2022年「全豪オープンテニス」の試合結果 【グランドスラム】

全豪オープンテニス 結果グランドスラム

2022年1月17日(月)~1月30日(日)にかけてオーストラリア・ビクトリア州メルボルンにあるメルボルン・パーク(Melbourne Park)で開催される2022年シーズンのグランドスラム初戦「全豪オープン(Australian Open)」の男女シングルスの1回戦から決勝までの試合結果とドローを下記に記載します。

スポンサーリンク

全豪オープンテニス 全試合結果

男子シングルス

決勝
WRPlayer1234F
6R.ナダル【6】26⁵667
2D.メドベージェフ【2】67⁷445

グランドスラム史上最多21回目の優勝を狙うR.ナダル(6)とオープン化以降、史上初となるグランドスラム初優勝から2大会連続優勝を狙うD.メドベージェフ(2)の対戦は、ブレークポイントすら与えず、第4ゲームから2ブレークを含む5ゲームを連取したD.メドベージェフ(2)が、R.ナダル(6)を圧倒し第1セットを奪う。第2セットも粘りと積極的な攻めを見せ、常にリードを保ち、第9ゲームにセットポイントまで掴んだR.ナダル(6)に対し、冷静さと集中力を保ったD.メドベージェフ(2)が、タイブレークまで縺れた紙一重の接戦を制し2セットアップ。お互いサービスゲームのキープに苦労する展開の中、特にピンチの多かったR.ナダル(6)が粘りを見せ、第9ゲームのブレークに成功。第3セットを奪うと、ここからR.ナダル(6)の反撃が始まる。第4セットも第3セット同様、お互いにサービスゲームのキープに苦労する展開が継続する中、第3と第5ゲームのブレークに成功し、ウィナーの数も増えてきたR.ナダル(6)が6-4で奪い、決勝はファイナルセットに突入する。ファイナルセットは、土壇場の第10ゲームで追いついたD.メドベージェフ(2)に対して、第5ゲームと追いつかれた直後の第11ゲームをブレークしたR.ナダル(6)が、驚異的な粘りと精神力でものにし、5時間24分にも及ぶ激闘を制し、全豪オープン13年ぶり2回目の優勝。史上最多となる21回目の優勝とダブル・グランドスラムを達成した。敗れたD.メドベージェフ(2)は、2005年のマラト・サフィン以来となるロシア勢の全豪オープン優勝は成らなかった。

準決勝
WRPlayer1234F
7M.ベレッティーニ【7】3263 
6R.ナダル【6】6636 

グランドスラムでの初優勝を目指すM.ベレッティーニとグランドスラム最多優勝回数歴代1位となる21回目の優勝を狙うR.ナダルの対戦は、第2ゲームのブレークに成功したR.ナダルが、粘りと戦術を駆使し、第1セットを6-3で先取すると、第2セットも相手にブレークを与えない理想的な展開で6-2で奪い、2セットアップとする。後がなくなったM.ベレッティーニが、第8ゲームのブレークに成功し、6-3とセットを奪い返す意地を見せたものの、第4セットの第8ゲームをブレークに成功し、このセットを6-3で奪ったR.ナダルが試合を通じて、最後まで高い集中力を維持し、セットカウント3-1で勝利。決勝進出を決めた。

WRPlayer1234F
4S.チチパス【4】6⁵641 
2D.メドベージェフ【2】7⁷466 

S.チチパス(4)とD.メドベージェフ(2)という若手の実力者同士の対戦は、数値を見てもほぼ互角の展開の中、ブレークポイントを1度も与えなかったD.メドベージェフ(2)がタイブレークを制し、第1セットを先取する。第2セットは、終盤、2回目のブレークに成功したS.チチパス(4)が冷静さを欠いたD.メドベージェフ(2)からセットを奪い返す。第3セットもお互いに譲らない展開の中、終盤のブレークに成功したD.メドベージェフ(2)が取り、セットカウント2-1とリード。第4セットは、第3ゲームのブレークから一気に5ゲームを連取したD.メドベージェフ(2)が、6-1で奪い、セットカウント3-1で勝利。試合を通じて紙一重の接戦をものにしたD.メドベージェフ(2)が、2年連続の全豪での決勝進出を決めた。

準々決勝
WRPlayer1234F
19G.モンフィス【17】44662
7M.ベレッティーニ【7】66336
WRPlayer1234F
14D.シャポバロフ【14】34663
6R.ナダル【6】66436

 

WRPlayer1234F
11J.シンネル【11】342  
4S.チチパス【4】666  
WRPlayer1234F
9F.オジェ=アリアシム【9】7⁷654
2D.メドベージェフ【2】6⁴37⁷76
・G.モンフィス(17)とM.ベレッティーニ(7)の対戦は、攻守に素晴しいプレーを見せたG.モンフィス(17)をフルセットの末、振り切ったM.ベレッティーニ(7)が全豪初の準決勝進出を決めた。
・D.シャポバロフ(14)とR.ナダル(6)の対戦は、両者とも素晴しいプレーを見せた中、最後は経験の差を活かしたR.ナダル(6)が、苦しみながらも5セットに及ぶ激闘を制し、準決勝進出を決めた。
・J.シンネル(11)とS.チチパス(4)の対戦は、多彩なサービスとフォアハンドの強打を活かしたアグレッシブなプレーで、最後まで相手に主導権を与えず、J.シンネル(11)を圧倒したS.チチパス(4)が3-0のストレートで完勝し、全豪で2年連続3度目の準決勝進出を決めた。
・F.オジェ=アリアシム(9)とD.メドベージェフ(2)の対戦は、汗によるダブルフォルトが絡んだブレークを許すなど、らしくないミスが多いD.メドベージェフ(2)に対して、高い集中力とアグレッシブなプレーを見せたF.オジェ=アリアシム(9)が2セットアップとするが、苦しみながらも第3セットを取ったD.メドベージェフ(2)が、その後も粘りながら2セットを連取、5セットに及ぶ激闘を制し、準決勝進出を決めた。
4回戦
WRPlayer1234F
78M.キツマノビッチ56⁴3  
19G.モンフィス【17】77⁷6  
WRPlayer1234F
21P.カレーニョ・ブスタ【19】56⁴4  
7M.ベレッティーニ【7】77⁷6  

 

WRPlayer1234F
3A.ズベレフ【3】36⁵3  
14D.シャポバロフ【14】67⁷6  
WRPlayer1234F
70A.マナリノ6¹⁴22  
6R.ナダル【6】7¹⁶66  
WRPlayer1234F
34A.デミノー【32】34  
11J.シンネル【11】7⁷66  
WRPlayer1234F
22T.フリッツ【20】64634
4S.チチパス【4】46466

 

WRPlayer1234F
29M.チリッチ【27】66⁷26⁴ 
9F.オジェ=アリアシム【9】27⁹67⁷ 
WRPlayer1234F
75M.クレッシー26⁴7⁷5 
2D.メドベージェフ【2】67⁷6⁴7 
ベスト8をかけた4回戦は、素晴しいプレーを見せたT.フリッツ(20)に対して、冷静さと忍耐で5セットに及ぶ激闘を制したS.チチパス(4)が勝利するなど、上位シードが順調に勝ち上がる中、ここまで、なかなか調子が上がらないA.ズベレフ(3)が、ラリーからチャンスを得て、粘り強くプレーし、すべてが上手くいったD.シャポバロフ(14)に敗れる波乱が起きた。
3回戦
WRPlayer1234F
78M.キツマノビッチ66⁸67 
27L.ソネゴ【25】47¹⁰25 
WRPlayer1234F
19G.モンフィス【17】7⁷66  
18C.ガリン【16】6⁴13  

 

WRPlayer1234F
40S.コルダ457⁸3 
21P.カレーニョ・ブスタ【19】676⁶6 
WRPlayer1234F
33C.アルカラス【31】2666⁵
7M.ベレッティーニ【7】67⁷427¹⁰

 

WRPlayer1234F
3A.ズベレフ【3】666  
123R.アルボット(Q)344  
WRPlayer1234F
25R.オペルカ【23】6⁴634 
14D.シャポバロフ【14】7⁷466 

 

WRPlayer1234F
70A.マナリノ7⁷6⁴76 
20A.カラツェフ【18】6⁴7⁷54 
WRPlayer1234F
30K.ハチャノフ【28】3261 
6R.ナダル【6】6636 
WRPlayer1234F
88P.アンドゥハル442  
34A.デミノー【32】666  
WRPlayer1234F
120ダニエル 太郎(Q)4631 
11J.シンネル【11】6166 

 

WRPlayer1234F
15R.バウティスタ・アグート【15】06643
22T.フリッツ【20】63366
WRPlayer1234F
47B.ペール357⁷4 
4S.チチパス【4】676 

 

WRPlayer1234F
5A.ルブレフ【5】563 
29M.チリッチ【27】77⁷36 
WRPlayer1234F
26D.エバンス【24】411  
9F.オジェ=アリアシム【9】666  

 

WRPlayer1234F
173C.オコネル(WC)27⁸32 
75M.クレッシー66⁶66 
WRPlayer1234F
56B.ファン・デ・ザンスフルプ442  
2D.メドベージェフ【2】666  
シード勢の対戦が増えた3回戦は、M.チリッチ(27)が、A.ルブレフ(5)に対して全盛期を彷彿とさせるほぼ完璧なプレーを見せ、上位シードを破り、2年ぶりの4回戦進出を決めた試合があったものの、S.コルダやC.アルカラスといった勢いのある若手を退けたM.ベレッティーニ(7)など、他の上位シード選手は、順調に4回戦に進んだ。初の3回戦となったダニエル太郎は、J.シンネル(11)相手に序盤は善戦したものの、第3セットの第8ゲーム、0-40から40-40に追いつく粘りを見せたが、結果ブレークを許し、その後は、体力的にも厳しくなった終盤に突き放され、4回戦進出は成らなかった。
2回戦
WRPlayer1234F
78M.キツマノビッチ7⁹77¹⁰  
41T.ポール6⁷56⁸  
WRPlayer1234F
100O.オッテ6231 
27L.ソネゴ【25】2666 

 

WRPlayer1234F
19G.モンフィス【17】666  
35A.ブブリク104  
WRPlayer1234F
61P.マルティネス7⁷6⁴622
18C.ガリン【16】7⁷266

 

WRPlayer1234F
40S.コルダ3677¹⁰
115C.ムーテ647⁷56⁶
WRPlayer1234F
62T.フリークスポール37⁸64
21P.カレーニョ・ブスタ【19】66⁶7⁷36

 

WRPlayer1234F
33C.アルカラス【31】667  
43D.ラヨビッチ215  
WRPlayer1234F
168S.コズロフ(WC)1641 
7M.ベレッティーニ【7】6466 

 

WRPlayer1234F
3A.ズベレフ【3】666  
80J.ミルマン440  
WRPlayer1234F
123R.アルボット(Q)67⁷6  
160A.ブキッチ(WC)46⁴4  

 

WRPlayer1234F
25R.オペルカ【23】667⁷  
54D.コプファー436⁴  
WRPlayer1234F
53クォン・スンウ6⁶7⁷7⁸52
14D.シャポバロフ【14】7⁸6⁶76

 

WRPlayer1234F
10H.ホルカシュ【10】423  
70A.マナリノ666  
WRPlayer1234F
55M.マクドナルド6223 
20A.カラツェフ【18】3666 

 

WRPlayer1234F
30K.ハチャノフ【28】667  
65B.ボンジ405  
WRPlayer1234F
126Y.ハンフマン(Q)234  
6R.ナダル【6】666  
WRPlayer1234F
74A.モルカン46⁶61 
88P.アンドゥハル67⁸06 
WRPlayer1234F
107K.マイクシャク442  
34A.デミノー【32】666  

 

WRPlayer1234F
135A.マレー(WC)444  
120ダニエル 太郎(Q)666  
WRPlayer1234F
84S.ジョンソン243  
11J.シンネル【11】666  

 

WRPlayer1234F
15R.バウティスタ・アグート【15】666  
132P.コールシュライバー103  
WRPlayer1234F
37F.ティアフォー436⁵  
22T.フリッツ【20】667⁷  

 

WRPlayer1234F
28G.ディミトロフ【26】447⁷ 
47B.ペール666⁴7⁷ 
WRPlayer1234F
95S.バエス7⁷34 
4S.チチパス【4】7⁷6⁵66 

 

WRPlayer1234F
5A.ルブレフ【5】666  
96R.ベランキス420  
WRPlayer1234F
117N.ゴンボス(Q)2366⁶ 
29M.チリッチ【27】6637⁸ 

 

WRPlayer1234F
26D.エバンス【24】     
58A.リンダークネク(W/O)     
WRPlayer1234F
51A.ダビドビッチ・フォキナ6⁴7⁷6⁵6⁴ 
9F.オジェ=アリアシム【9】7⁷6⁴7⁷7⁷ 

 

WRPlayer1234F
13D.シュワルツマン【13】6⁶44  
173C.オコネル(WC)7⁸66  
WRPlayer1234F
130T.マチャク(Q)1616⁵ 
75M.クレッシー6367⁷ 

 

WRPlayer1234F
85R.ガスケ(RET)600  
56B.ファン・デ・ザンスフルプ464  
WRPlayer1234F
114N.キリオス462 
2D.メドベージェフ【2】7⁷646 
2回戦も第10シードのH.ホルカシュ(10)、D.シュワルツマン(13)、G.ディミトロフ(26)の3名がシードダウンする中、日本勢で唯一2回戦に勝ち上がったダニエル太郎がA.マレー相手にエース12本と進化したサーブ、ストローク、ネットとアグレッシブなプレーで勝利を収め、グランドスラム初の3回戦進出を決めた。
1回戦
WRPlayer1234F
150S.カルーソ(LL)421  
78M.キツマノビッチ666  
WRPlayer1234F
180M.ククシュキン(Q)342  
41T.ポール666  

 

WRPlayer1234F
100O.オッテ666  
187ツェン・チュンシン(WC)432  
WRPlayer1234F
105S.クエリー533  
27L.ソネゴ【25】766  

 

WRPlayer1234F
19G.モンフィス【17】666  
64F.コリア113  
WRPlayer1234F
35A.ブブリク37⁷66 
141E.エスコベド(LL)66⁵33 

 

WRPlayer1234F
42F.デルボニス6¹⁵642 
61P.マルティネス7¹⁷366 
WRPlayer1234F
71F.バグニス3477⁷3
18C.ガリン【16】6656⁴6

 

WRPlayer1234F
12C.ノリー【12】304  
40S.コルダ666  
WRPlayer1234F
115C.ムーテ3666 
159L.プイユ(WC)6343 

 

WRPlayer1234F
62T.フリークスポール666  
36F.フォニーニ144  
WRPlayer1234F
129T.マルティン・エチェベリー(Q)12  
21P.カレーニョ・ブスタ【19】667⁷  

 

WRPlayer1234F
33C.アルカラス【31】666  
136A.タビロ(Q)223  
WRPlayer1234F
38M.フチョビッチ3617⁸1
43D.ラヨビッチ6466⁶6

 

WRPlayer1234F
168S.コズロフ(WC)766  
79J.ベセリ534  
WRPlayer1234F
68B.ナカシマ626⁵3 
7M.ベレッティーニ【7】467⁷6 

 

WRPlayer1234F
3A.ズベレフ【3】7⁷67⁷  
91D.アルトマイヤー1  
WRPlayer1234F
104F.ロペス1365 
80J.ミルマン6647 

 

WRPlayer1234F
123R.アルボット(Q)6646 
99西岡 良仁3462 
WRPlayer1234F
160A.ブキッチ(WC)4677⁷ 
32L.ハリス【30】635 

 

WRPlayer1234F
25R.オペルカ【23】667⁷  
101K.アンダーソン34  
WRPlayer1234F
54D.コプファー6366 
108C.タベルネル1641 

 

WRPlayer1234F
102H.ビートス・ノディシュコフ・ルーン64632
53クォン・スンウ36366
WRPlayer1234F
52L.ジェレ46 
14D.シャポバロフ【14】7⁷637⁷ 

 

WRPlayer1234F
10H.ホルカシュ【10】67⁷6⁵6 
106E.ゲラシモフ27⁷3 
WRPlayer1234F
49J.ダックワース46621
70A.マナリノ62366

 

WRPlayer1234F
139N.ミロジェビッチ(Q)7432 
55M.マクドナルド5666 
WRPlayer1234F
72J.ムナール67⁷44
20A.カラツェフ【18】37⁷66

 

WRPlayer1234F
30K.ハチャノフ【28】3667⁷ 
109D.クドラ632 
WRPlayer1234F
65B.ボンジ666  
87P.ゴヨブチック333  

 

WRPlayer1234F
126Y.ハンフマン(Q)666  
145T.コキナキス(WC)232  
WRPlayer1234F
66M.ギロン142  
6R.ナダル【6】666  
WRPlayer1234F
146R.サフィウリン(LL)36⁹76⁶ 
74A.モルカン67¹¹57⁸ 
WRPlayer1234F
161D.ジュムール(LL)151  
88P.アンドゥハル676  

 

WRPlayer1234F
98A.セッピ115  
107K.マイクシャク667  
WRPlayer1234F
60L.ムセッティ6303 
34A.デミノー【32】3666 

 

WRPlayer1234F
23N.バシラシビリ【21】1647⁷4
135A.マレー(WC)6366⁵6
WRPlayer1234F
120ダニエル 太郎(Q)7⁷66  
151T.バリオス・ベラ(Q)6⁵11  

 

WRPlayer1234F
84S.ジョンソン7⁷6⁶466
73J.トンプソン6⁵7⁸633
WRPlayer1234F
140J.ソウザ(LL)451  
11J.シンネル【11】676  

 

WRPlayer1234F
17R.バウティスタ・アグート【15】7⁷656 
86S.トラバグリア471 
WRPlayer1234F
132P.コールシュライバー677⁷  
97M.チェッキナート456⁰  

 

WRPlayer1234F
37F.ティアフォー36636
198M.トゥルンヘリッティ(Q)64263
WRPlayer1234F
228M.マルテレル(Q)6⁸32  
22T.フリッツ【20】7¹⁰66  

 

WRPlayer1234F
28G.ディミトロフ【26】6467 
143J.レヘチカ(Q)4635 
WRPlayer1234F
47B.ペール63727
83T.モンテイロ46565

 

WRPlayer1234F
95S.バエス64616
44A.ラモス=ビノラス46362
WRPlayer1234F
82M.イーメル243  
4S.チチパス【4】666  

 

WRPlayer1234F
5A.ルブレフ【5】666  
63G.マジェル322  
WRPlayer1234F
76R.カルバレス・バエナ16634
96R.ベランキス63266

 

WRPlayer1234F
255T.スカトフ(Q)3264 
117N.ゴンボス(Q)6616 
WRPlayer1234F
155E.ゴメス(Q)312  
29M.チリッチ【27】666  

 

WRPlayer1234F
26D.エバンス【24】666  
45D.ゴファン430  
WRPlayer1234F
59A.ポピリン56263
58A.リンダークネク74636

 

WRPlayer1234F
51A.ダビドビッチ・フォキナ666  
142A.ボルト(WC)334  
WRPlayer1234F
90E.ルースブオリ46634
9F.オジェ=アリアシム【9】60366

 

WRPlayer1234F
13D.シュワルツマン【13】667  
39F.クライノビッチ345  
WRPlayer1234F
173C.オコネル(WC)7⁷646 
67H.ガストン6⁴061 

 

WRPlayer1234F
130T.マチャク(Q)6266 
81J.マヌエル・セルンドロ3642 
WRPlayer1234F
75M.クレッシー7⁷76⁴6⁴6
24J.イズナー【22】57⁷7⁷4

 

WRPlayer1234F
31U.アンベール【29】66⁴3 
85R.ガスケ37⁷7⁷6 
WRPlayer1234F
56B.ファン・デ・ザンスフルプ666  
50J-L.ストルフ432  

 

WRPlayer1234F
127L.ブローディ(Q)443  
114N.キリオス666  
WRPlayer1234F
92H.ラクソネン14  
2D.メドベージェフ【2】667⁷  
第1シードのN.ジョコビッチの欠場により、優勝争いが混沌となった男子は、1回戦からC.ノリー(12)、N.バシラシビリ(21)、J.イズナー(22)、U.アンベール(29)、L.ハリス(30)の5名がシードダウン、C.ルード(8)が棄権するなど波乱の展開が続く中、トップシードは順調な勝ち上がりを見せた。
日本勢は2名が本戦に出場。西岡良仁は、予選から勝ち上がったR.アルボットに完敗したものの、予選から勝ち上がったダニエル太郎は、近年、取り組んでいるアグレッシブなプレーで相手を寄せ付けず、3年ぶりの全豪オープン1回戦突破を果たした。
 

女子シングルス

決勝
WRPlayer12F
1A.バーティ【1】67⁷ 
29D.コリンズ【27】3 

母国開催となる全豪オープンでの初優勝を目指すA.バーティ(1)とグランドスラムでの初優勝を目指すD.コリンズ(27)の対戦は、序盤はD.コリンズ(27)のペースで進みながらも、第5ゲームのブレークチャンスを活かせなかったD.コリンズ(27)に対して、直後の第6ゲームのブレークに成功したA.バーティ(1)が、第1セットを奪う。第2セットに入り、第2ゲームのブレークに成功したD.コリンズ(27)が、サーブと強力なバックハンドを軸に主導権を握ると、第6ゲームのブレークにより5-1とリードを広げる。劣勢となった状況の中でも冷静なプレーを続けたA.バーティ(1)が、その後2ブレークを返し、勝負の行方はタイブレークに持ち込まれた。そして序盤からタイブレークを優位に進めたA.バーティ(1)が第2セットを逆転でものにし、セットカウント2-0のストレートでD.コリンズ(27)を破り、全豪オープン初優勝。1978年のクリス・オニール以来となるオーストラリア勢、44年ぶりの優勝を飾った。

準決勝
WRPlayer12F
1A.バーティ【1】66 
87M.キーズ13 

ここまで圧倒的で隙のないプレーで勝ち上がってきたA.バーティ(1)と数多くのシード選手を退け、勢いに乗るM.キーズの対戦は、多彩なショットと戦術で第1ゲームのブレークに成功したA.バーティ(1)が、その後も主導権を許らず、第4、第7ゲームのブレークにも成功、第1セットを6-1で奪うと、第2セットに入っても、相手に隙を与えることなく、第6ゲームのブレークに成功。第2セットも6-4で奪ったA.バーティ(1)が、終始、冷静で落ち着いたプレーを見せ、M.キーズをまったく寄せ付けず、セットカウント2-0のストレートで勝利。全豪初の決勝進出を決めた。

WRPlayer12F
29D.コリンズ【27】66 
8I.シフィオンテク【7】41 

D.コリンズ(27)とI.シフィオンテク(7)の対戦は、持ち味であるバックハンドの強打と安定したサーブを活かし、第1ゲームのブレークに成功したD.コリンズ(27)が、一気に4ゲームを連取、終盤にかけ、ブレーク合戦になるものの、常にリードを保ち、6-4で第1セットを奪うと、第2セットに入っても、序盤から4ゲームを連取するなど、主導権を渡さずに6-1で奪い、セットカウント2-0のストレートで快勝。感情を抑え、冷静なプレーを続けたD.コリンズ(27)がウィナーで27-12、トータルポイントでも63-40とI.シフィオンテク(7)を圧倒し、グランドスラム初の決勝進出を決めた。

準々決勝
WRPlayer12F
1A.バーティ【1】66 
22J.ペグラ【21】20 
WRPlayer12F
4B.クレイチコバ【4】32 
87M.キーズ66 

 

WRPlayer12F
29D.コリンズ【27】76 
62A.コルネ51 
WRPlayer12F
8I.シフィオンテク【7】47⁷6
71K.カネピ63
・A.バーティ(1)とJ.ペグラ(21)の対戦は、フォアハンドで多少のミスはあったものの、安定したプレーで相手に隙を与えなかったA.バーティ(1)が2年ぶりの準決勝進出を決めた。
・B.クレイチコバ(4)とM.キーズの対戦は、終始、相手を圧倒したM.キーズが、全豪7年ぶり2度目の準決勝進出を決めた。
・D.コリンズ(27)とA.コルネの対戦は、A.コルネの粘りの前に途中、苦戦を強いられながらも第1セットを奪ったD.コリンズ(27)がストレートで勝利し、全豪3年ぶり2度目の準決勝進出を決めた。
・I.シフィオンテク(7)とK.カネピの対戦は、好調なサーブで主導権を握り、第1セットを先取したK.カネピに対して、粘り強いプレーで第2、第3セットを奪ったI.シフィオンテク(7)が、フルセットの接戦を制し、全豪初の準決勝進出を決めた。
4回戦
WRPlayer12F
1A.バーティ【1】66 
61A.アニシモワ43 
WRPlayer12F
22J.ペグラ【21】7⁷6 
6M.サッカリ【5】6⁰3 

 

WRPlayer12F
4B.クレイチコバ【4】66 
25V.アザレンカ【24】22 
WRPlayer12F
87M.キーズ66 
9P.バドサ・ ジベール【8】31 
WRPlayer12F
29D.コリンズ【27】466
20E.メルテンス【19】644
WRPlayer12F
15S.ハレプ【14】464
62A.コルネ636

 

WRPlayer12F
8I.シフィオンテク【7】566
38S.チルステア733
WRPlayer12F
71K.カネピ567¹⁰
2A.サバレンカ【2】726⁷
A.バーティ(1)やB.クレイチコバ(4)、I.シフィオンテク(7)が順当にベスト8に勝ち上がる中、A.サバレンカ(2)やM.サッカリ(5)、P.バドーザ・ジベール(8)といった上位シードが敗れ、ノーシードが3名も勝ち上がる波乱の4回戦となった。また、32歳のA.コルネが、グランドスラム63度目の出場で初のベスト8進出を決めた。
3回戦
WRPlayer12F
1A.バーティ【1】66 
33C.ジョルジ【30】23 
WRPlayer12F
61A.アニシモワ467¹⁰
14大坂 なおみ【13】636⁵

 

WRPlayer12F
64N.パリザス・ディアス2 
22J.ペグラ【21】7⁷6 
WRPlayer12F
30V.クデルメトワ【28】41 
6M.サッカリ【5】66 

 

WRPlayer12F
4B.クレイチコバ【4】266
28J.オスタペンコ【26】644
WRPlayer12F
25V.アザレンカ【24】66 
16E.スビトリーナ【15】02 

 

WRPlayer12F
87M.キーズ467¹⁰
112ワン・チャン63
WRPlayer12F
50M.コスチュク274
9P.バドサ・ ジベール【8】656
WRPlayer12F
41C.タウソン645
29D.コリンズ【27】467
WRPlayer12F
20E.メルテンス【19】66 
60ジャン・シューアイ22 

 

WRPlayer12F
15S.ハレプ【14】66 
99D.コビニッチ21 
WRPlayer12F
31T.ジダンセク【29】642
62A.コルネ466

 

WRPlayer12F
8I.シフィオンテク【7】66 
26D.カサトキナ【25】23 
WRPlayer12F
38S.チルステア626
11A.パブリュチェンコワ【10】362

 

WRPlayer12F
71K.カネピ266
139M.イングリス(WC)620
WRPlayer12F
34M.ボンドロウソバ【31】631
2A.サバレンカ【2】466
ここまで波乱の多かった女子だが、3回戦は、A.パブリュチェンコワ(10)、大坂なおみ(13)が敗れたものの、上位シード選手が順調に4回戦に勝ち上がった。大坂なおみは、接戦を演じたものの、最後は、A.アニシモアのサーブと強打に振り切られ、3回戦敗退となった。
2回戦
WRPlayer12F  
1A.バーティ【1】66   
145L.ブロンゼッティ(Q)11   
WRPlayer12F  
48T.マルティンコバ2   
33C.ジョルジ【30】67⁷   

 

WRPlayer12F  
23B.ベンチッチ【22】25   
61A.アニシモワ67   
WRPlayer12F  
59M.ブレングル04   
14大坂 なおみ【13】66   

 

WRPlayer12F  
64N.パリザス・ディアス     
81M.ザネフスカ(W/O)     
WRPlayer12F  
97B.ペラ44   
22J.ペグラ【21】66   

 

WRPlayer12F  
30V.クデルメトワ【28】67   
82E-G.ルース25   
WRPlayer12F  
111ジェン・チンウェン(Q)14   
6M.サッカリ【5】66   

 

WRPlayer12F  
4B.クレイチコバ【4】66   
103ワン・シンユイ(WC)23   
WRPlayer12F  
57A.リスク624  
28J.オスタペンコ【26】466  

 

WRPlayer12F  
25V.アザレンカ【24】66   
37J.タイシュマン12   
WRPlayer12F  
110H.タン(RET)371  
16E.スビトリーナ【15】655  

 

WRPlayer12F  
87M.キーズ67   
73J.クリスティアン25   
WRPlayer12F  
56A.バン・ウィトバンク66⁵3  
112ワン・チャン27⁷6  

 

WRPlayer12F  
35S.ソリベス・トルモ【32】6⁵3   
50M.コスチュク7⁷6   
WRPlayer12F  
113M.トレビザン(Q)03   
9P.バドサ・ ジベール【8】66   
WRPlayer12F  
7A.コンタベイト【6】24   
41C.タウソン66   
WRPlayer12F  
65A.コニュ43   
29D.コリンズ【27】66   

 

WRPlayer12F  
20E.メルテンス【19】66   
58I-C.ベグ32   
WRPlayer12F  
60ジャン・シューアイ61   
13E.リバキナ【12】(RET)40   

 

WRPlayer12F  
15S.ハレプ【14】66   
88B.ハダード・マイア20   
WRPlayer12F  
99D.コビニッチ646  
18E.ラドゥカヌ【17】463  

 

WRPlayer12F  
31T.ジダンセク【29】7⁷6   
74H.ワトソン6⁴4   
WRPlayer12F  
62A.コルネ66   
3G.ムグルッサ【3】33   

 

WRPlayer12F  
8I.シフィオンテク【7】66   
93R.ピーターソン22   
WRPlayer12F  
55M.リネッテ23   
26D.カサトキナ【25】66   

 

WRPlayer12F  
38S.チルステア66   
100K.クコバ24   
WRPlayer12F  
480S.ストーサー(WC)22   
11A.パブリュチェンコワ【10】66   

 

WRPlayer12F  
71K.カネピ67⁷   
80M.ブーズコバ2   
WRPlayer12F  
168H.バティスト(Q)6⁴62  
139M.イングリス(WC)7⁷26  

 

WRPlayer12F  
34M.ボンドロウソバ【31】67   
39L.サムソノワ25   
WRPlayer12F  
103ワン・シンユイ642  
2A.サバレンカ【2】166  
1回戦もG.ムグルッサ(3)、A.コンタベイト(6)、E.リバキナ(12)は棄権、E.ラドゥカヌ(17)、B.ベンチッチ(22)、S.ソリベス・トルモ(32)の6名がシードダウンする中、連覇を狙う大坂なおみは、順調な勝ち上がりを見せた。
1回戦
WRPlayer12F  
1A.バーティ【1】66   
120L.ツレンコ(Q)01   
WRPlayer12F  
79V.グラチェワ 623  
145L.ブロンゼッティ(Q)366  

 

WRPlayer12F  
48T.マルティンコバ76   
95L.デービス52   
WRPlayer12F  
67A.ポタポワ40   
33C.ジョルジ【30】66   

 

WRPlayer12F  
23B.ベンチッチ【22】66   
91K.ムラデノビッチ43   
WRPlayer12F  
191A.ハルトノ(Q)643  
61A.アニシモワ266  

 

WRPlayer12F  
102D.ヤストレムスカ(RET)160  
59M.ブレングル605  
WRPlayer12F  
53C.カミラ・オソリオ・セラーノ(LL)33   
14大坂 なおみ【13】66   

 

WRPlayer12F  
136I.バラ(LL)31   
64N.パリザス・ディアス66   
WRPlayer12F  
81M.ザネフスカ7⁹7⁷   
86K.ユバン6⁷6⁴   

 

WRPlayer12F  
97B.ペラ76   
40E.アレクサンドロワ53   
WRPlayer12F  
51A.カリーニナ65  
22J.ペグラ【21】47⁷7  

 

WRPlayer12F  
30V.クデルメトワ【28】66   
94C.リュー44   
WRPlayer12F  
82E-G.ルース66   
52J.パオリーニ13   

 

WRPlayer12F  
77A.サスノビッチ366⁵  
111ジェン・チンウェン(Q)617¹⁰  
WRPlayer12F  
285T.マリア4   
6M.サッカリ【5】67⁷   

 

WRPlayer12F  
4B.クレイチコバ【4】66   
72A.ペトコビッチ20   
WRPlayer12F  
158V.クズモバ(Q)53   
103ワン・シンユイ(WC)76   

 

WRPlayer12F  
69D.ベキッチ22   
57A.リスク66   
WRPlayer12F  
90A.カロリナ・シュミエドロバ7⁹41  
28J.オスタペンコ【26】6⁷66  

 

WRPlayer12F  
25V.アザレンカ【24】66   
98P.アドゥヴァーディ31   
WRPlayer12F  
54P.マルティッチ33   
37J.タイシュマン66   

 

WRPlayer12F  
43Y.プティンセバ33   
110H.タン66   
WRPlayer12F  
104F.フェロ16⁴   
16E.スビトリーナ【15】67⁷   

 

WRPlayer12F  
12S.ケニン【11】5   
87M.キーズ7⁷7   
WRPlayer12F  
84G.ミネン54   
73J.クリスティアン76   

 

WRPlayer12F  
56A.バン・ウィトバンク66   
160C.ブチャ(Q)34   
WRPlayer12F  
112ワン・チャン66   
19C.ガウフ【18】42   

 

WRPlayer12F  
35S.ソリベス・トルモ【32】66   
314K.フリプケンス41   
WRPlayer12F  
117D.パリー(WC)1   
50M.コスチュク67⁷   

 

WRPlayer12F  
127日比野 菜緒(LL)23   
113M.トレビザン(Q)66   
WRPlayer12F  
45A.トムヤノビッチ40   
9P.バドサ・ ジベール【8】66   
WRPlayer12F  
7A.コンタベイト【6】66   
49K.シニアコバ23   
WRPlayer12F  
41C.タウソン66   
101A.シャルマ34   

 

WRPlayer12F  
65A.コニュ467  
36S.ロジャース635  
WRPlayer12F  
200C.ドルハイド(Q)13   
29D.コリンズ【27】66   

 

WRPlayer12F  
20E.メルテンス【19】67   
85V.ズボナレワ45   
WRPlayer12F  
96O.ドダン653  
58I-C.ベグ276  

 

WRPlayer12F  
42V.ゴルビッチ34   
60ジャン・シューアイ66   
WRPlayer12F  
108Z.ディアス7⁷1  
13E.リバキナ【12】7⁷6  

 

WRPlayer12F  
15S.ハレプ【14】66   
105M.フレッチ43   
WRPlayer12F  
178K.ヴォリネッツ(Q)623  
88B.ハダード・マイア366  

 

WRPlayer12F  
212チャン・スジョン(Q)364  
99D.コビニッチ626  
WRPlayer12F  
68S.スティーブンス061  
18E.ラドゥカヌ【17】626  

 

WRPlayer12F  
31T.ジダンセク【29】367¹⁰  
66A.ルス636⁸  
WRPlayer12F  
74H.ワトソン656  
63M.シェリフ372  

 

WRPlayer12F  
62A.コルネ66   
119V.トモバ(Q)33   
WRPlayer12F  
78C.ブレル34   
3G.ムグルッサ【3】66   

 

WRPlayer12F  
8I.シフィオンテク【7】66   
125H.ダート(Q)30   
WRPlayer12F  
385D.サヴィル(WC)23   
93R.ピーターソン66   

 

WRPlayer12F  
55M.リネッテ67   
70A.セバストバ45   
WRPlayer12F  
147S.フェーゲレ(Q)31   
26D.カサトキナ【25】66   

 

WRPlayer12F  
21P.クビトバ【20】22   
38S.チルステア66   
WRPlayer12F  
76土居 美咲35   
100K.クコバ67   

 

WRPlayer12F  
172R.アンダーソン(WC)7⁷33  
480S.ストーサー(WC)6⁵66  
WRPlayer12F  
92A.ボンダール21   
11A.パブリュチェンコワ【10】66   

 

WRPlayer12F  
17A.ケルバー【16】43   
71K.カネピ66   
WRPlayer12F  
80M.ブーズコバ66   
146R.マリノ(Q)13   

 

WRPlayer12F  
168H.バティスト(Q)47⁷6  
75C.ガルシア66⁴3  
WRPlayer12F  
139M.イングリス(WC)66   
24L.フェルナンデス【23】42   

 

WRPlayer12F  
34M.ボンドロウソバ【31】66   
223P.ホン(WC)23   
WRPlayer12F  
216E.ベクタス(Q)54   
39L.サムソノワ76   

 

WRPlayer12F  
44A.リー6⁵3   
103ワン・シンユイ7⁷6   
WRPlayer12F  
135S.サンダース(WC)732  
2A.サバレンカ【2】566  
若手の活躍もあり、大混戦が続く女子は、1回戦からS.ケニン(11)、A.ケルバー(16)、C.ガウフ(18)、P.クビトバ(20)、L.フェルナンデス(23)の5名がシードダウンと男子同様、波乱があったものの、トップシードは順調な勝ち上がりを見せた。
日本勢は3名が本戦に出場。連覇を狙う大坂なおみは、順調な勝ち上がりを見せたものの、前哨戦で準決勝に進出した土居美咲とラッキールーザーのチャンスを活かせなかった日比野菜緒は、1回戦敗退となった。
 
スポンサーリンク

ドロー

男子シングルス

 

【決勝】
全豪オープンテニス 男子


【トップハーフ】

全豪オープンテニス 男子

【ボトムハーフ】
全豪オープンテニス 男子

※国名には、地域も含まれます。

WC:ワイルドカード(主催者推薦)
PR:プロテクトランキング
LL:ラッキールーザー
SE:スペシャル・イグザンプト(予選に出場できない選手を救済するための特別出場枠)
Q:クオリファイヤー(予選を勝ち上がった選手)
RET:棄権(ケガなどによる)
DEF:棄権(ルール違反等による)
W/O:ウォークオーバー(不戦敗)

 

女子シングルス

 

【決勝】
全豪オープンテニス 女子

【トップハーフ】

全豪オープンテニス 女子

【ボトムハーフ】

全豪オープンテニス 女子

※国名には、地域も含まれます。

WC:ワイルドカード(主催者推薦)
PR:プロテクトランキング
LL:ラッキールーザー
SE:スペシャル・イグザンプト(予選に出場できない選手を救済するための特別出場枠)
Q:クオリファイヤー(予選を勝ち上がった選手)
RET:棄権(ケガなどによる)
DEF:棄権(ルール違反等による)
W/O:ウォークオーバー(不戦敗)

コメント

タイトルとURLをコピーしました