2024年 RBCカナディアン・オープンの大会情報やテレビ放送予定【PGA米国男子ツアー】

RBCカナディアン・オープンの大会情報やテレビ放送予定【PGA米国男子ツアー】 PGAツアー
※当サイトはアフェリエイト広告が含まれています。

5月30日(木)~6月2日(日)に行われる第25戦「RBCカナディアン・オープン」の大会情報、出場選手、放送予定(テレビ・配信)賞金と結果を紹介します。

※久常涼が出場予定

 
スポンサーリンク

【RBCカナディアン・オープン】大会情報

大会の特徴や概要、開催会場、日程、順位ごとの賞金とポイント、歴代優勝者、パワーランキングの項目について紹介します。

 

大会の特徴

カナダのナショナル・オープンとして1904年に創設され、今回で113回目を迎える今大会は、1860年に創設された世界最古151回の歴史を誇る全英オープンと1895年に創設された123回の歴史を誇る全米オープンに次ぐ歴史のあるトーナメントとして知られており、1955年にアーノルド・パーマーが初優勝を飾り、7度の2位に終わるなど帝王ジャック・ニクラスが優勝したことのない最も名誉あるトーナメントとしても有名です。

大会は、今回で7回目の主催となる「ハミルトン・ゴルフ & カントリークラブ(Hamilton Golf & Country Club)」で開催されます。

また、今大会はSWING5の対象試合となります。

【SWING5とは】
シグネチャー・イベント間のトーナメントで獲得したフェデックスカップポイントランキングの上位5名(有資格者を除く)が次のシグネチャー・イベントに出場できる制度です。

※PGAツアーメンバーのみに制度が適用されます。

【出場資格獲得までの流れ】
ウェルズ・ファーゴ選手権から次のメモリアル・トーナメントまでに行われる3試合で獲得したフェデックスカップポイントランキングの上位5名(有資格者を除く)に次のメモリアル・トーナメント(シグネチャー・イベント)への出場資格が与えられることになります。

「目次」戻る↑

 

大会概要
大会名 RBCカナディアン・オープン
(RBC Canadian Open)
グレード レギュラー・トーナメント
(Regular Tournament)
開催期間 2024年5月30日(木) ~ 6月2日()
開催地 ハミルトン
(カナダ・オンタリオ州)
会場 ハミルトン・ゴルフ & カントリークラブ
(Hamilton Golf & Country Club)
(Yardage: 7,084 Par: 70)
賞金総額
(2023年)
$9,400,000
(約14億6,565万円)
優勝賞金
(2023年)
$1,620,000
(約2億5,259万円)
FedEx Points 500ポイント
(優勝者)
前回優勝者
(2023年)
ニック・テイラー
(Nick Taylor)
カナダ(CAN)
日本との時差 日本より13時間(サマータイム)
遅れています。

※賞金(日本円)について、2024年5月13日時点の中心相場1ドル155.92円で換算。

「目次」戻る↑

 

開催会場

【開催地】
カナダ・オンタリオ州ハミルトン

コース Yardage Par
ハミルトン・ゴルフ & カントリークラブ
(Hamilton Golf & Country Club)
7,084 70
【基本セッティング】
Hole Yardage Par R1 R2 R3 R4
1            
2            
3            
4            
5            
6            
7            
8            
9            
OUT            
10            
11            
12            
13            
14            
15            
16            
17            
18            
IN            
Total 7,289 70        
※2024年 HOLE LOCATIONS
【地図】

【詳細】
カナダ・オンタリオ州五大湖の1つオンタリオ湖の西岸に位置するハミルトンにある名門「ハミルトン・ゴルフ & カントリークラブ」は、1894年に設立され〈西コース〉〈南コース〉〈東コース〉の3つの9ホールで構成された創立131年を迎える北米で最高級の歴史あるゴルフコースの1つです。

1914年にハリー・コルトによって設計された〈西コース〉〈南コース〉で構成される18ホールが1915年にオープンし、1973年にオープンしたロビー・ロビンソン設計の〈東コース〉の9ホールを加えた全27ホールは、2019年から2022年にかけてマーティン・エバートによって歴史的な改修が行われており、6回のカナディアン・オープンを含む31大会もの国内および国際イベントを開催しています。

〈カナディアン・オープンの過去6回の優勝者〉
1919年:ジェームズ・ダグラス・エドガー
1930年:トミー・アーマー
2003年:ボブ・トウェイ
2006年:ジム・フューリック
2012年:スコット・ピアシー
2019年:ローリー・マキロイ

【コースの詳細】
全体的に高低差があり、傾斜のある狭いフェアウェイとアンジュレーションのある砲台グリーン、深いバンカーと池やクリークが戦略的に配置されており、飛距離と正確なショット力が求められる、なだらかな公園地に造られた壮大な景色の広がるコースです。

【特徴のあるホール】
〈5番Par4〉
・1オン可能なホール。
〈6番Par3〉
・距離のある難易度の高いホールの1つ。
〈11番Par4〉
・500yを超える難易度の高いホールの1つ。
〈18番Par4〉
・最も難しいホールであり、ゴルフ史上最高のフィニッシュホールの1つ。

【芝の種類】
〈フェアウェイ〉
・ー
〈ラフ〉
・ー
〈グリーン〉
・ー
 
大会日程(スケジュール)

日程:2024年5月30日(木)~6月2日()

月日 日程 競技内容
5/30(木) 第1日 予選ラウンド
5/31(金) 第2日 予選ラウンド
6/1() 第3日 決勝ラウンド
6/2() 第4日 決勝ラウンド

※予選カットを含む4日間ストローク・プレーで行われます。

「目次」戻る↑

 

賞金とポイントについて

【優勝者には】
賞金とポイントに加え、2026年シーズンまでの2年間のシード権、2つのメジャー・トーナメント(マスターズ・トーナメント、全米プロゴルフ選手権)の出場権、残りのシグネチャー・イベントとプレーヤーズ選手権および2025年のザ・セントリーへの出場権が付与されます。

 

【賞金総額】
$9,400,000 (約14億6,565万円)

 

【賞金とポイントの内訳】

※確定次第、掲載します。

※賞金(日本円)について、2024年5月13日時点の中心相場1ドル155.92円で換算。

歴代優勝者

【過去の優勝者について】
初代チャンピオンに輝いたのは、イングランドのジョン・オーク。2度の連覇(1924年-1925年、1928年-1929年)を含む最多4回の優勝を誇るレオ・ディーゲルと3回優勝のサム・スニード、ウォルター・ヘイゲンやバイロン・ネルソンと言った名プレーヤーに加え、ゴルフの三冠(同じシーズンにナショナル・オープン(全米・全英・カナディアン)の3つのタイトルすべてを獲得することで構成される)を獲得したリー・トレビノ(1971年)とタイガー・ウッズ(2000年)、グレッグ・ノーマンやニック・プライスと言ったレジェンドが優勝者に名を連ねています。

2000年以降では、ジム・ヒューリック(2006年-2007年)とジョナサン・ベガス(2016年-2017年)そしてローリー・マキロイ(2022年-2023年)が連覇を達成していますが、約150年にもおよぶツアーの歴史の中で21大会(達成された大会数)で15人(達成した人数)しか達成していない、そして2011年「John Deere Classic」のスティーブ・ストリッカー以来となる16人目の3連覇は達成できていません。

【最多優勝回数】
〈4回優勝〉
・レオ・ディーゲル(アメリカ)
(1924年-1925年、1928年-1929年)

【前回大会】
ローリー・マキロイの3連覇やカナダ人選手として69年ぶりの優勝なるかなど、様々な記録がかかる中、プレーオフ4ホール目で22.1mのイーグルパットを決めたニック・テイラーが、トミー・フリートウッドとのプレーオフを制し、1954年のパット・フレッチャー以来となる69年ぶりのカナダ人選手としてナショナル・オープンのタイトルとPGAツアー3勝目を手にしています。

【過去10大会の優勝者】

優勝者
2023 ニック・テイラー
2022 ローリー・マキロイ
2021 中止
2020 中止
2019 ローリー・マキロイ
2018 ダスティン・ジョンソン
2017 ジョナサン・ベガス
2016 ジョナサン・ベガス
2015 ジェイソン・デイ
2014 ティム・クラーク

「目次」戻る↑

 

パワーランキング

スタッフライターのロブ・ボルトン氏が週ごとに全選手の現在の実力をランク付けしたものです。

「目次」戻る↑

 

スポンサーリンク

【RBCカナディアン・オープン】出場選手

日本人選手を含む出場選手一覧や出場資格基準、注目選手の情報等を紹介します。

 

日本人出場選手

久常涼の1名が出場予定

 

全出場選手(未定)

【出場資格基準】
前年のフェデックスカップ・ランキング上位125名に加え、優勝者やDPワールドツアーのトップ10以内、スポンサー推薦など。

【備考】

※世界ランキングは2024年5月13日時点

 

注目選手の情報

※選手情報及び世界ランキングは2024年5月13日時点

 

日本人選手の情報

※選手情報及び世界ランキングは2024年5月13日時点

久常 涼(Ryo Hisatsune)
KEY STATS
PGAツアー 2024年シーズン
   
世界ランキング 88位
試合数 13
優勝回数 0
トップ10 0
平均スコア 70.970 (61位)
フェデックスカップ・ランキング 107 (99位)
   
ベストフィニッシュ 結果
The American Express T11
THE CJ CUP Byron Nelson T13
Puerto Rico Open T18

初出場となる今大会での活躍に期待したい。

日本人出場選手に戻る↑

 

最新の世界ランキングは、男子ゴルフ世界ランキング【松山英樹】をご覧ください。

 

【RBCカナディアン・オープン】放送予定(テレビ・配信)

テレビ放送や配信については、以下の通りです。

【BS放送】BSJapanextで3日目・最終日のラウンドを無料ライブ放送!!
【CS放送】ゴルフネットワークが全ラウンド生中継放送!!
【動画配信】U-NEXTが全ラウンド独占LIVE配信!!

:生中継

【BS放送】BSJapanext

6月2日() 第3日

  • 06:30~09:00 (263ch)

6月3日(月) 第4日(最終日)

  • 05:30~08:00 (263ch)

〈PGAハイライト〉

  • 6/3(月) 21:00~22:00

【動画配信】つながるジャパネット
 ※無料公式アプリ「つながるジャパネット」で同時配信

 

【CS放送】ゴルフネットワーク 

全ラウンド中継!!  ※日本時間

5月31日() 第1日

  • 10:00~13:00

6月1日() 第2日

  • 10:00~13:00

6月2日() 第3日

  • 11:00~14:00

6月3日(月) 第4日 (最終日)

  • 13:00~16:00

※スカパー!からゴルフネットワークを視聴する方法は公式サイトスカパー!でご確認下さい。

 

【動画配信】U-NEXT

全ラウンド独占ライブ配信 ※日本時間

5月30日(木) 第1日

  • –:–~

5月31日() 第2日

  • –:–~

6月1日() 第3日

  • –:–~

6月2日() 第4日 (最終日)

  • –:–~

※U-NEXTを視聴する方法は公式サイトU-NEXTでご確認下さい。

見逃し配信バナー

「目次」戻る↑

 

【RBCカナディアン・オープン】結果

RBCカナディアン・オープンの結果や組み合わせは、「2024年 RBCカナディアン・オープンの結果【PGA米国男子ツアー】」の記事をご覧ください。

 

▼リアルタイム速報(リーダーボード)

PGA公式サイトのライブスコア

 

【RBCカナディアン・オープン】賞金、ポイント、最終順位

最終順位と獲得賞金、ポイントを紹介します。

※順位ごとの賞金とフェデックスカップポイントについては【賞金とポイントの内訳】をご覧ください。

※賞金(日本円)について、2024年5月13日時点の中心相場1ドル155.92円で換算。

「目次」に戻る↑

 

 
※PGA公式サイト参照
※2024年大会(2024年シーズン)

コメント

error: このコンテンツのコピーは禁止されています
タイトルとURLをコピーしました