・ヒョージュら実力者も通算2アンダー・12位タイと好位置をキープした。

日本人選手の結果

古江 彩佳

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 4 5 4 3 4 4 3 3 4 34 4 4 3 5 4 5 3 5 3 36 70

フェアウェイキープ率100.00% (14/14)、パーオン率77.78% (14/18)、パット数(31)
8番と16番で短めのバーディパットを確実にスコアに結び付け、グリーン手前からのパターでの3打目をよせきれずボギーとしたものの、スコアを1つ伸ばして2日目を終えた。

西村 優菜

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 4 5 3 3 4 5 3 4 5 36 4 4 2 4 4 5 5 3 4 35 71

フェアウェイキープ率92.86% (13/14)、パーオン率66.67% (12/18)、パット数(30)
前半スコアを1つ落とす展開の中、12番から連続バーディを奪い、終盤まで粘りを見せたプレーで3アンダーをキープして2日目を終えた。

畑岡 奈紗

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 4 5 4 3 4 4 3 5 3 35 4 3 3 5 6 5 3 4 3 36 71

フェアウェイキープ率85.71% (12/14)、パーオン率66.67% (12/18)、パット数(29)
14番でティーショットをバンカーに入れるなど4オン2パットのダブルボギーを叩くなど、スコアを伸ばすまでに至らない展開の中、上りの9番でバーディを奪うなど、2日目をパープレーでまとめた。

渋野 日向子

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 4 5 4 3 4 5 3 4 4 36 4 5 3 5 4 5 4 4 2 36 72

フェアウェイキープ率57.14% (8/14)、パーオン率50.00% (9/18)、パット数(28)
ボギーが先行する展開の中、最終18番をバーディでホールアウトするなど、粘りのプレーで2日目を終えた。

勝 みなみ

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 5 5 4 3 5 4 3 4 4 37 4 4 3 4 4 5 3 4 5 36 73

フェアウェイキープ率64.29% (9/14)、パーオン率50.00% (9/18)、パット数(29)
序盤からボギーが先行する展開の中、13番と16番のバーディでスコアをイーブンに戻したものの、最終18番でダブルボギーと2日目は、スコアを2つ落とす結果となった。

笹生 優花

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 3 6 5 3 4 4 4 4 4 37 5 4 4 5 4 5 4 4 4 32 76

フェアウェイキープ率71.43% (10/14)、パーオン率55.56% (10/18)、パット数(32)
序盤からボギーが先行する展開の中、後半もスコアを落とすなど、2日目もスコアを5つ落とし、通算5オーバー・103位タイで予選落ちとなった。

:エース
:イーグル
:バーディ
黒:パー
:ボギー
:ダブルボギー以上

戻る↑

1日目(予選ラウンド)

1日目
天候:晴れ
注目の組み合わせ ※()内は日本時間
1番ホールスタート
 08:32(00:32)
 M.スターク/N.K.マドセン/P.タヴァタナキット
 12:37(04:37)
 N.ウォンタウィラップ/L.ウェーバー・ライト/W.ミーチャイ
 12:59(04:59)
 And.リー/G.ホール/L.マグワイア
 13:10(05:10)
 A.ユーイング/コ・ジンヨン/J.E.シャドフ
 13:21(05:21)
 N.コルダ/C.ブティエ/畑岡奈紗

10番ホールスタート
 07:26(23:26)
 A.ドハーティ/勝みなみ/C.ボーゲ
 07:59(23:59)
 チェ・ヘジン/Gra.キム/P.クリーマー
 08:10(00:10)
 G.ロペス/古江彩佳/A.コープス
 08:21(00:21)
 A.ジュタヌガーン/A.ティティクル/L.ヴ
 08:32(00:32)
 B.M.ヘンダーソン/D.カン/ミンジー・リー
 12:15(04:15)
 西村優菜/イン・シャオウェン/P.ヨクタン
 12:59(04:59)
 渋野日向子/エイミー・ヤン/A.ブハイ
 13:10(05:10)
 笹生優花/M.ジュタヌガーン/ユ・ソヨン
 13:32(05:32)
 L.サラス/A.イン/J.クプチョ

※時差:日本は16時間(サマータイム)進んでいます
・スタートは現地時間(()内は日本時間)を記載しています。
・現地時間4月27日(木)の07:15だと日本時間4月27日(木)の23:15、現地時間4月27日(木)の14:16だと日本時間4月28日(金)の06:16になります。
・詳しくは公式ホームページでご確認下さい。
1日目(トップ10と日本人選手)
首位 リネア・ヨハンソン -7 64
T2 ミンジー・リー -6 65
  ジェンマ・ドライバーグ -6 65
T4 アディティ・アショク -5 66
  キャロライン・イングリス -5 66
  ダニエル・カン -5 66
T7 アリソン・リー -4 67
  エイミー・ヤン -4 67
  ペルニラ・リンドベリ -4 67
  ユ・ヘラン -4 67
  クリスティ・カー -4 67
T12 西村 優菜 -3 68
T20 古江 彩佳 -2 69
T33 畑岡 奈紗 -1 70
  渋野 日向子 -1 70
  勝 みなみ -1 70
T52 笹生 優花 E 71
順位 選手名 通算 R1 R2 R3 R4
1 L.ヨハンソン -7 64 0 0 0
T2 ミンジー・リー -6 65 0 0 0
T2 G.ドライバーグ -6 65 0 0 0
T4 A.アショク -5 66 0 0 0
T4 C.イングリス -5 66 0 0 0
T4 D.カン -5 66 0 0 0
T7 Ali.リー -4 67 0 0 0
T7 エイミー・ヤン -4 67 0 0 0
T7 P.リンドベリ -4 67 0 0 0
T7 ユ・ヘラン -4 67 0 0 0
T7 C.カー -4 67 0 0 0
T12 H.グリーン -3 68 0 0 0
T12 R.オトゥール -3 68 0 0 0
T12 西村 優奈 -3 68 0 0 0
T12 A.エムリー -3 68 0 0 0
T12 C.ナイト -3 68 0 0 0
T12 L.ストローム -3 68 0 0 0
T12 リン・シユ -3 68 0 0 0
T12 イン・ルオニン -3 68 0 0 0
T20 カン・ヘジ -2 69 0 0 0
T20 N.コルダ -2 69 0 0 0
T20 P.ヨクトゥアン -2 69 0 0 0
T20 D.ホルムクビスト -2 69 0 0 0
T20 ホウ・ユーサン -2 69 0 0 0
T20 J.ブンチャン -2 69 0 0 0
T20 P.デラクール -2 69 0 0 0
T20 L.ヴ -2 69 0 0 0
T20 古江 彩佳 -2 69 0 0 0
T20 チェ・ヘジン -2 69 0 0 0
T20 チェラ・チョイ -2 69 0 0 0
T20 C.ボーエ -2 69 0 0 0
T20 J.スワンナプラ -2 69 0 0 0
T33 J.チャン -1 70 0 0 0
T33 J.クプチョ -1 70 0 0 0
T33 L.サラス -1 70 0 0 0
T33 畑岡 奈紗 -1 70 0 0 0
T33 渋野 日向子 -1 70 0 0 0
T33 L.コフリン -1 70 0 0 0
T33 L.スティーブンソン -1 70 0 0 0
T33 S.ケンプ -1 70 0 0 0
T33 B.M.ヘンダーソン -1 70 0 0 0
T33 P.タヴァタナキット -1 70 0 0 0
T33 キム・ヒョージュ -1 70 0 0 0
T33 A.ティティクル -1 70 0 0 0
T33 C.シガンダ -1 70 0 0 0
T33 I.ラクラレック -1 70 0 0 0
T33 S.メドウ -1 70 0 0 0
T33 M.ファッシ -1 70 0 0 0
T33 勝 みなみ -1 70 0 0 0
T33 M.シェリク -1 70 0 0 0
T33 E.タリー -1 70 0 0 0
T52 ヘ・ムニ E 71 0 0 0
T52 B.アルトマーレ E 71 0 0 0
T52 M.カストレン E 71 0 0 0
T52 チェン・ペイユン E 71 0 0 0
T52 M.アレックス E 71 0 0 0
T52 J.E.シャドフ E 71 0 0 0
T52 A.ユーイング E 71 0 0 0
T52 笹生 優花 E 71 0 0 0
T52 W.ミーチャイ E 71 0 0 0
T52 ジェニー・シン E 71 0 0 0
T52 ミン・リー E 71 0 0 0
T52 Luc.リー E 71 0 0 0
T52 M.スターク E 71 0 0 0
T52 アン・ナリン E 71 0 0 0
T52 A.ジュタヌガーン E 71 0 0 0
T52 ジ・ウンヒ E 71 0 0 0
T52 Gra.キム E 71 0 0 0
T52 A.ムニョス E 71 0 0 0
T52 S.キリアコウ E 71 0 0 0
T52 Gin.キム E 71 0 0 0
T72 D.ダルケア +1 72 0 0 0
T72 C.ハル +1 72 0 0 0
T72 S.ルイス +1 72 0 0 0
T72 コ・ジンヨン +1 72 0 0 0
T72 ユ・ソヨン +1 72 0 0 0
T72 G.ホール +1 72 0 0 0
T72 And.リー +1 72 0 0 0
T72 N.ウォンタウィラップ +1 72 0 0 0
T72 L.ウィーバー +1 72 0 0 0
T72 B.リンシコム +1 72 0 0 0
T72 A.パノ +1 72 0 0 0
T72 S.シューベルト +1 72 0 0 0
T72 E.K.ペダーセン +1 72 0 0 0
T72 M.Aルブラン +1 72 0 0 0
T72 M.リード +1 72 0 0 0
T72 P.R.ブシャール +1 72 0 0 0
T72 A.クラウター +1 72 0 0 0
T72 リュー・ヤン +1 72 0 0 0
T90 E.ヘンセライト +2 73 0 0 0
T90 キム・インキョン +2 73 0 0 0
T90 M.サグストロム +2 73 0 0 0
T90 G.ゼン +2 73 0 0 0
T90 P.アナナルカルン +2 73 0 0 0
T90 N.K.マドセン +2 73 0 0 0
T90 G.ロペス +2 73 0 0 0
T90 P.クリーマー +2 73 0 0 0
T90 F.キンハルト +2 73 0 0 0
T90 B.ロー +2 73 0 0 0
T90 C.ワンナセン +2 73 0 0 0
T101 リュウ・ルイシン +3 74 0 0 0
T101 K.リーヒヤルヴィ +3 74 0 0 0
T101 M.スティーン +3 74 0 0 0
T101 S.ワグナー +3 74 0 0 0
T101 M.ハリガエ +3 74 0 0 0
T101 L.ハートレッジ +3 74 0 0 0
T101 リウ・ユ +3 74 0 0 0
T101 A.イン +3 74 0 0 0
T101 L.マグワイア +3 74 0 0 0
T101 S.シュメルツェル +3 74 0 0 0
T101 パク・ソンヒョン +3 74 0 0 0
T101 R.レネル +3 74 0 0 0
T101 I.ガブサ +3 74 0 0 0
T101 パク・クムカン +3 74 0 0 0
T101 A.コープス +3 74 0 0 0
T101 M.カン +3 74 0 0 0
T101 J.コルダ +3 74 0 0 0
T101 Y.ノー +3 74 0 0 0
T101 P.パットラム +3 74 0 0 0
T120 M.ウリベ +4 75 0 0 0
T120 D.フォール +4 75 0 0 0
T120 J.グラナダ +4 75 0 0 0
T120 C.ブティエ +4 75 0 0 0
T120 P.レト +4 75 0 0 0
T120 イ・ミヒャン +4 75 0 0 0
T120 N.ガルビス +4 75 0 0 0
T120 ウェイリン・スー +4 75 0 0 0
T120 J.ソング +4 75 0 0 0
T120 A.ドハーティ +4 75 0 0 0
T130 ジャン・ヒョジュン +5 76 0 0 0
T130 K.タン +5 76 0 0 0
T130 A.ブハイ +5 76 0 0 0
T130 V.プラタ +5 76 0 0 0
T130 イン・シャオウェン +5 76 0 0 0
T130 A.パーク +5 76 0 0 0
T136 M.メトロー +6 77 0 0 0
T136 L.S.ガルメス +6 77 0 0 0
T136 A.ヴァレンズエラ +6 77 0 0 0
T139 ヘザー・リン +7 78 0 0 0
T139 P.マック +7 78 0 0 0
T139 リュー・シユン +7 78 0 0 0
T142 M.ジュタヌガーン +8 79 0 0 0
T142 E.スドウ +8 79 0 0 0
144 B.ターディ +14 85 0 0 0

15時00分時点での天候は晴れ、気温22.0℃、湿度51%、風速2.2m/s(南西)というコース・コンディションの中、144名による予選ラウンド1日目が行われた。

予選ラウンド1日目を終えて単独トップに立ったのは、LPGAツアー初優勝を目指すスウェーデンの29歳リネア・ヨハンソン。

出だしの10番Par4でバーディを先行させたリネア・ヨハンソンは、12番Par3と13番Par5で連続バーディを奪った後の15番Par5でも確実にスコアを伸ばし、前半を良い形で折り返すと、1番と6番、そして上りの9番のPar4でもスコアを伸ばすなど、フェアウェイキープ率100.00% (14/14)、パーオン率83.33% (15/18)、平均パット(26)とほぼ完璧なプレーでボギーフリーとなる7バーディ(64)をマーク、7アンダー・単独トップの好スタートを切った。

トップと1打差の2位タイには、2022年「全米女子オープン」以降、結果が出せず、今季もここまでの出場3試合で最高位が41位タイと調子が上がらないミンジー・リーと今季は調子が上がっこないジェンマ・ドライバーグが、6アンダーで続いた。

トップと4打差の中に19名がひしめく大混戦となった初日、西村優菜が日本人選手最高位となる3アンダー・12位タイと好位置につける中、世界ランキング1位のネリー・コルダと前週行われたメジャー初戦を制したリリア・ヴも2アンダー・20位タイと好位置をキープした。

更に1アンダー・33位タには、パティ・タヴァタナキットや世界ランキング5位のアタヤ・ティティクル、ブルック・ヘンダーソンらが続いた。

日本人選手の結果

西村 優菜

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 4 4 4 3 4 4 3 3 4 33 5 5 3 5 3 5 3 4 2 35 68

フェアウェイキープ率100.00% (14/14)、パーオン率61.11% (11/18)、パット数(26)
出だしの10番と11番で連続ボギーのスタートとなったものの、その後はバーディを積み重ね、3アンダーで初日を終えた。

古江 彩佳

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 4 3 5 4 4 3 34 69

フェアウェイキープ率92.86% (13/14)、パーオン率61.11% (11/18)、パット数(27)
13番とピンそばにつけた14番で連続バーディの好スタートを切ったものの、その後は、チャンスを活かせない展開が続いたまま、2アンダーでフィニッシュした。

畑岡 奈紗

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 5 4 3 3 4 4 4 3 4 34 4 3 4 5 4 5 4 4 3 36 70

フェアウェイキープ率85.71% (12/14)、パーオン率66.67% (12/18)、パット数(29)
ティーショットをミスした1番でボギーが先行、ミドルパットを決めた2番とピンそばにつけた3番で連続バーディ、7番は3パットのボギー、8番と11番はピンそばにつけバーディを奪うなど、1アンダーで初日を終えた。

渋野 日向子

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 4 4 3 2 4 4 3 4 4 32 4 4 3 5 5 6 3 5 3 38 70

フェアウェイキープ率71.43% (10/14)、パーオン率61.11% (11/18)、パット数(27)
14番とアプローチをよせられなかった15番で連続ボギー、ピンそばにつけた16番でバーディ、短いパットを外した17番でボギー、アプローチを直接決めた2番とともにピンそばにつけた3番と4番で3連続バーディと出だしからバタついたものの、後半盛り返した初日となった。

勝 みなみ

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 5 5 4 2 4 4 3 3 5 35 4 4 3 5 4 5 4 3 3 35 70

フェアウェイキープ率92.86% (13/14)、パーオン率72.22% (13/18)、パット数(30)
ピンそばにつけた17番でバーディ、折り返した1番でバンカーからよせきれずボギー、4番で長めのパットを決めてバーディを奪うなど、1アンダーで初日を終えた。

笹生 優花

HOLE 01 02 03 04 05 06 07 08 09 O
U
T
10 11 12 13 14 15 16 17 18 I
N
Par 4 5 4 3 4 4 3 4 4 35 4 4 3 5 4 5 4 4 3 36 71
Round 5 5 3 3 6 4 5 4 4 39 3 4 3 4 4 4 3 4 3 32 71

フェアウェイキープ率64.29% (9/14)、パーオン率66.67% (12/18)、パット数(29)
前半からスコアを4つ伸ばす順調な展開から、終盤2つのダブルボギーでスコアを崩したものの、イーブンパーで初日を終えた。

:エース
:イーグル
:バーディ
黒:パー
:ボギー
:ダブルボギー以上

戻る↑

STATISTICS

FH:FAIRWAYS HIT
  (フェアウェイキープ率)
GIR:GREEN IN REG
  (パーオン率)
DD:DRIVING DISTANCE
  (平均飛距離)
PPR:PUTTS PER ROUND
  (ラウンドあたりのパット数)


1位
ハナ・グリーンHannah Green

  FH GIR DD PPR
ROUND1 92.86%
(13/14)
77.78%
(14/18)
265.0y 28
ROUND2 92.86%
(13/14)
72.22%
(13/18)
269.0y 28
ROUND3 92.86%
(13/14)
83.33%
(15/18)
268.0y 30
ROUND4 100.00%
(14/14)
83.33%
(15/18)
269.0y 32
TOTAL 94.64%
(53/56)
79.17%
(57/72)
267.0y 29

 

2位タイ
リン・シユXiyu Lin

  FH GIR DD PPR
ROUND1 92.86%
(13/14)
72.22%
(13/18)
261.0y 28
ROUND2 64.29%
(9/14)
50.00%
(9/18)
259.0y 29
ROUND3 78.57%
(11/14)
88.89%
(16/18)
269.0y 27
ROUND4 71.43%
(10/14)
83.33%
(15/18)
268.0y 29
TOTAL 76.79%
(43/56)
73.61%
(53/72)
264.0y 28

 

2位タイ
アディティ・アショク(Aditi Ashok

  FH GIR DD PPR
ROUND1 85.71%
(12/14)
83.33%
(15/18)
255.0y 28
ROUND2 100.00%
(14/14)
66.67%
(12/18)
252.0y 27
ROUND3 78.57%
(11/14)
72.22%
(13/18)
244.0y 32
ROUND4 85.71%
(12/14)
72.22%
(13/18)
247.0y 28
TOTAL 87.50%
(49/56)
73.61%
(53/72)
249.0y 28

 

4位タイ
古江 彩佳(Ayaka Furue

  FH GIR DD PPR
ROUND1 92.86%
(13/14)
61.11%
(11/18)
248.0y 27
ROUND2 100.00%
(14/14)
77.78%
(14/18)
240.0y 31
ROUND3 92.86%
(13/14)
55.56%
(10/18)
246.0y 29
ROUND4 92.86%
(13/14)
83.33%
(15/18)
255.0y 27
TOTAL 94.64%
(53/56)
69.44%
(50/72)
247.0y 28

 

11位タイ
畑岡 奈紗(Nasa Hataoka

  FH GIR DD PPR
ROUND1 85.71%
(12/14)
66.67%
(12/18)
258.0y 29
ROUND2 92.86%
(13/14)
66.67%
(12/18)
264.0y 29
ROUND3 85.71%
(12/14)
88.89%
(16/18)
262.0y 32
ROUND4 85.71%
(12/14)
66.67%
(12/18)
254.0y 28
TOTAL 87.50%
(49/56)
72.22%
(52/72)
259.0y 29

 

17位タイ
西村 優菜(Yuna Nishimura

  FH GIR DD PPR
ROUND1 100.00%
(14/14)
61.11%
(11/18)
245.0y 26
ROUND2 92.86%
(13/14)
66.67%
(12/18)
249.0y 30
ROUND3 85.71%
(12/14)
50.00%
(9/18)
255.0y 30
ROUND4 100.00%
(14/14)
83.33%
(15/18)
251.0y 29
TOTAL 94.64%
(53/56)
65.28%
(47/72)
250.0y 28

 

33位タイ
渋野 日向子(Hinako Shibuno

  FH GIR DD PPR
ROUND1 71.43%
(10/14)
61.11%
(11/18)
255.0y 27
ROUND2 57.14%
(8/14)
50.00%
(9/18)
190.0y 28
ROUND3 85.71%
(12/14)
77.78%
(14/18)
252.0y 30
ROUND4 78.57%
(11/14)
61.11%
(11/18)
263.0y 28
TOTAL 73.21%
(41/56)
62.50%
(45/72)
240.0y 28

 

53位タイ
勝 みなみ(Minami Katsu

  FH GIR DD PPR
ROUND1 92.86%
(13/14)
72.22%
(13/18)
267.0y 30
ROUND2 64.29%
(9/14)
50.00%
(9/18)
273.0y 29
ROUND3 78.57%
(11/14)
50.00%
(9/18)
272.0y 30
ROUND4 85.71%
(12/14)
61.11%
(11/18)
245.0y 28
TOTAL 80.36%
(45/56)
58.33%
(42/72)
264.0y 29

 

103位タイ(予選カット)
笹生 優花(Yuka Saso

  FH GIR DD PPR
ROUND1 64.29%
(9/14)
66.67%
(12/18)
270.0y 29
ROUND2 71.43%
(10/14)
55.56%
(10/18)
264.0y 32
ROUND3
ROUND4
TOTAL 67.86%
(19/28)
61.11%
(22/36)
267.0y 30

 

優勝したハナ・グリーンは、4日間通じてショットの数値が良く、2位タイのリン・シユとアディティ・アショクは、ともにパッティングの数値が良かった。日本勢はティーショットの数値は良かった。

全選手の結果

出場した全選手のリザルトと獲得賞金はPDFをご覧ください。
 
※LPGA公式サイト参照
※2023年大会(2023年シーズン)
 

コメント