LPGA米国女子ツアー2020年シーズンの試合結果

LPGAツアー試合結果LPGAツアー

LPGA米国女子ツアー2020年シーズンの試合結果と最新の賞金ランキングトップ5をまとめました。

 

    :畑岡奈紗が出場する大会名を赤色で表示
スポンサーリンク
  1. 2020 賞金ランキング
  2. ダイヤモンドリゾート・トーナメント of チャンピオンズ
  3. ゲインブリッジLPGA at ボカ・リオ
  4. ISPSハンダ・ヴィック・オープン
  5. ISPSハンダ・オーストラリア女子オープン
  6. ホンダLPGAタイランド(中止)
  7. HSBC世界女子チャンピオンシップ(中止)
  8. ブルーベイLPGA(中止)
  9. ヴォルビック・ファウンダーズ・カップ(中止)
  10. ロッテ・チャンピオンシップ(延期)
  11. ヒューゲル=エアー・プレミア・LAオープン(延期)
  12. LPGAメディヒール・チャンピオンシップ(延期)
  13. ピュア・シルク・チャンピオンシップ(中止)
  14. ダウ・グレイト・レイクス・ベイ・インビテーショナル(中止)
  15. LPGAドライブ on チャンピオンシップ
  16. エビアン・チャンピオンシップ(中止)
  17. マラソン・クラシック
  18. アバディーン・スタンダード・インベストメンツ・スコットランド女子オープン
  19. AIG全英女子オープン
  20. ULインターナショナル・クラウン(中止)
  21. ウォルマートNWアーカンソー・チャンピオンシップ
  22. カナディアン・パシフィック女子オープン(中止)
  23. ANAインスピレーション
  24. キャンビア・ポートランド・クラシック
  25. キア・クラシック(中止)
  26. メイヤーLPGAクラシック(中止)
  27. ショップライトLPGAクラシック
  28. KPMG全米女子プロゴルフ選手権
  29. ビュイックLPGA上海(中止)
  30. LPGAドライブ on チャンピオンシップ=レイノルズ・レイク・オコニー
  31. BMWレディース・チャンピオンシップ(中止)
  32. スウィンギング・スカートLPGA台湾選手権(中止)
  33. TOTOジャパン・クラシック(中止)
  34. ペリカン女子チャンピオンシップ
  35. ボランティアズ of アメリカ・クラシック
  36. 全米女子オープン
  37. CMEグループ・ツアー・チャンピオンシップ

2020 賞金ランキング

※最終成績

RANK選手名/国 籍獲得賞金勝利数
1コ・ジンヨン
Jin Young Ko
韓国(KOR)
$1,667,9251
2キム・セヨン
Sei Young Kim
韓国(KOR)
$1,416,9932
3パク・インビ
In Bee Park
韓国(KOR)
$1,377,7991
4ダニエル・カン
Danielle Kang
アメリカ(USA)
$897,8722
5畑岡 奈紗
Nasa Hataoka
日本(JPN)
$854,0240

 

1月
スポンサーリンク

ダイヤモンドリゾート・トーナメント of チャンピオンズ

(Yardage: 6,645 Par: 71)

2020シーズンの開幕戦となる今大会の舞台は、フロリダ州レイク・ブエナ・ビスタのフォーシーズン・ゴルフ & スポーツ・クラブ・オーランド。過去2シーズンの優勝者26名のみが出場できるレベルの高い戦いが、2020年1月16日(木)~1月19日(日)にかけて繰り広げられた。

日本からは畑岡奈紗、ただ1人の出場となった。

畑岡奈紗は安定したゴルフで通算7アンダー、4位タイで決勝ラウンドに進出した。
大会3日目(決勝ラウンド)
首位パク・インビ-1367

2位(-11):キム・セヨン
3位(-10):畑岡奈紗
4位(  -9):C.ブティエ
5位(  -8):G.ロペス、B.ヘンダーソン
7位(  -7):R.トンプソン
8位(  -6):C.クラントン、A.スタンフォード、D.カン

首位から2打差の4位タイからスタートした畑岡奈紗がスコアを3つ伸ばし、通算10アンダーの単独3位につけた。首位には通算13アンダーでパク・インビが立った。

大会最終日(決勝ラウンド)
優勝ギャビー・ロペス-1366
2T畑岡 奈紗-1368
 パク・インビ-1371
4Tハー・ミジョン-1263
 ブルック・ヘンダーソン-1267
6アニー・パーク-1164
7Tレクシー・トンプソン1068
 キム・セヨン-1072
9セリーヌ・ブティエ-971
10ネリー・コルダ-867

 

首位からスタートしたパク・インビのスコアが伸びなかったことにより、首位に3人が並ぶ展開となり、ギャビー・ロペス、畑岡 奈紗、パク・インビのプレーオフでの決着となった。

3ホール目でパク・インビが脱落すると、互いにパーを重ね、5ホール目終了時点で日没サスペンデッド。決着は20日(月)に持ち越された。再開後トータル7ホール目でギャビー・ロペスが畑岡奈紗を振り切って、ツアー通算2勝目を飾った。畑岡奈紗は米国女子ツアー3度目のプレーオフで、すべて敗れる悔しい結果となった。

ゲインブリッジLPGA at ボカ・リオ

(Yardage: 6,701 Par: 72)

開幕2戦目となる今大会の舞台は、フロリダ州ボカラトンのボカ・リオ・ゴルフクラブ。開幕戦が過去2シーズンの優勝者という条件だったため、今大会が全体としての開幕と考えても良い中、2020年1月23日(木)~1月26日(日)にかけて熱戦が繰り広げられた。

開幕戦2位の畑岡奈紗、横峯さくら、上原彩子に加え、今大会が米国女子ツアーデビュー戦となる河本結が出場する。河本結は2019年11月のファイナルQTで2020年シーズンのツアー出場権を獲得し、本格的な参戦となる。今大会は繰り上げで資格を得ての出場となった。

開幕戦に続き、好調を維持している畑岡奈紗は首位と2打差の通算8アンダー、3位タイで決勝ラウンドに進出。デビュー戦となる河本結も頼もしいプレーを展開し、横峯さくらと共に予選を通過した。上原彩子は予選を通過できなかった。
大会3日目(決勝ラウンド)
首位マデリーン・サグストロム-1567

2位(-13):畑岡奈紗
3位(-12):D.カン、キム・セヨン
5位(-11):C.ブティエ、C.クラントン
7位(-10):M.ジュタヌガーン
8位(  -8):リン・シユ、K.スピルコバ、B.ヘンダーソン、J.コルダ、J.ソング

3日目も好調を維持している畑岡奈紗はスコアを伸ばし単独2位に浮上した。デビュー戦で決勝ラウンドに進出した河本結も素晴らしいゴルフを展開し、6アンダー、16位タイで3日目を終えた。横峯さくらは46位タイ。優勝争いは混戦の様相を呈してきた。

大会最終日(決勝ラウンド)
優勝マデリーン・サグストロム-1770
2畑岡 奈紗-1669
3ダニエル・カン-1569
4セリーヌ・ブティエ-1370
5キム・セヨン-1173
6Tモリヤ・ジュタヌガーン-1072
 シドニー・クラントン1073
8T河本 結-969
 クララ・スピルコバ-971
 ジェシカ・コルダ-971

 

大混戦となった最終日は、2日目に首位に立ったマデリーン・サグストロムが最後まで首位を譲らず、通算17アンダーで優勝し、ツアー初勝利を飾った。畑岡奈紗は1打及ばず、開幕戦に続き、悔しい2位となった。デビュー戦で見事なトップ10フィニッシュを果たした河本結の今後も楽しみである。横峯さくらは最終日スコアを大きく崩し63位タイで大会を終えた。

 

2月

ISPSハンダ・ヴィック・オープン

(Yardage: 6,625 Par: 72)

2月に入って場所をアメリカ本土からオーストラリア大陸に移して行われる今大会の舞台は、オーストラリア・ビクトリア州の13thビーチ・ゴルフリンクス。予選ラウンドはビーチコースとクリークコースで行われ、決勝ラウンドはビーチコースという変わったセッティングの中、2020年2月6日(木)~2月9日(日)にかけて熱戦が繰り広げられた。

米国女子ツアーと豪女子ツアーの共催大会となる今大会は、予選36ホールを終え上位60人が第3ラウンドへ進み、54ホールを終えた上位35人が最終ラウンドに進出するという通常とは変わった方式で行われる。日本からは河本結、横峯さくら、山口すず夏、杉原彩花、上原彩子、野村敏京、笹生優花と数多くの選手がエントリーした。

数多くの日本人がエントリーしたが、期待の河本結を含む6人が予選を通過できなかった。そんな中、ただ1人3日目に進出した山口すず夏のプレーにも注目したい。
大会3日目(決勝ラウンド)
首位チョ・アヤン-1270

2位(-11):M.サグストロム
3位(-10):A.シャープ
4位(  -9):パク・ヒヨン
5位(  -8):ユ・ソヨン、サイ・ペイイン
7位(  -7):ミンジー・リー
8位(  -6):S.メドウ、P.パットラム、L.ストロム

日本勢で唯一、決勝ラウンド3日目に進んだ山口すず夏は、強風が吹く厳しいコンデションのなか1バーディ、2ボギーの(73)と粘りのゴルフを展開。通算2アンダー、33位タイで最終ラウンド進出を決めた。

通算12アンダー単独首位にはツアー初優勝を狙うチェ・アヤン。1打差の2位には2週連続優勝を狙うマデレーン・サグストロムがつけている。

大会最終日(決勝ラウンド)
優勝パク・ヒヨン-873
2Tチェ・ヘジン-869
 ユ・ソヨン-872
4Tレオナ・マグワイア-770
 リネア・ストロム-771
6Tスヒョン・オー-668
 ロビン・チェ-671
 ミンジー・リー-673
9Tクリスティーナ・キム-570
 アレーナ・シャープ-577

 

強風が吹き荒れる厳しいコンデションのなか、韓国勢3名(パク・ヒヨン、チェ・ヘジン、ユ・ソヨン)が通算8アンダーで並んでホールアウト。プレーオフに突入する。18番で繰り返し行われたプレーオフの2ホール目でユ・ソヨンが脱落。4ホール目でパーセーブしたパク・ヒヨンが、チェ・ヘジンを振り切って今シーズン初勝利、通算3勝目を挙げた。

単独首位からスタートしたチョ・アヤン、マデリーン・サグストロムは、ともに大きくスコアを崩し(9オーバー(81))順位を落とし、大会を終えた。

山口すず夏も(79)とスコアを崩し、通算5オーバー単独39位で4日間を終えた。

ISPSハンダ・オーストラリア女子オープン

(Yardage: 6,633 Par: 73)

オーストラリア大陸に場所を移してのツアー4戦目となる今大会の舞台は、オーストラリア・南オーストラリア州シートンのロイヤル・アデレード・ゴルフクラブ。海岸線に近い場所に位置し、強風によってコンデションが大きく変化するコースで、2020年2月11日(木)~2月16日(日)にかけて熱戦が繰り広げられた。

河本結、上原彩子、横峯さくら、野村敏京、山口すず夏、原英莉花、吉田優利、笹生優花と前週に続き数多くの日本勢がエントリー。

原英莉花、上原彩子、笹生優花の3選手が予選を通過する一方で、今シーズンから本格参戦し期待の高い河本結は2週連続の予選落ちとなった。また、2016年大会覇者で復活の期待もかかる野村敏京も結果を残すことが出来ず、横峯さくら、吉田優利、山口すず夏らとともに予選落ちとなった。
大会3日目(決勝ラウンド)
首位パク・インビ-1568

  2位(-12):チョ・アヤン
  3位(-11):M.アレックス
  4位(-10):P.デラクール、C.ブティエ
  6位(  -9):E.ゾコル、M.ファッシ、リウ・ユ、M.サグストロム
10位(  -8):C.キム、A.オルソン、B.アルトマーレ、ユ・ソヨン

決勝ラウンド3日目は、ツアー通算20勝目を狙うパク・インビが安定したゴルフを見せ、2位に3打差をつけて単独トップに立った。2位にはここまで調子が良く、初優勝を狙うチョ・アヤンが続いた。

日本勢は原英莉花が通算4アンダー、31位タイ。笹生優花が通算3アンダー、39位タイ、上原彩子が通算2アンダー、47位タイで最終日を迎える。

大会最終日(決勝ラウンド)
優勝パク・インビ-1474
2エイミー・オルソン-1170
3ペリーヌ・デラクール-1073
4Tリウ・ユ-973
 マリナ・アレックス-975
6Tクリスティ・カー-869
 イ・ミヒャン-872
 セリーヌ・ブティエ-875
 チョ・アヤン-877
10Tリゼット・サラス-772
 ジョディ・エワート・シャドフ-772
 クリスティーナ・キム-774

 

大会2日目にトップに立ったパク・インビが、最終日も無難にスコアをまとめて最後までトップを譲らず、通算14アンダーで優勝。これでツアー通算20勝目を手にした。3打差の単独2位からスタートしたチョ・アヤンは前週に続きスコアを崩し、ツアー初優勝はお預けとなった。

日本勢は原英莉花、笹生優花が通算4アンダー、25位タイ。上原彩子は通算イーブンパー、55位タイで4日間を終えた。

ホンダLPGAタイランド(中止)

(Yardage: 6,576 Par: 72)

2020年2月20月(木)~2月23日(日)にかけて、タイ・チョンブリーのサイアム・カントリークラブ、パタヤ・オールドコースで開催される予定だったホンダLPGAタイランドは、新型コロナウィルスの影響により中止となりました。

HSBC世界女子チャンピオンシップ(中止)

(Yardage: 6,718 Par: 72)

2020年2月27月(木)~3月1日(日)にかけて、シンガポ-ルのセントーサ・ゴルフクラブ、タンジョンコースで開催される予定だったHSBC世界女子チャンピオンシップは、新型コロナウィルスの影響により中止となりました。

 

3月

ブルーベイLPGA(中止)

(Yardage: 6,675 Par: 72)

2020年3月5月(木)~3月8日(日)にかけて、中国のジャンレイク・ブルーベイ・ゴルフクラブで開催される予定だったブルーベイLPGAは、新型コロナウィルスの影響により中止となりました。

ヴォルビック・ファウンダーズ・カップ(中止)

(Yardage: 6,656 Par: 72)

2020年3月19月(木)~3月22日(日)にかけて、アリゾナ州フェニックスのワイルドファイヤー・ゴルフクラブ at JWマリオット・フェニックス・デザートリッジ・リゾート&スパで開催される予定だったヴォルビック・ファウンダーズ・カップは、新型コロナウィルスの影響により中止となりました。
 
4月

ロッテ・チャンピオンシップ(延期)

(Yardage: 6,397 Par: 72)

2020年4月15月(木)~4月18日(日)にかけて、オアフ島・ハワイ州コオリナのコオリナ・ゴルフクラブで開催される予定だったロッテ・チャンピオンシップは、新型コロナウィルスの影響により延期となりました。

ヒューゲル=エアー・プレミア・LAオープン(延期)

(Yardage: 6,450 Par: 71)

2020年4月23月(木)~4月26日(日)にかけて、カリフォルニア州ロサンゼルスのウィルシャー・カントリークラブで開催される予定だったヒューゲル=エアー・プレミア・LAオープンは、新型コロナウィルスの影響により延期となりました。

LPGAメディヒール・チャンピオンシップ(延期)

(Yardage: 6,551 Par: 72)

2020年4月30月(木)~5月3日(日)にかけて、カリフォルニア州デーリー・シティのレイク・マーセド・ゴルフクラブで開催される予定だったLPGAメディヒール・チャンピオンシップは、新型コロナウィルスの影響により延期となりました。
 
5月

ピュア・シルク・チャンピオンシップ(中止)

(Yardage: 6,445 Par: 71)

2020年5月21月(木)~5月24日(日)にかけて、バージニア州ウィリアムズバーグのリバー・コ-ス at キングスミル・リゾートで開催される予定だったピュア・シルク・チャンピオンシップは、新型コロナウィルスの影響により中止となりました。
 
6月

開催される大会はありません

 

7月

ダウ・グレイト・レイクス・ベイ・インビテーショナル(中止)

(Yardage: 6,256 Par: 70)

2020年7月15月(木)~7月18日(日)にかけて、ミシガン州ミッドランドのミッドランド・カントリークラブで開催される予定だったダウ・グレイト・レイクス・ベイ・インビテーショナルは、新型コロナウィルスの影響により中止となりました。

LPGAドライブ on チャンピオンシップ

(Yardage: 6,852 Par: 72)

2月中旬のISPSハンダ・オーストラリア女子オープンを最後に大会の延期・中止が続いたLPGAツアーが、およそ5カ月半ぶりに再開される。その再開後の初戦は無観客開催となる3日間の新設大会です。舞台となるのは、オハイオ州トレドのインヴァネス・クラブ。1903年にドナルド・ロスによって設計されオープンした会場は、これまでに4度の全米オープン、2度の全米プロゴルフ選手権、全米シニアオープンを開催している名門コースである。54ホールでの熱い戦いが2020年7月31日(金)~8月2日(日)にかけて繰り広げられた。

世界ランキング上位の韓国選手の多くが不参加ながら、世界ランキング2位のネリー・コルダを始め、レクシー・トンプソンやミンジー・リー、ダニエル・カンなどの上位選手が顔を揃えた。日本からは河本結、野村敏京、山口すず夏が出場した。

大会初日はアンダーパーが18人しかいない厳しい条件の中、世界ランキング4位のダニエル・カンが通算6アンダーのトップに立った。世界ランキング2位のネリー・コルダは4オーバー、80位タイと大きく出遅れ、世界ランキング9位レクシー・トンプソンも1オーバーの28位タイで1日目を終えた。日本勢は、河本結が素晴しいプレーをみせ、2アンダー、8位タイと好発進する一方、野村敏京・山口すず夏がともに6オーバー、102位タイと大きく出遅れた。
大会2日目(予選ラウンド)
首位セリーヌ・ブティエ-571
 ジョディ・エワート・シャドフ-572
 ダニエル・カン-573

  4位(-3):S.シュメルツェル、河本結
  6位(-2):S.バーナム、A.オルソン、ミンジー・リー、L.A.ペース
10位(-1):K.タン、M.ハリガエ、パク・ヒヨン

大会2日目は、雨による中断があるなど厳しい悪天候のなか行われ、世界ランキング4位のダニエル・カンを含む3人が5アンダーでトップに並んだ。日本勢では2020年シーズンのツアールーキー河本結が厳しいコンデションのなか、2バーディ、1ボギー(71)で回り、通算3アンダー、4位タイで決勝ラウンド進出を決めた。野村敏京は8オーバー86位タイ、山口すず夏がともに11オーバー114位タイで予選落ちとなった。2日目終了時でアンダーパーが12人という再開後初戦は厳しい条件での試合となった。

大会最終日(決勝ラウンド)
優勝ダニエル・カン-770
2セリーヌ・ブティエ-671
3ミンジー・リー-470
4河本 結-372
5ジョディ・エワート・シャドフ-275
6Tジェンマ・ドライボロE71
 ブリタニー・ラングE72
 ミナ・ハリガエE73
 サラ・バーナムE74
 サラ・シュメルツェルE75

 

風が強く雨が降りしきる悪天候でのスタートとなった最終日は、スコアが伸びない展開の中、初日からトップを走ったダニエル・カンが、この日のベストタイとなる3バーディ、1ボギー(70)でプレーし、LPGAツアー再開後となる初戦を制し、2020年シーズン初勝利、通算4勝を挙げた。最後まで熾烈な争いを繰り広げたセリーヌ・ブティエは最終18番で決めればプレーオフとなる約2mのパットを外して2勝目とはならなかった。アンダーパーが5人しかいないコンデションのなか、河本結が粘りのプレーをみせ4バーディ、2ボギー、1ダブルボギー(72)の通算3アンダー、4位に入り開幕2戦目の8位以来となる2回目のトップ10フィニッシュで大会を終えた。

 

8月

エビアン・チャンピオンシップ(中止)

(Yardage: 6,523 Par: 71)

2020年8月6月(木)~8月9日(日)にかけて、フランス・エビアン=レ=バンのエビアン・リゾート・ゴルフクラブで開催される予定だったメジャートーナメント《エビアン・チャンピオンシップ》は、新型コロナウィルスの影響により中止となりました。

マラソン・クラシック

(Yardage: 6,555 Par: 71)

再開後2戦目となる今大会の舞台は、オハイオ州シルバニアのハイランド・メドウズ・ゴルフクラブ。1925年にハロルド・ウェーバーによって設計されたコースは戦略性豊かで、リンクス風のバンカーが選手たちを悩ませる。フェアウェイとグリーンはポアナとベントグラスで構成され、コースレコードは2008年にポーラ・クリーマーの(60)が記録されています。ティーショットがカギとなり、フェアウェイキープがスコアメイクには欠かせない。今大会も無観客の中、2020年8月6月(木)~8月9日(日)にかけて繰り広げられた。

今週も世界ランキング2位のネリー・コルダを始め、レクシー・トンプソンやミンジー・リー、前週優勝のダニエル・カンなどの上位選手が顔を揃えた。日本からは河本結、野村敏京、山口すず夏が出場した。

例年バーディ合戦が繰り広げられる大会なだけに、予選ラウンド1日目からビッグスコアが相次ぐなか、予選ラウンド2日目を終了して今大会過去に2勝を挙げ、このコースとの相性も良いリディア・コがトップに立った。1打差の2位には2日目にベストスコア(63)をマークしたジョディ・エワート・シャドフ、2打差の3位には前週優勝し、好調なダニエル・カンがつけた。日本勢は野村敏京がイーブンパー、58位タイで決勝ラウンドに進出したが、河本結が3オーバー、103位タイ、山口すず夏が7オーバー、130位タイで共に予選落ちとなった。
大会3日目(決勝ラウンド)
首位リディア・コ-1668

2位(-12):D.カン
3位(-10):ミンジー・リー、J.E.シャドフ
5位(  -9):L.ウィーバー
6位(  -8):M.F.トーレス
7位(  -7):P.チェン、P.リトー、C.クラントン、S.ポポフ

決勝ラウンド3日目も相性の良さを見せつけたリディア・コがこの日も4バーディ、1ボギー(68)と安定したプレーを見せ、初日からトップを譲らず2位に4打差をつけて最終日に向かうことになった。単独の2位には2週連続優勝をめざす好調なダニエル・カンがつけた。日本勢唯一、決勝ラウンドに進出した野村敏京は従来のプレーには程遠いものの粘りのゴルフで2バーディ、3ボギー(72)の通算1オーバー、68位タイで3日目を終えた。

大会最終日(決勝ラウンド)
優勝ダニエル・カン-1568
2Tジョディ・エワート・シャドフ-1467
 リディア・コ-1473
4ミンジー・リー-1368
5Tアンドレア・リー-865
 マリナ・アレックス-867
 エマ・タリー-869
 リウ・ユ-869
9Tステイシー・ルイス-765
 ケンダール・ダイ-767
 パティ・タヴァタナキット-768
 ペルニラ・リンドベリ-769
 ケリー・タン-769
 マリア・ファッシ-769
 カルロタ・シガンダ-770
 シドニー・クラントン-771
 ソフィア・ポポフ-771
 マリア・フェルナンダ・トーレス-772
 リンゼイ・ウィーバー-773

 

最終日、2位に4打差をつけてスタートしたリディア・コがスコアを伸ばせない一方、好調を維持しているダニエル・カンが1打差まで迫った展開で終盤17番、18番のパー5を迎える。17番ホールで絶好のチャンスにつけたダニエル・カンがスコアを伸ばせななかったことで、リディア・コの勝利が予想されたが、18番ホールでしっかりパーセーブしたダニエル・カンに対して、グリーン周りのアプローチショットで信じられないミスからボギーパットも外し、まさかの大逆転負け。2018年以来の勝利とはならなかった。信じられない勝利を手にしたダニエル・カンは2週連続優勝。LPGAツアー通算5勝目を手にした。

アバディーン・スタンダード・インベストメンツ・スコットランド女子オープン

(Yardage: 6,427 Par: 71)

次週のAIG全英女子オープンの前哨戦となる今大会の舞台は、スコットランド・ノース・バーウィックのザ・ルネッサンス・クラブ。2007年に開場したコースはトム・ドークによって設計され、選手たちにはスコットランドの天候、リンクス特有のポットバンカー、海からの重たく冷たい風、ブッシュと呼ばれるラフなど様々な条件に対応可能なスキルが求められます。今週も無観客の中、2020年8月13月(木)~8月16日(日)にかけて繰り広げられた。

今週も世界ランキング2位のネリー・コルダを始め、レクシー・トンプソンやミンジー・リー、前週優勝のダニエル・カンなどの上位選手が顔を揃えた。日本からは畑岡奈紗、渋野日向子、河本結、野村敏京、山口すず夏が出場した。

初日から厳しいコンデションの中でのプレーとなった今大会は、経験豊富なプレーヤーが上位に顔を揃える展開となり、ステイシー・ルイスとアサハラ・ムニョスが5アンダーでトップに立った。日本勢では経験値が高い畑岡奈紗と野村敏京がイーブンパー、13位タイで決勝ラウンドに進出した。一方、河本結が8オーバー、84位タイ、渋野日向子と山口すず夏が14オーバー、132位タイで共に予選落ちとなった。予選落ちした3人はリンクスコースに対して明らかに技術力不足、メンタルの低さを露呈した結果となった。
大会3日目(決勝ラウンド)
首位アサハラ・ムニョス-769

2位(-6):S.ルイス
3位(-5):J.ソング
4位(-4):リディア・コ、C.ナイト
6位(-3):リウ・ユ、A.オルソン
8位(-2):D.カン、E.K.ペダーセン、ミンジー・リー

決勝ラウンド3日目も安定したプレーを見せたアサハラ・ムニョスがトップを譲らず通算7アンダーで単独トップに立った。1打差の2位にはステイシー・ルイスがつけた。この日、4バーディ、ノーボギー(67)と素晴らしいプレーを見せたリディア・コが3打差の4位タイに浮上した。再開後絶好調のダニエル・カンも5打差の8位タイにつけ3週連続優勝に望みをつないだ。日本勢から決勝ラウンドに進出した畑岡奈紗と野村敏京も粘り強くプレーし、畑岡奈紗が通算1アンダーの11位タイ、野村敏京が通算1オーバーの17位タイで3日目を終えた。

大会最終日(決勝ラウンド)
優勝ステイシー・ルイス-572
2Tエミリー・クリスティン・ペダーセン-568
 シャイアン・ナイト-570
 アサハラ・ムニョス-573
5Tナンナ・コルツ・マドセン-465
 ダニエル・カン-469
7Tリン・シユ-369
 チョン・インジ-369
 エイミー・オルソン-371
 ジェニファー・ソング-373

大会最終日も難しいコンデションの中、2打差の中に10人がひしめく大混戦となったが、世界ランキング491位で25歳のエミリー・クリスティン・ペダーセン、好調なプレーをみせたシャイアン・ナイト、粘りのプレーのアサハラ・ムニョス、出入りの激しいプレーだったステイシー・ルイスの4人がトップでフィニッシュし、プレーオフに進んだ。1ホール目でティーショットからパッティングまで完璧にプレーしたステイシー・ルイスがバーディを奪い、勝利を手にした。結婚、出産を経て2019年シーズン途中からツアーに復帰した35歳のベテランが2017年以来となるツアー通算13勝目を手にした。気性のコントロールが上手くできれば次週のメジャー・トーナメントも楽しみな存在となるでしょう。

AIG全英女子オープン

(Yardage: 6,649 Par: 71)

2020年8月20日(木)~8月23日(日)にかけて、スコットランド・トゥルーンにあるロイヤルトゥルーン・ゴルフクラブで開催されるAIG全英女子オープンの試合結果はこちらをご覧ください。

ULインターナショナル・クラウン(中止)

(Yardage: 6,508 Par: 72)

2020年8月27月(木)~8月30日(日)にかけて、イングランドのセント・オールバンズにあるセンチュリオン・クラブで開催される予定だったULインターナショナル・クラウンは、新型コロナウィルスの影響により中止となりました。

ウォルマートNWアーカンソー・チャンピオンシップ

(Yardage: 6,438 Par: 71)

戦いの舞台をスコットランドからアメリカ本土に移し、2007年から始まり14回目を迎える今大会の舞台となるのは、アーカンソー州ロジャースにあるピナクル・カントリークラブ。コースの特徴は全体的に距離が短く、フェアウェイキープが狭い。また、230y前後から曲がるドッグレッグのホールが多いため、ティーショットの距離よりも精度が求められるので比較的日本人選手が得意とするコースと言えます。3日間54ホールでの熱い戦いが2020年8月28日(金)~8月30日(日)にかけて繰り広げられた。

今週から韓国勢上位の世界ランキング6位のキム・セヨンが参戦。また、世界ランキング3位のネリー・コルダを始め、数多くのトップ選手が顔を揃えた。日本からは畑岡奈紗、河本結、野村敏京、山口すず夏、上原彩子が出場した。

ビッグスコアが出るコースと言うことで初日から7アンダー「64」が出るなど3人がトップに立ち2位に1打差2位には6人と大混戦となった。日本勢では2018年覇者の畑岡奈紗が3アンダー25位タイ、河本結と野村敏京が2アンダー70位タイとまずまずの滑り出しを見せた一方で上原彩子が5オーバー143位タイ、山口すず夏が9オーバーとスコアを崩し、大きく出遅れた。
大会2日目(予選ラウンド)
首位アンナ・ノルドクビスト-1662

2位(-13):キム・セヨン
3位(-12):ジェニー・シン、N.コルダ、A.アーンスト
6位(-10):A.スタンフォード
7位(  -9):C.ヘドバル、リウ・ユ、K.カーク、エスター・リー

初日7アンダー「64」をマークしトップでスタートしたアンナ・ノルドクビストが9バーディ、ノーボギー、この日のベストスコア―となる9アンダー「62」と2日間ともに素晴らしいプレーを展開し、通算16アンダーで単独トップに立った。3打差の単独2位にはツアー再開後、初復帰したキム・セヨンがつけた。日本勢では2018年大会覇者の畑岡奈紗が5アンダー28位タイ、河本結と野村敏京が予選カットラインギリギリの2アンダー70位タイで決勝ラウンド進出を決めた。一方、上原彩子は5オーバー143位タイ、山口すず夏9オーバー152位タイで予選落ちとなった。

大会最終日(決勝ラウンド)
優勝オースティン・アーンスト-2063
2アンナ・ノルドクビスト-1869
3Tアンジェラ・スタンフォード-1665
 ネリー・コルダ-1667
5Tジェニー・シン-1568
 キム・セヨン-1569
7Tパク・インビ-1465
 キャサリン・カーク-1466
9Tリネア・ストロム-1365
 クリスティ・マクファーソン-1366

混戦の中、始まった最終日は、トップと4打差の3位タイでスタートしたオースティン・アーンストが10バーディ、2ボギー、最終日のベストスコア―となる8アンダー「63」をマークし、逆転でLPGAツアー2020年シーズン初勝利、通算2勝を挙げた。調子の良かったアンナ・ノルドクビストは2位で大会を終えた。日本の畑岡奈紗9がアンダー28位タイ、河本結が4アンダー66位タイ、野村敏京が3アンダー71位タイとなった。今週から復帰した韓国勢上位の世界ランキング6位のキム・セヨンがいきなり通算15アンダー5位タイに入り、2週間後に控える2020シーズン2戦目となるメジャー・トーナメント「ANAインスピレーション」に向け上々の滑り出しとなった。日本勢にとってはまた1人強力なライバルが増えた。

9月

カナディアン・パシフィック女子オープン(中止)

(Yardage: 6,709 Par: 72)

2020年9月3月(木)~9月6日(日)にかけて、カナダのバンクーバー ブリティッシュ・コロンビア州にあるショーネシー・ゴルフ&カントリークラブで開催される予定だったカナディアン・パシフィック女子オープンは、新型コロナウィルスの影響により中止となりました。

ANAインスピレーション

(Yardage: 6,865 Par: 72)

2020年9月10日(木)~9月13日(日)にかけて、アメリカ・カリフォルニア州ランチョミラージュにあるミッションヒルズ・カントリークラブ、ダイナショア・トーナメントコースで開催されるANAインスピレーションの試合結果はこちらをご覧ください。

キャンビア・ポートランド・クラシック

(Yardage: 6,478 Par: 72)

メジャー・トーナメントを除くと最も長く行われている歴史ある大会として1972年から続く今大会の舞台となるのは、オレゴン州ポートランドにあるコロンビア・エッジウォーター・カントリークラブ。1925年に開場された歴史のあるコースです。特徴は全体的に距離が短く、ドッグレッグのホールも少ないオーソドックスな林間コースと言えるでしょう。アメリカ西海岸の山火事の影響で4日間72ホールから3日間54ホールへ競技が短縮される中での熱い戦いが2020年9月18日(金)~9月20日(日)にかけて繰り広げられた。

世界ランキング2位のダニエル・カン、世界ランキング4位のパク・ソンヒョン、世界ランキング5位のミンジー・リーら上位勢が参戦する中、畑岡奈紗、ブルック・ヘンダーソンはアメリカ西海岸の山火事の影響を受けて、直前でスキップした。日本からは渋野日向子、河本結、野村敏京、山口すず夏、上原彩子が出場した。

初日トップに立ったのは(66)をマークしたハナ・グリーンとシドニー・クラントンだがアンダーパーが56人もいる大混戦となった。日本勢では渋野日向子が1アンダー39位タイ、河本結と野村敏京が2オーバー92位タイ、上原彩子が3オーバー112位タイ、山口すず夏が4オーバーと129位タイで初日を終えた。
大会2日目(予選ラウンド)
首位メリッサ・リード-1265

  2位(-10):H.グリーン
  3位(  -9):エイミー・ヤン、A.オルソン
  5位(  -8):G.ホール、C.ブティエ、Y.ノー、G.ロペス
  9位(  -7):チェラ・チョイ
10位(  -6):M.ジュタヌガーン、A.イン、C.ナイト、J.スワンナプラ

初日5アンダー3位タイでスタートしたメリッサ・リードが7バーディ、ノーボギー、(65)と素晴らしいプレーを見せ、通算12アンダーで単独トップに立った。2打差の単独2位には初日トップに立ったハナ・グリーンがつけた。日本勢では安定したプレーを見せた渋野日向子が4アンダー21位タイ、イーブンパー65位タイの野村敏京とともに決勝ラウンド進出を決めた。一方、河本結と上原彩子が1オーバー81位タイ、山口すず夏9オーバー136位タイで予選落ちとなった。

大会最終日(決勝ラウンド)
優勝ジョージア・ホール-1268
2アシュリー・ブハイ-1265
3Tモリヤ・ジュタヌガーン-1167
 イエリミ・ノー-1169
5Tロビン・リー-1066
 パク・インビ-1066
 キャロライン・マッソン-1066
 マライア・スタックハウス-1067
 シャイアン・ナイト-1068
 ジャスミン・スワンナプラ-1068
 メリッサ・リード-1074

単独トップでスタートしたメリッサ・リードと単独2位のハナ・グリーンがスコアを崩し大混戦となった最終日、トップでホールアウトしたのはジョージア・ホールとアシュリー・ブハイ。ともに安定した素晴らしいプレーを見せ、通算12アンダーで並んでプレーオフでの決着となった。プレーオフ2ホール目をボギーとしたアシュリー・ブハイに対して、きっちりパーをキープしたジョージア・ホールが今大会初優勝を飾った。渋野日向子は6アンダー24位タイ、野村敏京は2オーバー74位タイで大会を終えた。

キア・クラシック(中止)

(Yardage: 6,609 Par: 72)

2020年9月24月(木)~9月27日(日)にかけて、カリフォルニア州カールスバッドにあるアビアラ・ゴルフクラブで開催される予定だったキア・クラシックは、新型コロナウィルスの影響により中止となりました。
10月

メイヤーLPGAクラシック(中止)

(Yardage: 6,638 Par: 72)

2020年10月1月(木)~10月4日(日)にかけて、ミシガン州グランド・ラピッズにあるブライスフィールド・カントリークラブで開催される予定だったメイヤーLPGAクラシックは、新型コロナウィルスの影響により中止となりました。

ショップライトLPGAクラシック

(Yardage: 6,190 Par: 71)

4日間トーナメントとして生まれ変わったメジャー・トーナメント・KPMG全米女子プロゴルフ選手権の前哨戦となる今大会の舞台となるのは、ニュ-ジャ-ジ-州ギャロウェイにあるシービュー、ベイ・コース。海からの風が吹きつけるリンクスで林などは無いが、フェアウェイからグリーンに至るまで複雑なアンジュレーションが特徴のコースでの熱い戦いが2020年10月1日(木)~10月4日(日)にかけて繰り広げられた。

次週開催のメジャー・トーナメントに向け、世界ランキング1位のコ・ジンヨンを除く世界ランキングトップランカーが参戦する中、日本からは畑岡奈紗、渋野日向子、河本結、野村敏京、山口すず夏、上原彩子が出場した。

大会2日目を終えてトップに立ったのは通算11アンダーをマークした畑岡奈紗。ショットが安定し、パッティングにも冴えを見せた。他の日本勢では渋野日向子と河本結が2アンダー45位タイ、上原彩子がイーブンパー65位タイで予選を通過する一方、野村敏京が4オーバー102位タイ、山口すず夏が8オーバーと114位タイで予選落ちとなった。
大会3日目(予選ラウンド)
首位メリッサ・リード-1566

2位(-14):J.クプチョ、J.ソング
4位(-12):畑岡奈紗
5位(-11):K.タン、R.オトゥール
7位(-10):B.ヘンダーソン
8位(  -9):リン・シユ、B.アルトマーレ、A.マクドナルド、A.ヴァン・ダム、G.ホール、イ・ミヒャン

比較的風もなく穏やかなコースコンデションの中最終組でスタートした畑岡奈紗はショットの状態も良くチャンスにはつけるものの活かせず、3バーディ、2ボギー(70)とスコアを伸ばせずトップと3打差の単独4位に後退した。この日、素晴らしいゴプレーを見せたのが、メリッサ・リード(1イーグル、3バーディ(66))、ジェニファー・クプチョとジェニファー・ソング(共に6バーディ(65))。トップと2位に浮上した。他の日本勢では渋野日向子が4アンダー34位タイ、上原彩子が3アンダー40位タイ、河本結が2アンダー46位タイで大会3日目を終えた。

大会最終日(決勝ラウンド)
優勝メリッサ・リード-1967
2ジェニファー・クプチョ-1768
3ジェニファー・ソング-1669
4畑岡 奈紗-1469
5ネリー・コルダ-1266
6Tミナ・ハリガエ-1166
 アシュリー・ブハイ-1166
 ブルック・ヘンダーソン-1170
 ライアン・オトゥール-1171
10Tクリスティーナ・キム-1068
 キャサリン・カーク-1069
 ブリタニー・アルトマーレ-1070

4日間で最も強い海からの風となった最終日、単独トップでスタートしたメリッサ・リードがこの日もアグレッシブなプレーで7バーディ、3ボギー(68)でホールアウトし、通算19アンダーでLPGAツアー初優勝を飾った。単独の2位にはジェニファー・クプチョ、単独3位にはジェニファー・ソングと共に初優勝を目指したが1歩届かなかった。LPGAツアー4勝目がかかった畑岡奈紗だったが6バーディ、4ボギー(70)と出入りの激しいゴルフであまりスコアを伸ばせず通算14アンダー4位で大会を終えた。他の日本選手は渋野日向子は6アンダー27位タイ、河本結は4アンダー40位タイ、上原彩子は1アンダー54位タイで大会を終えた。

KPMG全米女子プロゴルフ選手権

(Yardage: 6,577 Par: 70)

2020年10月8日(木)~10月11日(日)にかけて、アメリカ・ペンシルベニア州ニュータウン・スクウェアにあるアロニミンク・ゴルフクラブで開催されるKPMG全米女子プロゴルフ選手権の試合結果はこちらをご覧ください。

ビュイックLPGA上海(中止)

(Yardage: 6,691 Par: 72)

2020年10月15月(木)~10月18日(日)にかけて、中国の上海にある旗忠ガーデン・ゴルフクラブで開催される予定だったビュイックLPGA上海は、新型コロナウィルスの影響により中止となりました。

LPGAドライブ on チャンピオンシップ=レイノルズ・レイク・オコニー

(Yardage: 6,664 Par: 72)

アジア・シリーズの中止により急きょ開催されることが決まった4日間トーナメントで迎える今大会の舞台となるのは、ジョージア州グリーンズボロにあるグレート・ウォーターズ・コース。オコニー湖の湖岸に面した景観豊かな美しいコースはジャック・ニクラスによって設計され、湖と木々でセパレートされた戦略性の高いチャンピオンコースとなっています。新設された大会として熱い戦いが2020年10月22日(木)~10月25日(日)にかけて繰り広げられた。

メジャー・トーナメント後の大会ではあるが多くの世界トップランカーが参戦する中、日本からは上原彩子が出場した。

大会2日目を終えてトップに立ったのは通算10アンダーをマークしたアリー・マクドナルド。ショットが安定し、パッティングにも冴えを見せた。2位以下も混戦となる中、決勝ラウンドのプレーが楽しみである。日本から唯一出場した上原彩子は初日こそ1アンダーとスコアをまとめたが、2日目に7オーバーと大きくスコアを崩し、通算6オーバーで予選落ちとなりました。
大会3日目(決勝ラウンド)
首位アリー・マクドナルド-1369

2位(-12):B.パグダンガナン
3位(-11):D.カン
4位(-10):C.シガンダ
5位(  -9):K.カーク
6位(  -8):M.ハリガエ、B.アルトマーレ、A.ジュタヌガーン
9位(  -7):M.カン、リディア・コ、A.イン、P.リンドベリ

初日からショット、パッティングと安定した素晴しいプレーを見せているアリー・マクドナルドはこの日も落ち着いたプレーで5バーディ、2ボギー(69)でラウンドし、2位に1打差をつけ単独トップを守った。2打差の3位には、2020年シーズン好調のダニエル・カン、5打差の6位タイには復調の兆しの見えるアリヤ・ジュタヌガーンが久々に上位に顔を出した。混戦模様に変わりはなく、最終日も目が離せない展開が予想されます。

大会最終日(決勝ラウンド)
優勝アリー・マクドナルド-1669
2ダニエル・カン-1568
3ビアンカ・パグダンガナン-1470
4Tミナ・ハリガエ-1367
 カルロタ・シガンダ-1369
6Tアリヤ・ジュタヌガーン-1169
 キャサリン・カーク-1170
8Tマチルダ・カストレン-1067
 リディア・コ-1069
 ブリタニー・アルトマーレ-1070

単独トップでスタートしたアリー・マクドナルドがこの日も最後までアグレッシブで粘り強いプレーで5バーディ、2ボギー(69)でホールアウトし、通算16アンダーでLPGAツアー初優勝を飾った。単独の2位にはダニエル・カン、単独3位にはビアンカ・パグダンガナンが入った。アリー・マクドナルドは4日間通じてアグレッシブで素晴しいプレーを展開し、2日目以降はトップを譲ることなく完璧なプレーで初優勝を手にし、自身にとって最高の誕生日となった。LPGA米国女子ツアーはここから4週間の休みに入ります。

BMWレディース・チャンピオンシップ(中止)

(Yardage: 6,726 Par: 72)

2020年10月22月(木)~10月25日(日)にかけて、韓国の釜山にあるLPGAインターナショナル・釜山で開催される予定だったBMWレディース・チャンピオンシップは、新型コロナウィルスの影響により中止となりました。

スウィンギング・スカートLPGA台湾選手権(中止)

(Yardage: 6,437 Par: 72)

2020年10月29月(木)~11月1日(日)にかけて、台湾の新北市にあるミラマー・ゴルフ・カントリークラブで開催される予定だったスウィンギング・スカートLPGA台湾選手権は、新型コロナウィルスの影響により中止となりました。
11月

TOTOジャパン・クラシック(中止)

(Yardage: 6,608 Par: 72)

2020年11月6月(金)~11月8日(日)にかけて、日本の茨城にある太平洋クラブ、美野里コースで開催される予定だったTOTOジャパン・クラシックは、新型コロナウィルスの影響により中止となりました。
※国内女子ツアーとして開催が決定。

ペリカン女子チャンピオンシップ

(Yardage: 6,353 Par: 70)

アジア・シリーズの中止により4週間ぶりの開催となった今大会の舞台となるのは、フロリダ州ベレルにあるペリカン・ゴルフクラブ。距離はさほどありませんが、傾斜のきついグリーンが特徴のコースでの熱い戦いが2020年11月19日(木)~11月22日(日)にかけて繰り広げられた。

3週間後に控える2020年シーズン最後のメジャー・トーナメント「全米女子オ-プン」に向け、世界ランキング1位のコ・ジンヨン、イ・ジョウン6など多くの世界トップランカーが参戦する中、日本からは畑岡奈紗と上原彩子が出場した。

大会2日目を終えてトップに立ったのは通算8アンダーをマークしたキム・セヨン。ショット・パッティングに抜群の冴えを見せた。1打差の2位には2大会連続優勝を目指すアリー・マクドナルドがつけた。日本から出場した畑岡奈紗は2オーバー37位タイで予選を通過するが、上原彩子は8オーバー83位タイで予選落ちとなりました。
大会3日目(決勝ラウンド)
首位キム・セヨン-1464

  2位(-9):A.マクドナルド
  3位(-8):S.メドウ
  4位(-7):L.コ
  5位(-6):A.アーンスト、B.ヘンダーソン、ミンジー・リー
  8位(-5):E.ゾコル
  9位(-3):ハー・ミジョン
10位(-2):M.リード、A.ブハイ、J.ソング、A.スタンフォード、L.ウェーバー

初日からショット、パッティングと安定した素晴しいプレーを見せているキム・セヨンは14番から4連続バーディを含む7バーディ、1ボギー(64)とショット・パッティングに絶好の冴えを見せ、2位に5打差をつけ独走態勢を築いた。単独の2位には、2大会連続優勝を目指すアリー・マクドナルドがつけ、最終日に望みをつないだ。日本の畑岡奈紗はスコアを落とし、通算4オーバー40位タイとなった。

大会最終日(決勝ラウンド)
優勝キム・セヨン-1470
2アリー・マクドナルド-1168
3ステファニー・メドウ-969
4Tオースティン・アーンスト-868
 リディア・コ-869
6Tジェシカ・コルダ-764
 アンジェラ・スタンフォード-765
 ジェニファー・ソング-765
 ブルック・ヘンダーソン-769
10アシュリー・ブハイ-567

単独トップでスタートしたキム・セヨンは最終日も落ち着いたプレーでスコアをまとめ、スコアこそ伸ばせなかったものの、2位に3打差をつけて優勝。全米女子プロゴルフ選手権に続いて、2020年シーズン2勝目を手にし、賞金ランキングでもトップに立った。単独の2位に入ったのは2大会連続優勝を目指したアリー・マクドナルド。最終日もアグレッシブで粘り強いプレーで4バーディ、2ボギー(68)とスコアを伸ばしたが、追いつかず通算11アンダーでLPGAツアー2勝目はならなかった。ジェシカ・コルダが久々に素晴しいゴルフを見せ6位タイに入った。日本の畑岡奈紗はイーグルを含む1イーグル、2バーディ、3ボギー(69)とスコアを1つ縮め、通算3オーバー34位タイで大会を終えた。

12月

ボランティアズ of アメリカ・クラシック

(Yardage: 6,517 Par: 71)

2020年シーズン最後のメジャー・トーナメント「全米女子オープン」を次週に控え、迎える今大会の舞台となるのは、テキサス州ザ・コロニーにあるオールド・アメリカン・ゴルフクラブ。強風の中で、正確なショットと巧みなコースマネジメント能力が要求されるコースとなっています。気温の低い中、熱い戦いが2020年12月3日(木)~12月6日(日)にかけて繰り広げられた。

同じテキサス州で行われる2020年シーズン最後のメジャー・トーナメント「全米女子オ-プン」に向け、世界ランキング1位のコ・ジンヨン、イ・ジョウン6など多くの世界トップランカーが参戦する中、日本からは畑岡奈紗と上原彩子が出場した。

大会2日目を終えてトップに立ったのは通算4アンダーをマークした若手の新星イエリミ・ノー、アンナ・ノルドクビスト、ジェシカ・コルダの3人。気温の低い中でショット・パッティングに抜群の冴えを見せた。2打差の5位タイには調子を上げてきた世界ランキング1位のコ・ジンヨンがつけた。日本から出場した畑岡奈紗は1アンダー10位タイ、上原彩子は8オーバー70位タイで予選を通過した。

大会3日目(決勝ラウンド)
首位ユ・ソヨン-465
パク・インビ-469
イエリミ・ノー-471

  4位(-3):K.ギルマン、C.ハル、畑岡奈紗、コ・ジンヨン、A.スタンフォード、P.パットラム、J.コルダ

初日からショット、パッティングと安定したプレーを見せている若手期待のイエリミ・ノー、ベテラン韓国勢のユ・ソヨン、パク・インビがともに4アンダーでトップに立ったが、1打差の3アンダーに調子の上がってきた世界ランキング1位のコ・ジンヨン、日本の畑岡奈紗など7人がひしめく大混戦となった。上原彩子は9オーバー、68位タイで3日目を終えた。

大会最終日(決勝ラウンド)
優勝アンジェラ・スタンフォード-767
2Tユ・ソヨン-570
 パク・インビ-570
 イエリミ・ノー-570
5コ・ジンヨン-470
6Tアンナ・ノルドクビスト-370
 チャーリー・ハル-371
8Tリンゼイ・ウェーバー-270
 クリスティン・ギルマン-272
10マデリーン・サグストロム-172

トップタイでスタートした最終組3人が思うようにスコアを伸ばせない中、1打差の4位タイからスタートした43歳ベテランのアンジェラ・スタンフォードが7バーディ、3ボギー(67)の最終日のベストスコアでラウンドし、トータル7アンダー、2位に2打差をつけて逆転優勝。2018年のメジャー・トーナメント「エビアン・チャンピオンチップ」以来となるLPGAツアー7勝目を手にした。単独の5位には世界ランキング1位のコ・ジンヨンが入り、次週行われる全米女子オープンに向けて、調子を上げてきた。トップと1打差の4位タイからスタートした日本の畑岡奈紗は2バーディ、5ボギー(74)と崩れ、通算イーブンパー11位タイで大会を終えた。上原彩子は通算13オーバー67位タイとなった。

全米女子オープン

①【サイプレスクリーク・コース】(Cypress Creek Course)(予選・決勝)
 (Yardage: 6,731 Par: 71)
②【ジャックラビット・コース】(Jackrabbit Course)(予選)
 (Yardage: 6,558 Par: 71)

2020年12月10日(木)~12月13日(日)にかけて、アメリカ・テキサス州ヒューストンにあるチャンピオンズ・ゴルフコースで開催される全米女子オープンの試合結果はこちらをご覧ください。

CMEグループ・ツアー・チャンピオンシップ

(Yardage: 6,556 Par: 72)

LPGA米国女子ツアー2020年シーズン最終戦となる今大会の舞台は、フロリダ州ネープルズにあるティブロン・ゴルフクラブ。グレッグ・ノーマンの設計により、1998年に開場されたコースは、距離はさほどなく、ラフもほぼ無いが、全ホール(実際にさほどプレーに影響しないホールもある)池が絡むのが特徴となります。ビッグマネーを懸けた最終戦の熱い戦いが2020年12月17日(木)~12月20日(日)にかけて繰り広げられた。

世界ランキング1位のコ・ジンヨンを始め、キム・セヨンなどCMEポイントランキング70位までの世界トップランカーとスポンサー推薦2名の合計72名が参戦する中、日本からは畑岡奈紗が出場した。

大会2日目を終えてトップに立ったのは通算9アンダーをマークしたコ・ジンヨン。抜群の安定感のあるショットを披露し、2日間で10バーディ、1ボギーと素晴らしいプレーを見せた。1打差の2位タイにはキム・セヨンとレクシー・トンプソンがつけた。日本から出場した畑岡奈紗は初日大きく出遅れたが、2日目に盛り返し、通算1アンダー、28位タイで3日目に進んだ。
大会3日目
首位キム・セヨン-1367

  2位(-12):コ・ジンヨン
  3位(-10):G.ホール
  4位(  -9):B.ヘンダーソン、C.ハル、ミンジー・リー、A.アーンスト、L.トンプソン
  9位(  -8):C.カー、L.コ、M.ハリガエ、H.グリーン
 
コ・ジンヨン同様、初日からショット、パッティングと安定した素晴しいプレーを見せていたキム・セヨンが3日目も内容の素晴らしいプレーを見せて、6バーディ、1ボギー(67)と2位に1打差をつけ単独トップに立った。単独の2位には、2日目まで素晴しい内容でトップに立っていた世界ランキング1位のコ・ジンヨンがつけた。日本の畑岡奈紗は15番でダブルボギーを叩くなど、3バーディ、4ボギー、1ダブルボギー(75)と出入りの激しいゴルフで大きくスコアを落とし、通算2オーバー50位タイと順位を大きく落とした。

大会最終日
優勝コ・ジンヨン-1866
2Tハナ・グリーン-1367
 キム・セヨン-1372
4ミナ・ハリガエ-1268
5Tリディア・コ-1169
 レクシー・トンプソン-1170
7Tブルック・ヘンダーソン-1071
 オースティン・アーンスト-1071
 ジョージア・ホール-1072
10Tアリヤ・ジュタヌガーン-867
 アンナ・ノルドクビスト-870
 クリスティ・カー-872

単独トップでスタートしたキム・セヨンが3バーディ、3ボギー(72)とスコアを伸ばせない中、1打差の単独2位でスタートしたコ・ジンヨンが7バーディ、1ボギー(66)と最終日のベストスコアタイでラウンドし、2位に5打差をつけて圧勝。最終戦で2020シーズン初勝利を手にした。これにより、ビッグマネーを手にしたコ・ジンヨンが2年連続の賞金女王に輝いた。日本から唯一出場した畑岡奈紗は通算1アンダー、38位タイで最終戦を終えた。

 

2020年シーズン・タイトル獲得選手

・年間最優秀選手:キム・セヨン(韓国)
・賞金女王:コ・ジンヨン(韓国)
・ベア・トロフィー:ダニエル・カン(アメリカ)
※ベア・トロフィーとは平均ストロークNo.1の選手に贈られる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました