2022-2023シーズン フォーティネット・チャンピオンシップのテレビ放送予定と試合結果【PGA米国男子ツアー】

フォーティネット・チャンピオンシップ 2022PGAツアー

2022年9月15日(木)~9月18日(日)にかけてアメリカ・カリフォルニア州ナパにあるシルバラード・リゾート&スパ(Silverado Resort and Spa)のノースコース(North Course)で開催される2022-2023シーズンの開幕戦「フォーティネット・チャンピオンシップ(Fortinet Championship)」の大会概要、大会日程(スケジュール)、出場選手一覧、テレビ放送予定を紹介します。

日本勢では松山英樹が出場します。

※松山英樹:2014年大会の初出場から2大会連続6回目の出場

(2022.9.19)
・出場した全選手の最終結果(順位と獲得賞金)をPDFにて掲載しました。
・1位、2位、3位と松山英樹のSTATISTICSを掲載ました。
・マックス・ホーマが開幕戦を制し、大会連覇を達成と共にPGAツアー5勝目を飾った。
・最終日の結果(トップ10と松山英樹)を掲載しました。
・松山英樹は25位タイ。

(2022.9.18)
・最終日の全選手と松山英樹を含む注目の組み合わせを掲載しました。
・3日目の結果(トップ10と松山英樹)を掲載しました。
・松山英樹は70位タイ。

(2022.9.17)
・3日目の全選手と松山英樹を含む注目の組み合わせを掲載しました。
・2日目の結果(トップ10と松山英樹)を掲載しました。
・松山英樹は42位タイ。

(2022.9.16)
・1日目の結果(トップ10と松山英樹)を掲載しました。
・松山英樹は26位タイ。

(2022.9.14)
・1日目と2日目の松山英樹を含む注目の組み合わせを掲載しました。
・パワーランキングを掲載、松山英樹は選出されず。
・ホール・ロケーションを更新しました。
・最終エントリーが確定した156名の出場選手をPDFにて掲載しました。
 
スポンサーリンク

フォーティネット・チャンピオンシップ

2007年にフライズ・エレクトロニクス・オープンとしてスタート、2008年大会からフライズ・ドット・コム・オープン、2017年大会から2021年大会までのセーフウェイ・オープンを経て、2022年大会からフォーティネット・チャンピオンシップとして16回目を迎えるまだまだ歴史の浅いトーナメントとなります。

第1回大会を制したのは、2003年のマスターズ・トーナメント覇者でレフティーのマイク・ウィア。2017年大会と2018年大会で連覇を達成したブレンダン・スティールが最多2回の優勝を誇っています。

前回大会は2打差を逆転したマックス・ホーマが制し、PGAツアー3勝目を飾っています。

会場となるのは、2015年大会から9大会連続で「シルバラード・リゾート&スパ(Silverado Resort and Spa)のノースコース(North Course)」となります。

今大会の賞金総額は$8,000,000、優勝者にはFEDEXCUP POINTS:500ポイントと2025年シーズンまでの2年間のシード権に加え、今季のセントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ、ザ・プレーヤーズ選手権、マスタ-ズ・トーナメント、全米プロゴルフ選手権の4大会への出場権が付与される予選・決勝ラウンドを含む4日間72ホールのストローク・プレーで行われます。

次週、プレジデンツ・カップを控える中で世界ランキングトップ10のプレーヤーの出場はありませんが、2014年と2015年の大会でともに3位タイに入っている世界ランキング16位で今大会のランキング最上位の松山英樹に加え、大会連覇を目指すマックス・ホーマや復活を期すハリス・イングリッシュ、PGAツアー初優勝を目指すサヒス・ティーガラやマーベリック・マクニーリーと言った注目の若手が開幕戦を良い形でスタートするのか注目されるフィールドとなっています。

※世界ランキングは2022年9月11日時点

【パワー・ランキング】
1位:マックス・ホーマ
2位:マーベリック・マクニーリー
3位:コーリー・コナーズ
4位:サヒス・ティーガラ
5位:テイラー・ペンドリス
6位:ジャスティン・サー
7位:ケビン・ストリールマン
8位:エミリアーノ・グリジョ
9位:ブランドン・ウー
10位:ブレンダン・スティール
11位:テイラー・モンゴメリー
12位:オースティン・エックロート
13位:ニック・ハーディ
14位:マイケル・キム
15位:カール・ヤン・イェチュン

スポンサーリンク

フォーティネット・チャンピオンシップ 開催会場

【アメリカ・カリフォルニア州ナパ】
シルバラード・リゾート&スパ(Silverado Resort and Spa)

コースYardagePar
ノースコース
(North Course)
7,12372

 

アメリカ・カリフォルニア州ナパにあるシルバラード・リゾート&スパのノースコースは、シュルツ・ミュージアムでも有名な「スヌーピーの聖地」としても知られているサンタ・ローザの東に位置するプライベート・コースとなっています。

1955年にベン・ハーモンによって設計され、1966年のロバート・トレント・ジョーンズと2011年のジョニー・ミラーのよって改修されたコースは、夏は雨が少なく、冬は温暖な気候のワインの産地として知られるナパのブドウ畑の中に造られています。

リゾートコースのため、戦略性が少なく、全体的にストレートなホールが多いが、非常に狭いフェアウェイと奥行きのない難しく硬いグリーン、特徴の1つでもあるバンカー、強風が特徴の丘陵地を活かした高低差のある林間コースとなります。全体的にPar3が難しく、Par5が優しいのも特徴の1つでティーショットと終盤の上がり3ホール(16番、17番、18番)でどこまでスコアを伸ばせるかが優勝へのカギを握ることになるでしょう。

【特徴のあるホール】
・2番Par3:最も長いPar3。
・17番Par4:1オン可能なPar4。
・18番Par5:2オン可能なPar5。

【芝の種類】
・フェアウェイ:バミューダグラス/ポアナ/ライグラス
・ラフ:ブルーグラス/ライグラス
・グリーン:ポアナ/ベントグラス
HoleYardagePar
14364
21973
34244
44074
55385
64174
72123
83604
95575
104224
111823
123914
134584
144124
151893
165715
173754
185755
OUT3,54836
IN3,57536
Total7,12372
※2023年大会 HOLE LOCATIONS

フォーティネット・チャンピオンシップ スケジュール

2022年9月15日(木)~9月18日(日)

9月15日(木) 大会1日目(予選ラウンド)
9月16日(金) 大会2日目(予選ラウンド)
9月17日(土) 大会3日目(決勝ラウンド)
9月18日(日) 大会最終日(決勝ラウンド)

フォーティネット・チャンピオンシップ 賞金

【賞金総額】

 $8,000,000

【優勝賞金 】

 $1,440,000

※全選手の獲得賞金は大会終了後に下記PDF(出場した全選手のリザルトと獲得賞金)に掲載します。

歴代優勝者

フォーティネット・チャンピオンシップの過去10大会の優勝者を紹介します。

最多優勝回数はアメリカのブレンダン・スティールの2回(2017年大会から2連覇)となります。

前回大会を制したのはアメリカのマックス・ホーマでした。

優勝者
2022マックス・ホーマ
2021スチュワート・シンク
2020キャメロン・チャンプ
2019ケビン・ツウェイ
2018ブレンダン・スティール
2017ブレンダン・スティール
2016エミリアーノ・グリジョ
2015ベ・サンムン
2014ジミー・ウォーカー
2012ヨナス・ブリクスト

 

出場選手一覧

最終エントリーが確定した156名の出場選手は、PDFをご覧ください。


注目選手

※選手情報及び世界ランキングは2022年9月11日時点

松山 英樹(Hideki Matsuyama)
世界ランキング 16位
国籍:日本(愛媛県)
生年月日:1992年2月25日(30歳)
身長:180.3cm
体重:89.8kg

① PGAツアー:8勝

② メジャー・トーナメント:1勝
 ・マスターズ:1勝
 ・全米オープン:0勝
 ・全英オープン:0勝
 ・全米プロゴルフ選手権:0勝

③ FEDEXCUP CHAMPION:0回

2010年アジア・パシフィックア・マチュアで日本人として初優勝を含む2連覇を達成し、2011年マスタ-ズ・トーナメントで日本人初のローアマチュアを獲得するなどアマチュア時代から活躍し、2013-2014シーズンから世界最高峰の舞台であるPGAツアーに参戦、日本人最高のプレーヤーとしてPGAツアーで節目となる10年目のシーズンを迎えます。

本格参戦となった2013-2014シーズンの「the Memorial Tournament presented by Nationwide Insurance」で初優勝を飾り、3年間のシード権を獲得。2016-2017シーズンには、世界ゴルフ選手権で優勝したアジア人初のプレーヤーとなり、年間3勝をあげ、世界ランキング2位まで上り詰めました。

その後、通算5勝を飾る活躍を見せる中、2020-2021シーズン4月に行われたメジャー・トーナメント「マスターズ・トーナメント」で初のタイトルを獲得し、日本人初の男子メジャー・チャンピオンになりました。更に、ケリー・ミドルコフ(アメリカ)、ジャック・ニクラス(アメリカ)、ベン・クレンショー(アメリカ)、タイガー・ウッズ(アメリカ)、フィル・ミケルソン(アメリカ)、セルヒオ・ガルシア(スペイン)に次ぐ、ロー・アマチュア獲得からチャンピオンになった7番目のプレーヤーとなりました。

また、ダスティン・ジョンソンに次いで、ツアーデビューから9年連続でツアーチャンピオンシップに進出する大記録と言える素晴しい成績を残しています。

フェアウェイウッドのクオリティの高さと抜群の精度を誇るアイアンショットを武器にPGAツアー屈指の実力を誇るショットメーカー。更に、アプローチのクオリティも高く、多彩なショットでスコアメイクに繋げています。

2021-2022シーズンは、平均飛距離62位(304.7y)フェアウェイキープ率110位(59.37%)とティーショットに苦労した印象でしたが、パーオン率36位(68.29%)SG: APPROACH THE GREENが6位(0.711)とショットは数値的に良かった印象です。しかし、SG: PUTTING(-0.028)とパッティングは決まらない印象でした。また、SCORING AVERAGEは27位(70.116)でした。

賞金ランキングは12位($5,776,298)フェデックスカップ・レギュラーシーズン・ポイントランキングは11位(1,697)でした。

今季の開幕戦となります。

2大会連続6回目の出場となる今大会では3位2回、トップ10入り3回、トップ25入り4回とまずまずの結果を残しています。

パワーランキングは選出されず。


最新の世界ランキングはこちらをご覧ください!

フォーティネット・チャンピオンシップのテレビ放送

【BS放送】NHK BS1で3日目・最終日のラウンドをライブ放送!!
【CS放送】ゴルフネットワークが1日目と最終日を生中継、2日目と3日目を中継放送!!
【動画配信】GOLFTVが全ラウンドLIVE配信!!

:生中継

【BS放送】NHK BS1

9月18日(日) 第3日

  • 08:00~10:00 (101ch)
  • 10:00~10:10 (SUB102ch)
    ※延長あり

9月19日(月) 第4日(最終日)

  • 08:00~10:00 (101ch)
    ※延長あり

 

【CS放送】ゴルフネットワーク 

1日目と最終日を生中継、2日目と3日目を中継!!  ※日本時間

9月16日() 第1日

  • 07:00~10:00

9月17日() 第2日

  • 10:30~13:30

9月18日(日) 第3日

  • 10:45~13:45

9月19日(月) 第4日 (最終日)

  • 07:00~10:00
    ※延長あり

※スカパー!からゴルフネットワークを視聴する方法は公式サイトスカパー!でご確認下さい。

 

【動画配信】GOLFTV 

全ラウンド生中継ライブ配信 ※日本時間

9月16日(金) 第1日

  • 07:00~10:00

9月17日() 第2日

  • 07:00~10:00

9月18日(日) 第3日

  • 07:00~10:00

9月19日(月) 第4日 (最終日)

  • 07:00~10:00

 

フォーティネット・チャンピオンシップ 試合結果

コースYardagePar
ノースコース
(North Course)
7,12372

 

最終日(決勝ラウンド)

最終日
天候:雨時々くもり
注目の組み合わせ ※()内は日本時間
1番ホールスタート
 09:39(01:39)
 M.ハバード/A.スマザーマン/S.ティーガラ
 09:50(01:50)
 A.スベンソン/M.クーチャー/H.エンディコット
 10:01(02:01)
 アン・ビョンフン/D.トンプソン/P.ヘイリーII
 10:12(02:12)
 J.ローワー/M.ホーマ/D.ウィレット

10番ホールスタート
 09:50(01:50)
 M.トンプソン/松山英樹

※時差:日本は16時間(サマータイム)進んでいます
・スタートは現地時間(()内は日本時間)を記載しています。
・現地時間9月18日(日)の08:00だと日本時間9月19日(月)の00:00あたり、現地時間9月18日(日)の10:12だと日本時間9月19日(月)の02:12になります。
・詳しくは公式ホームページでご確認下さい。
※全選手のスタート時間は下記をご覧ください
フォーティネット・チャンピオンシップ2022 組み合わせ4
最終日(決勝ラウンド)
優勝マックス・ホーマ-1668
2ダニー・ウィレット-1569
3テイラー・モンゴメリー-1364
T4アン・ビョンフン-1271
 ジャスティン・ローワー-1273
T6ニック・テイラー-1168
 リッキー・ファウラー-1169
 サヒス・ティーガラ-1170
T9ブレンドン・トッド-1068
 ハリス・イングリッシュ-1066
 デービス・トンプソン-1072
T25松山 英樹-765

【詳細】
松山 英樹
7バーディ(65)

10時00分時点での天候は雨、気温16.7℃、湿度81%、風速5.8m/s(東南東)というコース・コンディションの中、73名による決勝ラウンド最終日が行われた。

雨による影響によってリフト・クリーン&プレイスが適用された最終日、最終18番での大逆転によって開幕戦を制したのは、大会連覇を目指すマックス・ホーマ。

大会連覇に向け、トップと1打差の2位タイからスタートしたマックス・ホーマは、2番Par3でグリーン奥のフリンジから3パットのボギーとつまずいたものの、4番Par4で3.5mのバーディパットを決めてスコアをスタート時に戻すと、4ホールをパーで通過し迎えた9番Par5でグリーン奥のフリンジから2パットのバーディ。更に折り返した10番Par4と11番Par3でそれぞれ2.9m、9.3mを決めて3連続バーディを奪うと、チャンスもほとんどなく6ホールをパーで通過し、1打リードされて迎えた最終18番Par5で距離のあるグリーンサイドバンカーからの3打目をミスしたものの、砲台で難しいショートサイドからのアプローチを直接決めてバーディ。フェアウェイキープ率57.14% (8/14)、パーオン率77.78% (14/18)、SG: PUTTING(0.795)の5バーディ、1ボギー(68)とスコアを4つ伸ばし、通算16アンダーでフィニッシュ。最終18番Par5でボギーを叩いたダニー・ウィレットを逆転で交わし、大会連覇を達成するとともにPGAツアー5勝目を飾った。

出だしの1番Par4で13.0mのバーディパットを決めて幸先の良いスタートを切ったダニー・ウィレットは、4番Par4でも2.9mを決めてバーディ。更に8番Par4でも2打目をピン奥の傾斜を利用して1.1mにつけバーディを奪い、順調にスコアを伸ばすものの、9番Par5で3パットのボギーと3日目に続き、スコアを落とす。折り返した10番Par4で5.0mを決めてバウンスバックに成功、更に惜しいチャンスを活かせないホールが続く中、14番Par4でフリンジから右に曲がるラインを読み切ったバーディで単独トップに立ったものの、1打リードして迎えた最終18番Par5で1.1mのバーディパットからまさかの3パット、優勝が手からすり抜けるボギーでホールアウト。フェアウェイキープ率50.00% (7/14)、パーオン率94.44% (17/18)、SG: PUTTING(-0.791)の5バーディ、2ボギー(69)とスコアを3つ伸ばしたものの、4つあるPar5でスコアを伸ばせず、その内2つで3パットのボギーとパッティングで苦労し、通算15アンダー・単独2位で4日間のトーナメントを終え、2016年のマスターズ以来となるPGAツアー2勝目は成らなかった。

通算13アンダー・単独3位には、最終日のベストスコアとなる8バーディ(64)でラウンドしたツアールーキーのテイラー・モンゴメリーが入り、単独トップでスタートしたジャスティン・ローワーは、2バーディ、3ボギー(73)とスコアを1つ落とし、通算12アンダー・4位タイで大会を終えた。

復活を期すリッキー・ファウラーとPGAツアー初優勝を目指す若手注目のサヒス・ティーガラが通算11アンダー・6位タイに入り、上々のシーズン開幕となった。

3日目に大きく順位を落とし、イーブンパー・70位タイからのスタートとなった松山英樹は、14番Par4でバンカーからの2打目をピンそば2.7mにつけバーディを先行させると、2打目を右に曲げながらも3打目のアプローチを2.3mよせた18番Par5と2打目をピンそば1.7mにつけた1番Par4で連続バーディ。更に5番Par5と6番Par4、そして7番Par3でそれぞれ4.6m、3.6m、1.5mを決めて3連続バーディを奪うと、8番Par4で2.8mのバーディチャンスを活かせず、4連続バーディとはいかなかったものの、上りの9番Par5でフリンジから上りの17.4mのイーグルパットを1.3mにつけてバーディフィニッシュ。フェアウェイキープ率42.86% (6/14)、パーオン率77.78% (14/18)、SG: APPROACH TO THE GREEN(2.707)SG: PUTTING(2.115)のボギーフリーとなる7バーディ(65)とスコアを7つ伸ばし、通算7アンダー・25位タイまで順位を上げて開幕戦を終えた。

3日目(決勝ラウンド)

3日目
天候:晴れのちくもり
注目の組み合わせ ※()内は日本時間
1番ホールスタート
 09:10(01:10)
 H.イングリッシュ/T.ペンドリス
 09:20(01:20)
 D.マッカーシー/松山英樹
 10:55(02:55)
 T.メリット/C.ゴッタラップ
 12:55(04:55)
 M.シュミット/キム・ソンヒョン
 13:25(05:25)
 S.ティーガラ/B.スチュアード
 13:35(05:35)
 T.ムーア/M.クーチャー
 13:45(05:45)
 J.ローワー/アン・ビョンフン
 13:55(05:55)
 M.ホーマ/D.ウィレット

※時差:日本は16時間(サマータイム)進んでいます
・スタートは現地時間(()内は日本時間)を記載しています。
・現地時間9月17日(土)の07:40だと日本時間9月17日(土)の23:40あたり、現地時間9月17日(土)の13:55だと日本時間9月18日(日)の05:55になります。
・詳しくは公式ホームページでご確認下さい。
※全選手のスタート時間は下記をご覧ください
フォーティネット・チャンピオンシップ2022 組み合わせ3
3日目(決勝ラウンド)
首位ジャスティン・ローワー-1369
T2マックス・ホーマ-1272
 ダニー・ウィレット-1272
4アン・ビョンフン-1171
T5デービス・トンプソン-1065
 ポール・ヘイリーII-1066
 アダム・スベンソン-1067
 マット・クーチャー-1070
T9ハリソン・エンディコット-965
 マーク・ハバード-967
 オースティン・スマザーマン-967
 サヒス・ティーガラ-971
T70松山 英樹E75

【詳細】
松山 英樹
2バーディ、3ボギー、1ダブルボギー(75)

14時00分時点での天候は晴れ、気温23.9℃、湿度43%、風速7.6m/s(南西)というコース・コンディションの中、73名による決勝ラウンド3日目が行われた。

決勝ラウンド3日目を終えて単独トップに立ったのは、初日ロケットスタートで単独トップに立ったPGAツアー初優勝を目指す33歳のジャスティン・ローワー。

出だしの1番Par4でアプローチをよせきれずボギースタートとなったジャスティン・ローワーは、2打目を61cmにつけた4番Par4と3打目をよせた5番Par5で連続バーディを奪うと、7番Par3でティーショットの乱れからバンカーショットもよせられずボギーを叩いたものの、ティーショットから大きく乱れた9番Par5でグリーン左奥からのアプローチを直接決めてバーディ。更に折り返した池越えの11番Par3でティーショットをピンハイ1.9mにつけてバーディを奪うと、その後はチャンスを活かせなかったものの、最終18番Par5でグリーン奥からのアプローチをよせてバーディフィニッシュ。フェアウェイキープ率64.29% (9/14)、パーオン率72.22% (13/18)、SG: PUTTING(-1.363)とパッティングが決まらなかったものの、5バーディ、2ボギー(69)とスコアを3つ伸ばし、通算13アンダー・単独トップで3日目を終えた。

トップと1打差の2位タイには、トップタイでスタートしながら、ともにスコアを伸ばすことが出来なかった大会連覇を目指すマックス・ホーマと2016年のマスターズ・チャンピオンであるダニー・ウィレットが通算12アンダーで並んだ。

PGAツアー初優勝を目指す若手注目のサヒス・ティーガラは、通算9アンダー・9位タイ、復活を期すリッキー・ファウラーが通算8アンダー・13位タイで3日目を終えた。

42位タイで予選を通過し、上位進出へ巻き返しが期待された松山英樹だったが、2番Par3で91cmと短いパーパットを外しボギーが先行、続く3番Par4で2打目をピンそば1.8mにつけバウンスバックに成功。その後もショットの縦距離が合わずチャンスが得られない中、9番Par5で2.9mのパットを決めてバーディを奪うものの、折り返した10番Par4でティーショットを右に曲げるトラブルからショートサイドからの3打目をバンカーに入れて4オン2パットのダブルボギーを叩くと、3パットの14番Par4と辛うじて池を免れたものの、アプローチをよせられなかった15番Par3で連続ボギー。更に3日目は5番と16番、そして最終18番と3つのPar5でスコアを伸ばせずホールアウト。フェアウェイキープ率64.29% (9/14)、パーオン率55.56% (10/18)、SG: APPROACH TO THE GREEN(-1.678)SG: AROUND THE GREEN(-0.671)SG: PUTTING(-2.374)とショットからパッティングまで良い所が少なく、2バーディ、3ボギー、1ダブルボギー(75)とスコアを2つ落とし、通算イーブンパー・70位タイで3日目を終えた。

2日目(予選ラウンド)

2日目
天候:晴れ
注目の組み合わせ ※()内は日本時間
1番ホールスタート
 12:54(04:54)
 松山英樹/C.デービス/C.コナーズ
 13:05(05:05)
 H.イングリッシュ/J.ダーメン/R.ファウラー
 13:16(05:16)
 S.ティーガラ/D.ライリー/T.ペンドリス

10番ホールスタート
 07:33(23:33)
 W.シンプソン/G.ウッドランド/J.デイ
 07:44(23:44)
 T.マリナックス/J.J.スポーン/T.ホージ
 07:55(23:55)
 M.ホーマ/C.チャンプ/M.キム
 09:12(01:12)
 T.デトリー/ドウ・ズーチェン/C.ゴッタラップ

※時差:日本は16時間(サマータイム)進んでいます
・スタートは現地時間(()内は日本時間)を記載しています。
・現地時間9月16日(金)の07:00だと日本時間9月16日(金)の23:00あたり、現地時間9月16日(金)の14:22だと日本時間9月17日(土)の06:22になります。
・詳しくは公式ホームページでご確認下さい。
2日目(予選ラウンド)
首位マックス・ホーマ-1267
 ダニー・ウィレット-1264
T3ジャスティン・ローワー-1071
 アン・ビョンフン-1068
T5テイラー・ムーア-868
 マット・クーチャー-868
 サヒス・ティーガラ-869
T8ブライアン・スチュアード-769
 ベン・マーティン-768
 ロビー・シェルトン-770
T42松山 英樹-372

【詳細】
松山 英樹
4バーディ、4ボギー(72)

予選CUTライン:-2
C.コナーズ、J.デイ、C.チャンプ、D.ライリーは予選落ちとなりました。


11時00分時点での天候は晴れ、気温21.1℃、湿度62%、風速1.8m/s(南南西)というコース・コンディションの中、155名による予選ラウンド2日目が行われた。

予選ラウンド2日目を終えてトップタイに並んだのは、大会連覇を目指すマックス・ホーマと2016年のマスターズ・チャンピオンであるダニー・ウィレット。

段を上る12.4mの左に曲がるラインを読み切った11番Par3とバックスピンで2打目をピンそば99cmにつけた12番Par4で連続バーディの好スタートを切ったマックス・ホーマは、16番Par5で4.6mを決めてイーグルを奪うと、折り返した1番Par4でも2打目をピンそば58cmにつけタップインバーディ。続く2番Par3で3パットのボギーを叩き、その後も数多くのピンチがありながらもパーセーブに成功し迎えた上りの9番Par5で2.2mのバーディパットを決めてホールアウト。フェアウェイキープ率42.86% (6/14)、パーオン率55.56% (10/18)とショットに苦労したものの、SG: PUTTING(2.883)とパッティングでカバー、2日目も1イーグル、4バーディ、1ボギー(67)とスコアを5つ伸ばし、通算12アンダー・トップタイで決勝ラウンド進出を決めた。

2番Par3で7.6mのバーディパットを決めて幸先の良いスタートを切ったダニー・ウィレットは、6番Par4で2打目をピンそば1.1mにつけバーディを奪うと、2.9mを決めた8番Par4と3打目のアプローチをよせた9番Par5で連続バーディ。更に折り返した13番と14番のPar4でそれぞれ5.6mと2.9mを決めて連続バーディを奪うと、6.4mを決めた17番Par4と3打目をピンそば91cmにつけた最終18番Par5でこの日3回目の連続バーディでホールアウト。フェアウェイキープ率50.00% (7/14)、パーオン率66.67% (12/18)ながら、SG: PUTTING(4.122)とパッティングが素晴しく、ボギーフリーとなる8バーディ、2日目のベストスコア(64)マークし、通算12アンダー・トップタイで決勝ラウンド進出を決めた。

トップと2打差の3位タイには、初日単独トップに立ったジャスティン・ローワーと2シーズンぶりのPGAツアー復帰となるアン・ビョンフンが通算10アンダーで並び、トップと4打差の5位タイには、PGAツアー9勝を誇るベテランのマット・クーチャーに加え、PGAツアー初優勝を目指すテイラー・ムーアとサヒス・ティーガラの3名が通算8アンダーで並んだ。

初日、まずまずのスタートを切った松山英樹は、1番Par4で3パットのボギーと出だしからつまずくと、ティーショットを大きく右に曲げた3番Par4で7.3mのバーディパットを決めたものの、ティーショットのミスから3打目のアプローチもよせきれなかった4番Par4とティーショットを大きく右に曲げ、打ち直しとなった5番Par5で連続ボギー。8番Par4で3.5mの左に大きく曲がるラインを読み切りバーディを奪うものの、折り返した13番Par4でグリーン奥のフリンジから3パットのボギー。しかし、ティーショットが上手くいかない中でも16番と最終18番のPar5でそれぞれ2.9mと3.7mのバーディパットを決めてホールアウト。2日目はフェアウェイキープ率35.71% (5/14)、パーオン率72.22% (13/18)、SG: PUTTING(1.827)とティーショットが良くなく、4バーディ、4ボギー(72)とスコアを伸ばせず、通算3アンダー・42位タイに後退した。

1日目(予選ラウンド)

1日目
天候:晴れ
注目の組み合わせ ※()内は日本時間
1番ホールスタート
 12:43(04:43)
 W.シンプソン/G.ウッドランド/J.デイ
 12:54(04:54)
 T.マリナックス/J.J.スポーン/T.ホージ
 13:05(05:05)
 M.ホーマ/C.チャンプ/M.キム
 14:22(06:22)
 T.デトリー/ドウ・ズーチェン/C.ゴッタラップ

10番ホールスタート
 07:44(23:44)
 松山英樹/C.デービス/C.コナーズ
 07:55(23:55)
 H.イングリッシュ/J.ダーメン/R.ファウラー
 08:06(00:06)
 S.ティーガラ/D.ライリー/T.ペンドリス

※時差:日本は16時間(サマータイム)進んでいます
・スタートは現地時間(()内は日本時間)を記載しています。
・現地時間9月15日(木)の07:00だと日本時間9月15日(木)の23:00あたり、現地時間9月15日(木)の14:22だと日本時間9月16日(金)の06:22になります。
・詳しくは公式ホームページでご確認下さい。
1日目(予選ラウンド)
首位ジャスティン・ローワー-963
2マックス・ホーマ-765
T3アン・ビョンフン-666
 キム・ソンヒョン-666
 J.J.スポーン-666
T6グレイソン・シグ-567
 ニック・テイラー-567
 リッキー・ファウラー-567
 サヒス・ティーガラ-567
 エミリアーノ・グリジョ-567
 スコット・ハリントン-567
 マティアス・シュミット-567
 カン・スン-567
 ブライス・ガーネット-567
 ロビー・シェルトン-567
T26松山 英樹-369

【詳細】
松山 英樹
5バーディ、2ボギー(69)

10時00分時点での天候は晴れ、気温17.2℃、湿度74%、風速1.8m/s(南西)というコース・コンディションの中、156名(1名途中棄権)による予選ラウンド1日目が行われた。

濃霧による中断によって日没サスペンデッドとなった予選ラウンド1日目を終えて単独トップに立ったのは、PGAツアー初優勝を目指す33歳のジャスティン・ローワー。

出だしから無難なスタートを切ったジャスティン・ローワーは、14番Par4で2打目をピンそば1.2mにつけバーディを先行させると、16番Par5と17番Par4でそれぞれ3.1mと
5.8mのパットを決めて連続バーディ。更にバンカーからの3打目をよせた18番Par5と折り返した1番Par4で3.9mのパットを決めて4連続バーディ。その後も2.3mにつけた3番Par4、ともにグリーン奥のラフからのアプローチを直接決めた5番Par5と7番Par3、そして3打目のアプローチを確実によせた上りの9番Par5でバーディを奪うなど、フェアウェイキープ率50.00% (7/14)ながら、パーオン率77.78% (14/18)、SG: AROUND THE GREEN(3.508)SG: PUTTING(3.087)と安定したショットとパッティングを含むショートゲームでボギーフリーとなる9バーディ(63)でラウンド、9アンダー・単独トップで初日を終えた。

出だしの1番Par4からバーディ先行のスタートを切るなど、フェアウェイキープ率57.14% (8/14)ながら、パーオン率83.33% (15/18)、SCRAMBLING: 100.00%、SG: PUTTING(2.811)と安定したプレーでボギーフリーとなる7バーディ(65)でラウンドしたマックス・ホーマがトップと2打差の7アンダー・単独2位で初日を終え、連覇に向け上々の滑り出しを見せた。

トップと3打差の3位タイには、2シーズンぶりのPGAツアー復帰となるアン・ビョンフンと2021年「日本プロゴルフ選手権」で優勝したキム・ソンヒョンの韓国勢に加え、2021-2022シーズンの「Valero Texas Open」でPGAツアー初優勝を飾ったJ.J.スポーンの3名が6アンダーで並んだ。

出だしの10番Par4でアプローチをよせきれずボギースタートとなった松山英樹は、14番Par4でもバンカーからの3打目をよせきれずボギー。ここまで前後左右にブレるショットの精度の低さからチャンスが掴めなかったものの、4.2mを決めた16番Par5と3打目をピンそば99cmにつけた18番Par5でバーディを奪い、パープレーで折り返すと、アプローチを確実によせた5番Par5と2打目をピンそば1.2mにつけた6番Par4で連続バーディ。更に距離の短い8番Par4でも2打目をピンそば83cmにつけバーディ。フェアウェイキープ率35.71% (5/14)、パーオン率55.56% (10/18)とショットに精彩を欠きながらも、パーオン時における平均パット(1.500)とパッティングを含むショートゲームでカバー、5バーディ、2ボギー(69)の3アンダー・26位タイとアジア人最多の9勝目に向けて、まずまずの初日となった。

STATISTICS

DA:DRIVING ACCURACY
  (フェアウェイキープ率)
GIR:GREENS IN REGULATION
  (パーオン率)
DD:DRIVING DISTANCE
  (平均飛距離)
LD:LONGEST DRIVE
  (最大飛距離)
PPG:PUTTS PER GIR
  (パーオン時の平均パット数)
 

1位
マックス・ホーマ(Max Homa)

 DAGIRDD/LDPPG
ROUND157.14%
(8/14)
83.33%
(15/18)
304.4y
(336.0y)
1.533
ROUND242.86%
(6/14)
55.56%
(10/18)
310.2y
(334.0y)
1.600
ROUND371.43%
(10/14)
66.67%
(12/18)
294.2y
(347.0y)
1.714
ROUND457.14%
(8/14)
77.78%
(14/18)
296.2y
(337.0y)
1.917
TOTAL57.14%
(32/56)
70.83%
(51/72)
301.2y
(347.0y)
1.686
RANKT11T26T78/T58T18

 

2位
ダニー・ウィレット(Danny Willett)

 DAGIRDD/LDPPG
ROUND150.00%
(7/14)
77.78%
(14/18)
286.6y
(367.0y)
1.714
ROUND250.00%
(7/14)
66.67%
(12/18)
317.2y
(324.0y)
1.333
ROUND328.57%
(4/14)
55.56%
(10/18)
291.7y
(345.0y)
1.882
ROUND450.00%
(7/14)
94.44%
(17/18)
280.4y
(319.0y)
1.700
TOTAL44.64%
(25/56)
73.61%
(53/72)
293.9y
(367.0y)
1.679
RANKT82T12103/1314

 

3位
テイラー・モンゴメリー(Taylor Montgomery)

 DAGIRDD/LDPPG
ROUND135.71%
(5/14)
50.00%
(9/18)
288.2y
(333.0y)
1.333
ROUND242.86%
(6/14)
61.11%
(11/18)
339.7y
(349.0y)
1.636
ROUND328.57%
(4/14)
61.11%
(11/18)
255.7y
(324.0y)
1.429
ROUND457.14%
(8/14)
77.78%
(14/18)
312.9y
(329.0y)
1.818
TOTAL41.07%
(23/56)
62.50%
(45/72)
299.1y
(349.0y)
1.556
RANKT112T11189/T511

 

25位タイ
松山 英樹(Hideki Matsuyama)

 DAGIRDD/LDPPG
ROUND135.71%
(5/14)
55.56%
(10/18)
303.2y
(325.0y)
1.500
ROUND235.71%
(5/14)
72.22%
(13/18)
289.4y
(340.0y)
1.769
ROUND364.29%
(9/14)
55.56%
(10/18)
291.5y
(322.0y)
1.500
ROUND442.86%
(6/14)
77.78%
(14/18)
301.0y
(311.0y)
1.900
TOTAL44.64%
(25/56)
65.28%
(47/72)
296.3y
(340.0y)
1.660
RANKT82T8698/T87T8

 

優勝したマックス・ホーマはショット・ショートゲーム・パッティングともに安定感があった。2位のダニー・ウィレットはフェアウェイキープ率が82位タイとティーショットに精彩を欠き、3位のテイラー・モンゴメリーはショットに対して、パッティングが素晴しかった。松山英樹はショットに対して、パッティングが8位だった。

全選手の結果

出場した全選手のリザルトと獲得賞金PDFご覧ください。 
 
※PGA公式サイト参照
※2023年大会(2022-2023シーズン)
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました