2023年 全豪オープンテニスのテレビ放送予定と試合結果【グランドスラム】

全豪オープンテニス2023テニス

2023年1月16日(月)~1月29日(日)にかけて、オーストラリア・ビクトリア州メルボルンにあるメルボルン・パーク(Melbourne Park)で開催されるグランドスラム初戦「全豪オープンテニス(Australian Open)」の大会概要、大会日程(スケジュール)、賞金とポイント、歴代優勝者、日本人出場選手、放送予定、結果(ドロー、詳細)を紹介します。

(2022.11.10)

 
スポンサーリンク

全豪オープンテニス

ハッピースラムと呼ばれる楽しい雰囲気で親しまれている全豪オープンテニス(GRAND SLAM)の舞台となるのは、ビクトリア王朝時代の建物やビクトリア国立美術館、ロイヤル・エキシビジョン・ビルディングと言った歴史的建造物、フェデレーション・スクエアやクイーン・ビクトリア・マーケット、グレート・オーシャンロードなどのスポットが融合する歴史と文化を中心とする落ち着いた雰囲気をもつシドニーに次ぐ、オーストラリアの第2の都市メルボルン。

1905年にスタートし、1969年にオープン化、1988年に現在の会場に移った今大会は、2度の年間グランドスラムを達成したロッド・レーバーを称えた開閉式スタジアム、ロッド・レーバー・アリーナを中心としたメルボルン・パークで開催されるグランドスラムの初戦に相応しい大会と言えるでしょう。また、ハッピースラムと呼ばれる温かい雰囲気の中で多彩なイベントも充実しており、テニス観戦以外でも存分に楽しめます。

大会期間中は非常に暑いメルボルンだけに、真夏の炎天下での試合の過酷さとの中、いかに体力を温存し、セカンドウィークに進めるかが優勝へのカギとなるでしょう。

男子は大会連覇と史上最多23度目のグランドスラム・タイトルを狙うラファエル・ナダルや2022年の全米オープンを制したカルロス・アルカラスを中心に、ステファノス・チチパスやキャスパー・ルード、ダニール・メドベージェフと言った実力者に加え、ホルガ・ルーネやヤニク・シンネルなどの若手にも注目が集まります。

日本勢では西岡良仁やダニエル太郎に期待が懸かります。

女子では優勝候補筆頭であるイガ・シフィオンテク(ポーランド)を中心に2022年のウィンブルドンと全米オープンで準優勝と涙をのんだオンス・ジャバーや2022年のWTAファイナルを制したキャロリン・ガルシア、ココ・ガウフが注目となります。

日本勢では3度目の全豪オープン制覇を目指す大坂なおみに加え、多くの選手が出場予定となっています。

※世界ランキングは2022年11月7日現在

スポンサーリンク

全豪オープンテニス 開催会場

【オーストラリア・ビクトリア州メルボルン】
メルボルン・パーク(Melbourne Park)

メルボルン中心部に位置するメルボルン・パーク(Melbourne Park)は、センターコートのロッド・レーバー・アリーナ、2ndコートのマーガレット・コート・アリーナ、ジョン・ケイン・アリーナ、キア・アリーナ、1573アリーナのほか、28面のハードコートと6面のクレーコートからなる合計39のコートを兼ね備えています。

特徴は球足が速く、バウンドが高いことにで強力なサーブとストロークが重要な大会であり、オールラウンドなプレースタイルを持つプレーヤーに有利なサーフェスと言えるでしょう。

【今大会で使用されるコート(予定)】
① ロッド・レーバー・アリーナ
② マーガレット・コート・アリーナ
③ ジョン・ケイン・アリーナ
④ キア・アリーナ
⑤ 1573アリーナ
⑤ コート(3、5~8、12~17)

大会概要

大会名全豪オープンテニス
(Australian Open)
グレードGRAND SLAM
開催期間2023年1月16日(月) ~ 1月29日()
開催地メルボルン/オーストラリア
会場メルボルン・パーク
(Melbourne Park)
①賞金総額
②優勝賞金
①A$2,875,000(2022年シーズン)
②A$1,575,000(2022年シーズン)
ドロー数シングルス (128) / ダブルス (64)
サーフェスハード(アウトドア)
前回優勝者
(2021年)
(男子)
ラファエル・ナダル
(Rafael Nadal)
スペイン(ESP)

(女子)
アシュリー・バーティ
(Ashleigh Barty)
オーストラリア(AUS)
日本との時差日本より2時間(サマータイム)進んでいます。

 

大会日程(スケジュール)

日程:2023年1月16日(月)~1月29日(日)

シングルス準決勝は女子が1月26日(木)、男子が1月27日(金)、シングルス決勝は女子が1月28日()、男子が1月29日()に行われます。

男女シングルス

月日日程男子女子
1/16(月)第1日1回戦1回戦
1/17(火)第2日1回戦1回戦
1/18(水)第3日2回戦2回戦
1/19(木)第4日2回戦2回戦
1/20(金)第5日3回戦3回戦
1/21()第6日3回戦3回戦
1/22()第7日4回戦4回戦
1/23(月)第8日4回戦4回戦
1/24(火)第9日準々決勝準々決勝
1/25(水)第10日準々決勝準々決勝
1/26(木)第11日準決勝
1/27(金)第12日準決勝
1/28()第13日決勝
1/29()第14日決勝


男女ダブルス・ミックスダブルス

月日日程男子女子
1/27(金)第12日ミックス決勝
1/28()第13日決勝 
1/29()第14日 決勝


男女車いすシングルス・ダブルス

月日日程男子女子
1/25(水)第10日決勝(D)決勝(D)
1/26(木)第11日決勝(S)決勝(S)

(S):シングルス
(D):ダブルス

 

賞金

賞金総額 未定

 

【男女シングルス賞金とポイント】

ラウンド賞金男子(P)女子(P)
優勝未定2,0002,000
準優勝未定1,2001,300
ベスト4未定720780
ベスト8未定360430
4回戦未定180240
3回戦未定90130
2回戦未定4570
1回戦未定1010
予選3回戦未定
予選2回戦未定
予選1回戦未定

 

【男女ダブルス賞金】

優勝未定
準優勝未定
ベスト4未定
ベスト8未定
3回戦未定
2回戦未定
1回戦未定

 

【ミックスダブルス賞金】

優勝未定
準優勝未定
ベスト4未定
ベスト8未定
2回戦未定
1回戦未定

 

歴代優勝者

全豪オープンの過去10年間の優勝者を紹介します。

2000年以降の男子の最多優勝回数は、セルビアのノバク・ジョコビッチの9回(2008、2011-13、2015-16、2019-2021)となり、女子の最多優勝回数は、アメリカのセリーナ・ウィリアムズの7回(2003、2005、2007、2009-10、2015、2017)となります。

前回大会を制したのは、男子がラファエル・ナダル、女子がアシュリー・バーティでした。

優勝者(男子)
2022ラファエル・ナダル
2021ノバク・ジョコビッチ
2020ノバク・ジョコビッチ
2019ノバク・ジョコビッチ
2018ロジャー・フェデラー
2017ロジャー・フェデラー
2016ノバク・ジョコビッチ
2015ノバク・ジョコビッチ
2014スタン・ワウリンカ
2013ノバク・ジョコビッチ

 

優勝者(女子)
2022アシュリー・バーティ
2021大坂 なおみ
2020ソフィア・ケニン
2019大坂 なおみ
2018キャロライン・ウォズニアッキ
2017セリーナ・ウィリアムズ
2016アンジェリク・ケルバー
2015セリーナ・ウィリアムズ
2014リー・ナ
2013ビクトリア・アザレンカ

 

日本人出場選手(男女シングルス)

《男子本戦》
・未定
※金額は獲得賞金

《男子予選》
・未定
※金額は獲得賞金


《女子本戦》
・未定
※金額は獲得賞金

《女子予選》
・未定
※金額は獲得賞金


※赤文字は、予選敗退になった選手
 

全豪オープンテニスのテレビ放送予定

【未定】

全豪オープンテニス 結果

男子シングルス

ドロー

 

【決勝】


【トップハーフ】



【ボトムハーフ】


※国名には、地域も含まれます。

WC:ワイルドカード(主催者推薦)
PR:プロテクトランキング
LL:ラッキールーザー
SE:スペシャル・イグザンプト(予選に出場できない選手を救済するための特別出場枠)
Q:クオリファイヤー(予選を勝ち上がった選手)
RET:棄権(ケガなどによる)
DEF:棄権(ルール違反等による)
W/O:ウォークオーバー(不戦敗)

 

女子シングルス

ドロー

 

【決勝】


【トップハーフ】



【ボトムハーフ】


※国名には、地域も含まれます。

WC:ワイルドカード(主催者推薦)
PR:プロテクトランキング
LL:ラッキールーザー
SE:スペシャル・イグザンプト(予選に出場できない選手を救済するための特別出場枠)
Q:クオリファイヤー(予選を勝ち上がった選手)
RET:棄権(ケガなどによる)
DEF:棄権(ルール違反等による)
W/O:ウォークオーバー(不戦敗)

 

各部門の優勝者/賞金

部門優勝者賞金
男子(S)  
女子(S)  
男子(D)  
女子(D)  
ミックス
(D)
  
車いす
男子(S)
 
車いす
女子(S)
 
車いす
男子(D)
 
車いす
女子(D)
 

(S):シングルス
(D):ダブルス

 

グランドスラム優勝回数

【男子シングルス】
 選手優勝全豪全仏全英*全米
1R.ナダル2221424
2N.ジョコビッチ219273
3R.フェデラ―206185
全英*:ウィンブルドン

 

【女子シングルス】
 選手優勝全豪全仏全英*全米
1M.コート2411535
2S.ウィリアムズ237376
3S.グラフ224675
全英*:ウィンブルドン

コメント

タイトルとURLをコピーしました