東レパンパシフィックの出場選手と放送予定・全米オ-プンから舞台は日本へ

東レパンパシフィックWTAツアー

国内で唯一のプレミアトーナメントとして、ITC靱テニスセンターで開催されます。世界のトッププレーヤーが戦う舞台を日本で観戦できます。東京オリンピックでも活躍ができる選手たちが見れる絶好の機会です。大坂なおみが母国で悲願の初優勝が果たせるか!?

スポンサーリンク

大会名

東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント2019

スポンサーリンク

大会期間

2019年9月14日(土) ~22日(日)

予選

2019年9月14日(土) ~15日(日)

本戦

2019年9月16日(月・祝)~22日(日)

会場

【大阪】

ITC靱テニスセンター

〒550-0004 大阪府大阪市西区靱本町2丁目1-14 靱公園内
TEL:06-6441-6211


サーフェス(コート面の材質)

ハードコート

ハードコートとは、セメントとアスファルトでつくられるコートで、球足が速くパワーを反映させ、バウンドも安定する特徴があります。

出場選手(予定)

大坂なおみ(Naomi Osaka)

世界ランク4位

国籍:日本/大阪
生年月日:1997年10月16日(21歳)
身長:180cm
体重:–kg

ATPツアー3勝(シングルス) 

グランドスラム 2勝
・全豪オ-プン 1勝
・全仏オープン 0勝
・ウィンブルドン 0勝
・全米オープン 1勝

日本人初のグランドスラム制覇と世界ランク1位の偉業を成し遂げたニュ-ヒロイン。強力なサ-ビスとフォアハンドで相手を圧倒します。試合中とインタビューなど試合以外での仕草のギャップがキュ-トで彼女の魅力の一つかもしれませんね。今大会で初優勝なるか期待がかかります。

ビアンカ・アンドレスク(Bianca Andreescu)・・・欠場

世界ランク5位

国籍:カナダ
生年月日:2000年6月16日(19歳)
身長:170cm
体重:–kg

ATPツアー3勝(シングルス) 

グランドスラム 1勝
・全豪オ-プン 0勝
・全仏オープン 0勝
・ウィンブルドン 0勝
・全米オープン 1勝

今シ-ズン急成長を見せている驚異の19歳です。効果的にショットに変化(スライス、ドロップ)をつけ、重心を低く保ちながら柔らかいストロ-クができる身体能力の高さとフィジカルによるバランス、動きの速さと反応の良さが際立つ。戦術力の良さで相手のスタイルに柔軟に対応できるプレ-スタイルで2019年の全米オ-プンを制覇しました。Smart(賢い)なプレ-ヤ-ですね。この勢いのままに大会初制覇なるか大注目の選手です。

キキ・バーテンズ(Kiki Bertens)

世界ランク8位

国籍:オランダ
生年月日:1991年12月10日(27歳)
身長:182cm
体重:–kg

ATPツアー9勝(シングルス) 

グランドスラム 0勝
・全豪オ-プン 0勝
・全仏オープン 0勝
・ウィンブルドン 0勝
・全米オープン 0勝

バックハンドは得意で粘り強くラリ-を続けるプレ-スタイルのためクレ-コ-トを得意としています。今大会はハ-ドコ-トになるのでどこまで粘り強くプレ-出来るかがカギとなるでしょう。

アンジェリック・ケルバ-(Angelique Kerber)

世界ランク15位

国籍:ドイツ
生年月日:1988年1月18日(31歳)
身長:173cm
体重:–kg

ATPツアー12勝(シングルス) 

グランドスラム 3勝
・全豪オ-プン 1勝
・全仏オープン 0勝
・ウィンブルドン 1勝
・全米オープン 1勝

元世界ランク1位のプレ-ヤ-。キャリアグランドスラムにあと1勝(全仏オ-プン)に迫っている。プレ-スタイルは強靭な精神力と持ち前の粘りでじわじわと相手を追い詰めていきますね。クレ-コ-トに向いているスタイルかと思いきや彼女はハ-ドコ-トでの成績が良いのです。今大会の注目の一人です。またモデルさんみたいな美貌も兼ね備えています。

 

スローン・スティーブンス(アメリカ)
世界ランク14位

マディソン・キーズ(アメリカ)
世界ランク16位

ドナ・ベキッチ(クロアチア)
世界ランク21位

エリース・メルテンス(ベルギー)
世界ランク24位

ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)
世界ランク26位

デヤナ・イエストレムスカ(ウクライナ)
世界ランク28位

カロリ-ヌ・ガルシア(フランス)
世界ランク30位

アリソン・リスク(アメリカ)
世界ランク32位

シェイ・ス-ウェイ(台湾)
世界ランク33位

ユリア・プティンセバ(カザフスタン)
世界ランク36位

ダリア・カサキナ(ロシア)
世界ランク40位

アナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)
世界ランク41位

クリスティ-ナ・ムラデノビッチ(フランス)
世界ランク44位

カミラ・ジョルジ(イタリア)
世界ランク54位

アリゼ・コルネ(フランス)
世界ランク57位

モニカ・プイグ(プエルトリコ)
世界ランク69位

土居 美咲(日本/横浜)
世界ランク83位

ザリナ・ディアス(カザフスタン)
世界ランク85位

日比野・菜緒(日本/愛知県)
世界ランク87位

ホイットニ-・オシグウェイ(アメリカ)
世界ランク115位

カタジナ・カバ(ポーランド)
世界ランク130位

ニコ-ル・ギブズ(アメリカ)
世界ランク137位

バルバラ・フリンク(ロシア)
世界ランク149位

ハン・シンユン(中国)
世界ランク178位

ビクトリア・トモバ(ブルガリア)
世界ランク181位

ATPランキング 2019年9月16付

東レパンパシフィック ドロー

東レパンパシフィック ドロー

東レパンパシフィック ドローPDF

リザルト(対戦結果)

◎1回戦

W.オシグウェイ31
E.メルテンス66
A.リスク43
N.ギブズ66
ハン・シンユン61
C.ジョルジ76
A.コルネ632
V.トモバ466
D.イエストレムスカ31
A.パブリウチェンコワ66
M.プイグ03
Z.ディアス66
M.キーズ66
D.カサキナ34
日比野菜緒45
V.フリンク67
G.ムグルッサ661
シェイ・ス-ウェイ376
第1セット、第2セット終盤まではG.ムグルッサのパワ-の前に押されたシェイ・ス-ウェイだったが、マッチポイントで久々の勝利を意識したG.ムグルッサが第2セットを落とした。第3セットは流れを掴むことなくシェイ・ス-ウェイの多彩なショットの前に元世界ランク1位の女王は逆転負けを喫し、初戦で姿を消した。
D.ベキッチ76
C.ガルシア52
Y.プティンセバ67
K.カバ46
K.ムラデノビッチ12
土居美咲66

◎2回戦

N.ギブズ24
A.ケルバ-66
M.キーズ566
Z.ディアス704
今大会第5シ-ドのM.キーズは予選から勝ち上がったZ.ディアスの粘り強いプレ-に序盤は苦しんだものの持ち前のパワ-を活かした攻撃で第2セットからは息を取り戻した。全体的に動きが良くなかったが、逆転勝ちで準々決勝に進出した。中1日あるので本来のプレ-を期待したい。
シェイ・ス-ウェイ362
E.メルテンス616
将来トップ10入りも可能なメルテンスと多彩なショットとテンポの速いプレ-をするシェイ・ス-ウェイの対戦は第1セット、シェイ・ス-ウェイがフォアハンド・バックハンドのスライスをおりまぜながら上手くカウンタ-を仕掛けたがメルテンスのサービスとパワーで圧倒される。第2セット、メルテンスは自分のサ-ビスゲ-ムに苦労し、シェイ・ス-ウェイのリターンゲームにリズムを壊して圧倒される。第3セット、お互いが持ち味を出し(メルテンス:サ-ビスゲームの安定、相手をサイドにふる シェイ・ス-ウェイ:ダブルスで培った多彩なショット、ライジングショット)終盤を迎えたがシェイ・ス-ウェイがメルテンスの粘りにポイントを落として勝負ありでした。
大坂なおみ76
V.トモバ53
大坂なおみ自身、今大会初戦ということで状態はまだまだでしたが、第1セット、トモバが緩急をつけて粘りのプレ-を見せたが大坂なおみの強打に徐々にぺ-スを握られた。第2セットもサ-ビスゲ-ムに苦労したが格下のトモバを寄せ付けなかった。
S.スティーブンス03
C.ジョルジ66
V.フリンク11
Y.プティンセバ66
D.ベキッチ63
A.土居美咲76
A.パブリウチェンコワ67
K.バーテンズ15

◎準々決勝

M.キーズ461
A.ケルバ-642

M.キーズ選手が第3セット途中3ゲーム終了後、棄権によりA.ケルバ-選手が準決勝進出。

土居美咲22
A.パブリウチェンコワ66
大坂なおみ66
Y.プティンセバ44
大坂なおみが序盤からぺ-スを掴み先行するがプティンセバが対戦成績で相性の良さと粘りのプレ-で盛り返す展開の中、第1セットを先取。続く第2セットも同様の展開になるが、第2セット10ゲ-ムでプティンセバが足首をひねるアクシデントに見舞われ、結果、大坂なおみが相性の悪いプティンセバを振り切り準決勝に進出した。
C.ジョルジ43
E.メルテンス66

◎準決勝

大坂なおみ66
E.メルテンス41
この試合は大坂なおみ選手がすべてにおいて上回っていました。サ-ビス・ショットのスピ-ド・展開の速さ(特にファーストサ-ビスのポイント確率は80%を超えてました。凄いです。)で圧倒しました。
今大会初制覇なるでしょうか、楽しみです。
A.ケルバ-33
A.パブリウチェンコワ66

◎決勝

大坂なおみ66
A.パブリウチェンコワ23
大坂なおみ選手の圧倒的なサ-ビス、ストロ-ク、フットワ-クの前にパブリウチェンコワ選手は時折素晴らしいリタ-ンやショットを放ちますが連続して効果的にポイントを奪うことができず、大阪なおみ選手がストレ-トで今大会初優勝を成し遂げました。日本人プレ-ヤ-としては伊達公子さん以来、24年ぶりとなりました。また、この試合では大坂なおみ選手のファーストサ-ビスでのポイント獲得率が100%(20/20)という驚異的な数字をたたき出しています。凄いです。サ-ビスでもワイドに185km/hとこちらも凄い数字です。

放送予定

WOWWOW 連日生中継

  9月16日(月・祝)~22日(日)

TBS

  9月21日(土) 深夜2時38分~

  9月22日(日) 深夜1時20分~

チケット

【先行販売】

イープラス

一次先行(先着)
6月29日(土)12:00 ~ 7月10日(水)20:00

二次先行(先着)
7月11日(木)20:00 ~ 7月17日(水)20:00

【一般販売】
  • イープラス
  • 楽天チケット
  • ローソンチケット
  • チケットぴあ
  • セブンチケット
  • CNプレイガイド

車椅子席及びチケット全般に関するお問い合わせは、サンライズプロモーション東京へお問い合わせください。

テニス観戦時のマナー

写真撮影は大丈夫?

goro
goro

写真の撮影はOKなんだけど、連写やフラッシュ撮影はプレーや練習の妨げになるので使用はしないようにね。

動画は撮影できるの?

goro
goro

選手の動画撮影は試合中、練習中でも禁止されているんだよ。

goro
goro

マナーをしっかり守って応援しようね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました