「送信された URL に noindex タグが追加されています」エラー対策【Search Console】

Google Search Console のカバレッジにエラーが検出されました。

原因と対処方法を記録しています。

送信されたURLにnoindexタグが追加されています
スポンサーリンク

Google Search Console のカバレッジ エラー内容

console エラー
送信された URL が robots.txt によってブロックされました
送信された URL が見つかりませんでした(404)
スポンサーリンク

「送信された URL に noindex タグが追加されています」の原因

XMLサイトマップにプラグインに使用ている「Google XML Sitemaps」の設定に問題がありました。

このプラグインではデフォルト設定で、XML と HTML 2つの形式のサイトマップが作成されます。

原因はここからで、
サイトマップが作成された後に、今回エラーとなったページを noindex に変更しました。
HTMLサイトマップに noindex タグのついたページが登録されていて、検索エンジンはそのサイトマップから送信された情報より、「noindexタグのついたページを検出した」となりました。

「送信された URL に noindex タグが追加されています」の解決策

「Google XML Sitemaps」の基本的な設定の

「HTML形式でのサイトマップを含める」

のチェックを外します。

そのまま数日待ちます。

対応後の確認

数日後、Google Search Console のカバレッジを確認すると、エラーが解消されていました。

まとめ

  1. Google Search Console のカバレッジでエラー検出
  2. 「Google XML Sitemaps」の設定を変更
  3. 数日後、Google Search Console のカバレッジで確認

 

WordPress設定
スポンサーリンク
シェアする
goroSpace

コメント

タイトルとURLをコピーしました